eiicon

【特集インタビュー】ビジョンの共有があれば、共創が生まれる。「幸せな提携」が生まれた背景にあったものとは。(後編)

iOSアプリの課金プラットフォームサービス「SMART GAME(スマートゲーム)」を運営するSmarprise(スマープライズ)は、アドテク事業とスマホコンテンツ事業を展開するユナイテッド株式会社と資本提携し、2016年2月に同社にグループ入りした。資本提携後すぐにSmarpriseは、積極的な投資を行いSMART GAMEを大きく成長させている。同社はどのような観点で共創相手を探し、どのように新たなグループに溶け込んでいったのだろうか。昨日掲載した前編に引き続き、代表を務める五十嵐氏に話を聞いた。

 

株式会社Smarprise

代表取締役社長  五十嵐  健 (Takeshi Igarashi) 

立教大学文学部卒。2005年株式会社サイバーエージェントに入社。大手生命保険会社や大手エンターテインメント企業など数多くのインターネットマーケティングに従事した。 2010年に当時同社の投資先だったトレンダーズ株式会社に出向。2011年に転籍し、2012年には東証マザーズ上場に貢献。2014年には取締役に就任を果たす。その後2015年4月に社内起業で株式会社Smarpriseを設立。代表取締役に就任し現在に至る。  

■ビジネスは一人ではできない、だから、共創する。

これから先も、新しい事業を行うときは他社との共創、オープンイノベーションで行う考えですか。 

五十嵐:そのつもりです。私一人だったら、ビジネスはできません。いかにして一緒に熱く走れる仲間を見つけるか。そういった思いは常に持っています。 

Smarpriseも、スタッフみんなのおかげで成り立っています。Smarpriseのスタッフは全員がトレンダーズからの出向扱いとなっているのですが、設立時の取り決めで、いつでも自分の意志で戻ることができました。しかし、ユナイテッドグループに入る際、出向メンバー全員が転籍を決意してくれたんです。本当に有難かった。 

もしみんながトレンダーズに戻っていたら、資金は手に入っても何もできませんでした。一人では、本当に何もできないんですよ。 

――内部・外部に関わらず、協力してくれる人がいるからこそ、ビジネスができている、ということですね。 

五十嵐:はい。その通りです。 

――パートナーとするには、どんな人だったらいいとお考えですか。 

五十嵐:基本的には、志やビジョンに共感できることですね。その共感があったうえで、外部から、足りないところを埋めてくれるパートナーを見つけたいと思っています。正直、なかなか見つからないので、eiicon さんにぜひお力をお借りしたいです(笑) 

――(eiicon スタッフ)お任せください。

――最後に、オープンイノベーションを含め、ビジネスをする上で大切にしていることを教えてください。 

五十嵐:自分自身がどれだけ本気になれるかということです。Smarpriseを設立する際、自己資金を入れたいと提案し、実際に私自身も出資しています。上場会社で子会社を設立する場合は、親会社100%出資の完全子会社というケースがほとんど。ただ、今回こうして自分で資本を入れたいと提案したのも自分自身が本気になり、背水の陣でやらないと絶対にうまくいかないという思いがあったからです。 

根性論的な話ですが、ここはどうしても外せない点だと考えています。情熱がないと良いサービス、良い会社は作れないと強く思っています。


■取材を通して得られた、オープンイノベーションの2つのノウハウ

(1)ビジョンを共有できるパートナーを探す 

協業を行うパートナーには、条件さえ合えば、誰でもなれるというものではない。むしろ大切なのはビジョンや志の共有だろう。同じ方向を向いて走れなければ、力を合わせることはそもそも困難だ。しかし、ビジョンや志を共有できれば自然と信頼関係も生まれ、例えば、ユナイテッドとSmarpriseのような「幸せな提携」の実現も可能になる。 

(2)自らが率先する 

当たり前のことではあるが、自ら率先して事業を牽引しなくては、誰もついてこない。時に背水の陣を取ることが重要なのは、五十嵐氏が語った通りだろう。オープンイノベーションはパートナーの力を借り、力を合わせることである。パートナーに任せっきりにすることでは決してない。 

(構成:眞田幸剛、取材・文:中谷藤士、撮影:佐藤淳一)  


関連記事・企業