オープンイノベーションとは?
- 今オープンイノベーションが注目されている理由-

what is OpenInnovation?

オープンイノベーションとは?

「企業内部と外部のアイデア・技術を組み合わせることで、革新的で新しい価値を創り出す」イノベーション手法。 2003年(米)ヘンリーW. チェスブロウが提唱。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の手法を指す。

『オープンイノベーション』自体は、前述の通り2003年と10年以上前から定義されているイノベーションの方法論である。 事業創造の手段として注目され始めた背景は、新規事業のスピード化と新たな価値軸創造が急務となったことに起因する。 近年ではデジタル化・グローバル化が進み製品は短命化し、時として異業種が既存領域を破壊するようになってきているのだ。
日本もこの手法に注目して久しい。
ただしながら、日本は戦後、自前主義・クローズドイノベーションにて事業を成長させてきた国であり、
まだまだ他社との連携によってイノベーションをおこすことに抵抗感を持つ企業が多いのが現実である。

日本流のオープンイノベーションとしては、まだまだ勃興期ではあるものの
大企業がスタートアップ支援プログラムを運営することで共創を図ろうとする事例や、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を設立しスタートアップに投資することでイノベーションをおこそうとする事例が増えつつある。

日本はまだまだ“自前主義”が根強く、他社との連携によってイノベーションをおこすことに抵抗感を持つ企業が多いのが現実ですが、国内においては大企業が運営するスタートアップ支援プログラムという形で、オープンイノベーションに取り組む事例が増加しています。その他にも、大企業がCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を設立し、スタートアップに投資することでイノベーションをおこそうとする事例も数多く見受けられます。

オープンイノベーション黎明期からの脱却!?日経BP総研の調査によると「自社のオープンイノベーションは必要か?」という質問に対して「必要」と答えた人は9割を超え、「実践している」と答えた人は4割を超える。 (日経BP総研:オープンイノベーションに関するアンケート 2017年5月10日(水)~5月22日(月) 調査主体:http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/newsrelease/20170630.shtml) これは、日本企業の会社の意識としても実践フェーズに移行してきているとみられている。 昨年は先行企業によるオープンイノベーション活動が活発であったが、多くの企業がオープンイノベーションへの取り組みを加速すると考えられている。

オープンイノベーションを実践する手段

オープンイノベーションを実践する際に、現在実践されている手段としては、期間限定による”アクセラレータープログラム”。オープンイノベーションサイトでの公募。コンサルタントの仲介によるオープンイノベーション支援。

オープンイノベーションを実践する手段

オープンイノベーションを実践する際に、現在実践されている手段としては、期間限定による”アクセラレータープログラム”。オープンイノベーションサイトでの公募。コンサルタントの仲介によるオープンイノベーション支援。

オープンイノベーションはより具体的なフェーズに。

いわゆる大手企業もスタートアップとの協業を積極的にオープンイノベーション活動を実践中。

オープンイノベーションはより具体的なフェーズに。

いわゆる大手企業もスタートアップとの協業を積極的にオープンイノベーション活動を実践中。