今冬リリース予定のオープンイノベーションプラットフォーム、エイコン。

エイコンは、オープンイノベーションのパートナーを探せるサービス。

オープンイノベーションとは?

「企業内部と外部のアイデア・技術を組み合わせることで、革新的で新しい価値を創り出す」こと。2003年(米)ヘンリーW. チェスブロウが提唱した、イノベーションの方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の手法を指す。
  • スピード × 実験

    speed × experimentation

    企業や個人からアイディアを募集することで、早いスピードでの商品企画・開発が可能に。社内の承認プロセスでは実現できなかった実験的なプロジェクトが実践できる。

  • 多様性と知識

    diversity & knowledge

    異なるバックグラウンドの企業や個人から、社内では考えられなかった、とっぴなアイデアや制作方法を集めることができる。

  • 拡散

    marketing

    共創プロジェクトを通じ、今迄リーチできなかった人々から注目を得る事が可能に。取組み自体も注目を集めるためマーケティング効果が見込める。

オープンイノベーション実現の障壁共創すべきパートナーに出会えない。

オープンイノベーション実現の障壁共創すべきパートナーに出会えない。

eiiconは、オープンイノベーションの現実に向けて、最適な共創パートナーパートナーとの出会いを、創出・支援します。 eiiconは、オープンイノベーションの現実に向けて、最適な共創パートナーパートナーとの出会いを、創出・支援します。

facebook

インテリジェンス
エイコンサービス
founder

中村 亜由子

現代、製品の短命化が進み、企業の競争環境のグローバル化が進む中で、企業が存続していくためにはオープンイノベーションが不可欠になってきています。 日本は戦後、世界でもトップクラスの研究開発力で国際競争力を保持してきましたが、21世紀、技術の移り変わりのスピードや、新たなプロダクトによる既存市場の破壊と立ち向かっていくためにはやはり外部パートナーとの共創が必要です。 しかしながら、まだまだ会社や組織の枠を超えて共創環境を創り、新規事業を創出していく手法は確立されていません。 今まで出会えなかった最良の共創パートナーとともに、新たな挑戦ができる未来へ。

外部パートナーとの出会いの創出を通じ、オープンイノベーションを活性化させる。結果、産業が活性化し、市場が生まれ、世の中のワクワクが加速する。

それが、eiiconの目指す未来です。