eiicon

日本のテクノロジー企業、成長率トップ50を発表――有限責任監査法人トーマツ 1~25位にランクインした企業の傾向と特徴

ベンチャー支援などを行う有限責任監査法人トーマツはこのほど、国内のテクノロジー企業の成長率「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を発表した。同ランキングはテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(通信)業界の企業を対象に、過去3決算期の収益(売上高)に基づき決定される。企業規模や設立年を問わない。2016年で14回目。

昨日掲載した26~50位に引き続き、今回は1~25位の傾向を見ていく。成長率は1位のZUUが5,196%を記録したのをはじめ、3位までが1000%超。25位まで100%を超えていた。26~50位同様、2000年以降設立の企業が大半で、そのうち半数以上が上場を果たしており、事業の勢いと急成長ぶりがうかがえる。業界別にはメディアとソフトウエアで全体の84%を占め、FintechやAI、ビッグデータ、IoTなど、注目度の高い技術を扱う企業が多くランクインした。スマートフォンを活用したビジネスを展開する企業が多くあったのも特徴的だ。

ZUU、PKSHA Technology、トレタなど、上位にランキングしている企業の多くは大手との提携を果たしている。一方、ベンチャー×ベンチャーの協業も見られた。ジーニーとセレスはランキング企業同士で連携していた。このほか、SpeeeはVRベンチャーに出資している。ランキング企業は以下の通り。

【ランキング企業】 ※数字は成長率

■1位 会社ZUU
フィナンシャルメディアプラットフォーム事、Fintech推進支援事業、複数のポータルサイトを運営
fin tech, real estate tech領域で大手との提携多数
5195.95%
東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F

http://zuu.co.jp/

■2位 株式会社 PKSHA Technology
データ解析に関わるソリューション事業、エンジニアリング技術に関わるコンテンツ事業
データ解析(機械学習、自然言語処理)を用いた法人向けシステムソリューション
2607.23%
年東京大学松尾研究室の卒業生により創業。AI関連。
東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学 産学連携本部アントレプレナープラザ 2F 205
http://pkshatech.com/ja/

■3位 株式会社トレタ
飲食店向け予約顧客台帳サービスアプリケーションを提供
大手ホテルなどで導入実績あり
1853.89%
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8F
https://toreta.in/jp/

■4位 株式会社ジーニー
インターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「Geniee SSP」の開発・提供
広告主・広告代理店のマーケティング支援サービスの提供
459.21%
東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル25F
https://geniee.co.jp/

■5位 株式会社ジーエヌアイグループ(東証マザーズ上場)
中国に製薬工場を持ち、新薬探索・臨床開発から製造販売までを一貫して展開
アジアでは珍しいバイオテック企業
453.74%
東京都中央区日本橋本町2丁目2番2号 日本橋本町YSビル3階
http://www.gnipharma.com/

■6位 株式会社アストロ数理ホールディングス
流通・小売業など向けに基幹システムを開発、業務システムの企画・開発・運用および自社ERPパッケージ提供
347.84%
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル18F
https://www.astro-suri.co.jp/

■7位 弁護士ドットコム株式会社(東証マザーズ上場)
「弁護士ドットコム」など専門家による相談サイトの運営ほか、クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供
282.61%
東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル 6階
https://corporate.bengo4.com/

■8位
 株式会社マイネット(東証マザーズ上場)
スマートフォン向けゲームサービス事業、ゲームタイトル買収・再生
270.21%
東京都港区北青山2-11-3 A-PLACE青山
http://mynet.co.jp/

■9位 株式会社チームスピリット
勤怠管理、経費精算、工数管理などを一体化したERPのフロントウェアの提供
600社以上に導入実績あり
234.97%
東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階
https://www.teamspirit.co.jp/

■10位 オーマイグラス株式会社
メガネ・サングラス通販サイト「Oh My Glasses TOKYO」の運営、自社商品「TYPE」「Oh My Glasses TOKYO」の企画開発・販売など
メガネ販売に特化、日本のメガネを各国に販売
226.15%
東京都港区三田 3-12-17 芝第 3アメレックスビル 8F
http://www.ohmyglasses.co.jp/

■11位 株式会社メタップス(東証マザーズ上場)
ビッグデータと人工知能(AI)を駆使して経済やお金の流れを予想し、経営効率化や新しいサービスの創出を支援
217.00%
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー30F
http://www.metaps.com/ja

