株式会社ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは、2020年1月29日開催の取締役会において、先進的なテクノロジーを活用し、事業を展開しているスタートアップ企業等への投資を行うことを目的として、社内ベンチャー・キャピタル・ファンド(ヒトコム・マーケティング未来創造ファンドⅠ)を創設することを決議するとともに、出資1号案件として、株式会社アドインテの株式を取得することが決定したことを発表した。


社内ベンチャー・キャピタル・ファンド創設の経緯・目的

同社グループは「マーケティングの未来創造企業へ」をテーマに、販売・サービス・営業分野を中心にリアル(実店舗)とバーチャル(Eコマース等)の垣根を越えて、複数の販売経路や顧客接点を有機的に連携させる「オムニチャネル営業支援」体制の構築を目指し事業拡大を図っている。

日本においては、少子高齢化・人口減経済の進展を受けて、各企業は働き方改革や生産性向上への取り組みを強化しており、その実現に向けて各種テクノロジーを活用し、優れた商品・サービス等を提供するスタートアップ企業が数多く出現している。

今回の社内ベンチャー・キャピタル・ファンドの創設により、先進的なテクノロジー分野において、今後の成長が見込まれるとともに、同社との業務シナジー創出を見込むことのできる有望なスタートアップ企業と出資関係を含めた連携を強化する。

同社グループが有する営業支援プラットフォームにおけるヒト力(りょく)の活用を中心としたインキュベーション機能の発揮により、スタートアップ企業の育成・成長の拡大に寄与するとともに、シナジーの創出を通じて同社グループの価値向上を図る「Win-Win」の関係を構築することを目指すという。


社内ベンチャー・キャピタル・ファンドの概要

■名称:ヒトコム・マーケティング未来創造ファンドⅠ

■設立年月日:2020年1月29日

■総投資枠:10億円

■投資対象セクター:先進テクノロジー分野及びその周辺分野

■投資対象:スタートアップ企業及びスタートアップ企業等を対象とするファンド


株式会社アドインテへの投資目的について

株式会社アドインテは、スマートフォンの位置情報を活用する独自のIoTハード端末「AIBeacon」を開発し、端末で取得したデータを基に、屋外行動データを活用し、生活動線系メディアの付加価値化を推進している。

今回の出資に伴う関係構築により、新規事業の創出と新たな付加価値の提供に向けた業務提携の深耕を目指し、具体的な内容の検討を共同で進めていくという。

※参考:「AIBeacon」は、生活動線や行動などのマーケティングデータを収集するための端末であり、集積したデータを商材やサービスと結びつけることで、販売活動の効率化・ターゲティング広告への利活用に繋げることが可能となる。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)