応募や面接が必要なく、すぐ働けてすぐお金がもらえるスキマバイトアプリ「Timee(タイミー)」を展開する株式会社タイミーと、九州で鉄道・バス事業などを展開する西鉄グループは、協業で西鉄バス沿線の人手不足解消を目指した取り組みを開始すると発表した。


取り組みの内容

今回の取り組みでは、西鉄グループと株式会社YE DIGITALが展開するIoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を活用する。西鉄バス北九州株式会社のバス運行エリア内にある「スマートバス停」などで、キャラクターのコラボレーションをキービジュアルとした「Timee」アプリのダウンロード促進・バイト時のバス利用促進の共同プロモーションを実施するという内容だ。

将来的には、スマートバス停で沿線の企業や店舗の求人情報をリアルタイムに確認できる機能も搭載する。両社は、この取り組みにより人手不足の解消に取り組むと同時に、スキマ時間で手軽に働く新しい働き方を訴求していくという。


取り組みの背景

タイミーは2019年8月より、福岡エリアでサービスの提供を開始し、人手不足の解消に取り組んできた。今回、西日本鉄道が実施するオープンイノベーションプログラム 西鉄Co+Lab「BUS STOP 3.0~夢を描く未来のバス停を創ろう~」にて、沿線沿いの人手不足を解消するアイディアが採択されたことで協業が実現した。この取り組みを通して、バス停を起点に住む人・訪れる人々に新たな暮らし方や人々の繋がりを生み出し、住む人・訪れる人にとっての新しい街づくりをサポートしていく。


西鉄Co+Lab とは?

西鉄Co+Lab(にしてつコラボ)は、ベンチャー企業をはじめとした外部企業の優れたアイデア・技術と西鉄グループの経営資源を組み合わせ、新たなビジネスの創出やサービスの革新を目指すプログラムだ。3回目となる今回は、IoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を活用した新たなビジネスを募集し、共創パートナーと「バス停の更なるアップデート」を目指すという。


※関連記事:「スマートバス停」を活用して未来の街づくりを――西鉄Co+Lab「BUS STOP 3.0」の全貌とは?

※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)