■12位 株式会社レントラックス(東証マザーズ上場)
WEBコンサルティング事業、アフィリエイトサービスプロバイダー事業、インターネットメディア事業
196.77%
東京都江戸川区西葛西5-2-3 NEXTAGE西葛西5F
http://rentracks.co.jp/index.html

■13位 株式会社Speee
Web マーケティング事業、インターネットメディア事業
VRベンチャーに出資
183.07%
東京都港区六本木4-1-4黒崎ビル5階
http://www.speee.jp/

■14位 株式会社デザインワン・ジャパン(東証一部上場)
オールジャンル口コミ店舗検索サイト「エキテン」の運営など
174.30%
東京都品川区西五反田2丁目30-4 BR五反田ビル 7階
http://www.ekiten.jp/

■15位 ダブル・スコープ株式会社(東証一部上場)
リチウムイオン二次電池用セパレータの製造・販売など
生産は韓国、販売先は米・中国が中心
174.08%
東京都品川区大崎5-1-11 住友生命五反田ビル10階
http://w-scope.co.jp/index.html

■16位 株式会社セレス(東証マザーズ上場)
ポイントサイト「モッピー」などスマートフォンメディア事業
170.25%
東京都港区南青山三丁目11番13号 新青山東急ビル4F
https://ceres-inc.jp/

■17位 株式会社じげん(東証マザーズ上場)
求人、住まい、結婚、車などライフイベント領域に特化したサイトの運営
東京都新宿区新宿6丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア5階
http://zigexn.co.jp/#zigexn_top

■18位 株式会社アイリッジ(東証マザーズ上場)
スマートフォン向けO2Oソリューションの提供を中心としたインターネットサービスの企画・開発・運営
156.89%
東京都港区麻布台1-11-9 CR神谷町ビル10F
https://iridge.jp/

■19位 株式会社SHIFT(東証マザーズ上場)
ソフトウェアプログラムの品質保証、テスト事業
150.70%
東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
http://www.shiftinc.jp/

■20位 株式会社アトラエ(東証マザーズ上場)
成功報酬型求人メディア『Green』の企画・運営、完全審査制AIビジネスマッチングアプリ『yenta』の企画・開発・運営など
HRtech領域
148.43%
東京都港区三田1-10-4 麻布十番日新ビル2F
https://atrae.co.jp/

■21位 株式会社クロス・マーケティンググループ(東証マザーズ上場)
ネットをはじめとするマーケティングリサーチのサービス提供
136.13%
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
http://www.cm-group.co.jp/

■22位 株式会社バンク・オブ・イノベーション
スマートフォン向けゲームアプリの開発・運営など
代表が学生で起業、「征戦!エクスカリバー」などが著名
131.70%
東京都新宿区新宿6丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア3F
http://www.boi.jp/

■23位 ペットゴー株式会社
コマース、ペットデータ、メディア、動物病院の運営などペットライフプラットフォーム事業
129.22%
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー12F
http://corp.petgo.jp/

■24位 株式会社豆蔵ホールディングス(東証一部上場)
システム構築コンサル主力に開発支援、半導体装置保守も手がける
127.48%
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング 34階
http://www.mamezou-hd.com/index.html

■25位 株式会社テラスカイ(東証マザーズ上場)
クラウドシステムの導入支援・開発事業
125.55%
東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
http://www.terrasky.co.jp/

■総括 

ほとんどの企業が他社と連携することで、大きな成長を果たしている。一つの傾向として感じられたのは、FintechやAIなど新しい技術がマーケティングの手段として活用されていることだ。大手企業が自社サービスをより顧客のニーズに即したものにするために、また、潜在顧客を獲得・開拓するために、新領域の技術を持つ企業と提携している。提携に積極的な大手としては、銀行、証券など金融をはじめ、不動産、鉄道、百貨店などがあった。 合わせて、ビジネスシーンにおけるスマートフォンの台頭に着目したい。特にBtoCでは顕著で、多くはスマートフォンを媒介に情報や広告メディアを提供している。やや今さらではあるが、ビジネスを行う上で欠かせないツールになっていることが改めて確認できた。 また、自社完結で製品・サービスを展開する企業もあった。専門家相談サイトの弁護士ドットコム、メガネECのオーマイグラス、ペットコマースのペットゴーは新ジャンルのビジネスと言えるだろう。 一方、26~50位と同じく、ハード(ものづくり)系の企業はほとんどなかった。ハード系は一定の資本が必要となるため、新たなチャレンジが困難であることが想像できた。(文:中谷藤士)

パートナー募集中企業!

株式会社アトラエ