スマートフットウェアORPHEシリーズを開発する株式会社 no new folk studioは、株式会社アシックス(以下 アシックス)と、「スマートランニングシューズ」の開発・販売に向けて協業を加速させるため、アシックスの投資子会社であるアシックス・ベンチャーズ株式会社(以下 アシックス・ベンチャーズ)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を完了したことを発表した。

今回の資金調達によりno new folk studioはスマートフットウェアプラットフォームの開発を更に加速させる。アシックスはno new folk studioのスマートフットウェアプラットフォームを活用した「スマートランニングシューズ」を2020年以降にグローバルで順次発売することを目指すという。

no new folk studioは、2017年4月以降、アシックススポーツ工学研究所と連携してさまざまな実証実験を行い、歩行中や走行中の足の動きを計測できるスマートシューズの共同研究などを継続してきた。またアシックスが2019年3月から7月にかけて開催したスタートアップ企業のアクセラレーター(事業連携推進)プログラム「ASICS Accelerator Program(アシックス・アクセラレーター・プログラム)」では最優秀賞を受賞している。

現在アシックスとともに、走行中の歩数や距離、速度、接地の時間・位置・角度などのデータを取得し、それらのデータとアシックススポーツ工学研究所のバイオメカニクスに関する長年の知見を組み合わせ、ランナーの足運びの変化をリアルタイムでフィードバックする「スマートランニングシューズ」の開発に取り組んでいる。

今回、2020年1月7日から10日(現地時間)にアメリカのラスベガスで開催される「CES2020」のアシックスブースにて、「スマートランニングシューズ」のプロトタイプを公開した。

▲no new folk studioのスマートフットウェアプラットフォームを活用した、アシックスのスマートランニングシューズプロトタイプ

▲アシックス代表取締役社長COO 廣田康人氏/no new folk studio CEO 菊川裕也氏


【株式会社アシックス 執行役員 兼 アシックススポーツ工学研究所 所長 原野健一氏 コメント】

アシックスはこれまでヒューマンセントリックサイエンスに基づいてランナーの動きを科学し、数々のランニングシューズを開発してきました。アシックスが持つスポーツ科学の知見と株式会社 no new folk studioの持つセンシング、および、データビジュアライズ技術とを組み合わせることで、走行中のランナーの足運びを解析するスマートフットウェアの開発を目指します。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)