eiicon

eiiconは、「SHIP」・「ProtoStar」との連携を開始。オープンイノベーションのさらなる加速を支援する。

2017年2月にローンチし、すでに大企業とスタートアップの「出会い」を創出しているeiicon。さらに、オープンイノベーションを加速させるための支援を行っていくため、5月24日には「SHIP」と、6月13日には「ProtoStar」との連携をスタートさせました。


「SHIP」との連携により、SDGs達成に取り組む

世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォーム「SHIP(SDGs Holistic Innovation Platform)」(※)と連携し、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)達成への取り組みを開始しました。

※SDGsの達成をイノベーションの機会として捉え、世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォーム。「SHIP」は、一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)と国連開発計画(UNDP)が、多くのパートナーとの協働により運営。

eiiconでは、特設ページ(https://eiicon.net/about/eiicon-sdgs/)を開設。具体的には以下のような取り組みに着手しています。

●SDGs達成に取り組む企業を「eiicon」で募集・掲載

業界・職種を問わず、同様の開発目標に対して取り組んでいる、取り組もうとしている企業を集約し、掲載。

●同じ目標に取り組む企業にコミュニケーションの場を提供

それぞれの強みを活かしコラボレートする企業に、出会いの場を提供。また、SDGs達成に取り組む過程を、「SHIP」と連携し、支援を実施。

また、先日eiicon labにて公開した以下の記事では、国連開発計画(UNDP)と「SHIP」を共同運営しているJapan Innovation Network(JIN)の専務理事・西口尚宏氏に取材を実施しています。あわせてご覧ください。

※関連記事:日本企業は「二階建て経営」への移行で復活する。日本のイノベーションを牽引するJIN専務理事・西口氏、eiicon lab初登場。 


「ProtoStar」との連携で、新産業創出を支援していく

「SHIP」との連携に引き続き、eiiconでは、新産業創出を行うスタートアップを生み出す起業家支援コミュニティを運営するプロトスター株式会社(以下ProtoStar ※)とも連携を開始させました。共創パートナーの発掘からオープンイノベーション提携・実施までの支援を通じ、ビジネスマッチングの加速化への取り組みをスタートしています。

これにあわせて、eiicon内には特設ページ(https://eiicon.net/about/eiicon-ProtoStar/)を開設。具体的には、「ProtoStar」と以下の連携を進めていきます。

●オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」上で、数々のスタートアップ支援を成し遂げてきた「ProtoStar」がサポートしているスタートアップ企業を紹介。

●希望に応じ、「ProtoStar」が、提携スキームの相談を通じたスムーズなビジネスマッチング支援を提供。

※「ProtoStar」とは

起業家支援コミュニティStartBurst(旧Supernova)を起点として、アクセラレータの支援、オープンイノベーション支援など多様なイノベーションプロデュース事業を行っています。起業家支援コミュニティStartBurstは、国内有数のインキュベーション実績を誇り、支援先には製造業向けプラットフォームサービスを提供するAperzaや、次世代農業プラットフォームサービスを提供するFarmshipなど有望なスタートアップが数多く参加しています。