eiicon

【イベントレポート】アクセンチュアがイノベーション創出を加速する「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」を開設

以前eiicon labでも取材をした、「アクセンチュア・デジタル・ハブ」は、2016年7月に開設したアクセンチュアのオープンイノベーション拠点だ。その機能を拡充し、新たに移転開設した「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」の記者発表会が、2018年1月18日に行われた。

アクセンチュアは売上高349億米ドル、全社員数43万5000人以上を誇るグローバル企業。「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する。日本法人は地域別の売上高で第3位と、ここ数年で大きく成長を遂げており、同社を牽引する存在だ。

その中でも、「デジタル」に関わる売り上げが日本法人の5割を占めるようになっている。「デジタル世界の中でこの動きを加速するべく、アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京をオープンすることにした」と、冒頭でアクセンチュア日本法人 代表取締役社長の江川昌史氏は語った。

また、各分野の統括メンバーも、それぞれの意気込みを語った。


オープンした「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」

アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京は、麻布十番駅に隣接するビルの8階・9階にあり、広大なスペースを有している。

まずエントランスを入ると、カフェスペースが広がり、中央には巨大な「やぐら」が設置されていた。

この8階のフロア「THE HUB」は、クライアントやアクセンチュア、スタートアップなどが共にイノベーションを生み出すための場である。さまざまなインスピレーションを得る広場として存在しており、「デモ・ワークショップエリア」「共創エリア」「セキュリティエリア」「インターナルエリア」の4つのエリアから構成されていた。

「デモ・ワークショップエリア」は、アクセンチュア、クライアント、スタートアップなどのデモが並ぶ。麻布十番といえばお祭りのイメージ。中央のやぐらを囲むように「屋台」をイメージして、各デモを設置しているという。

「共創エリア」は、協業スペースとワーキングエリアとして活用ができる。また、「セキュリティエリア」は、アクセンチュアセキュリティチームによるセキュリティCoEルーム、「インターナルエリア」は、アクセンチュアデジタル、テクノロジーの専門家による研究/サービス開発拠点となっている。

9階フロア「THE STUDIO」は、「住み込む」ようなイメージで、8階でインスピレーションを受けたアイデアを、長期的に住み込み、実際に形にするためのコラボレーションの場になっていた。


イノベーション創出に向けて、豊富な専門家人材が集う

イノベーション創出を後押しするさまざまな機能を備えたスペースはもちろんのこと、この場所にはアクセンチュアのさまざまな領域のエキスパートが集っており、その場でチームを組んで、アイデアを出したり形にしたりと、すぐに実行できることが魅力だ。

CX/SXデザイナーやUXデザイナー、データサイエンティスト、エンジニア、コンサルタントなどが多数在籍し、国内外の成功事例や、各種ソリューション、専門技術などの知見・ノウハウを活用しながら形にしていく仕組みがある。

展示されていたデモも、ヘルスケアサービスやAPIエコシステム、クラウドソリューション、AIサービスなど、幅広い分野の取り組みが見受けられた。

この場に来れば、デモを見てインスピレーションを受け、専門家とともにアイデアを出し、実際に開発をしながら実証と拡張を行いイノベーション創出に向けた活動が一貫してできる。


コワーキングスペースやコラボレーションスペースが多く生み出される昨今だが、アクセンチュアの本拠点の強みはどこにあるのだろうか。

統括本部長の立花氏は、「クライアントやパートナー企業が持つさまざまな技術やアイデアを、アクセンチュアが入ることで中立的に『組み合わせ』ながら、オールジャパンで日本にしかできないイノベーションを生み出していきたい」と語っていた。

各プレイヤーがイノベーションを模索する中、形にするために強みをもつ専門家の知見やノウハウを借りたいと考える企業も少なくないだろう。場の提供だけでなく、実際に人的リソースも借りながら形にすることができるこの拠点から、日本発のイノベーションが生み出される期待が高まる空間であった。

(取材・文・撮影:田中みどり)