株式会社NTTドコモは、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室、文学部心理学研究室、および国立大学法人東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センターと、スマートフォンの日常的な使い方から持ち主の集中力(※1)を推定できる技術を開発した。

同技術は、スマートフォン上の加速度などのセンサーデータ、位置情報データ、アプリの利用履歴データなど、スマートフォンの日常的な使い方から得られるデータから、人の行動やスマートフォンの使い方を約250種類の特徴量として数値化し、そのうえで、AIが特徴量から持ち主の集中力を推定する。

例えば、集中力が低下しているときは、傾向として持ち主の身体の動きが多くなったり、普段よりもスマートフォンの画面を見る回数が増加したりしやすく、こういった行動の変化を観察することで集中力を推定することができるという。

同技術により、例えば、トラックやバスの運転手の前日までのスマートフォンの使い方から、当日の集中力が低下する可能性が高いことがわかった場合、運転手自身が適切に休憩を取ることで業務パフォーマンスの向上に努めることができる。また、企業が働き方改革を推進する一環として、就業者が自身の集中力を可視化し理解することで、働く一人ひとりの意識改革や非効率な勤務状況の見直しへの活用が期待できるという。

さらに、適度なストレスは集中力を高める効果があることが知られているため、2018年3月に開発したストレス推定技術(※2)と組み合わせ、ストレスと集中力の状態から、人にかかるストレスが適切なものなのか否かを読み解くことができる技術の開発をめざす。

ドコモは、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取り組みの一環として、本共同研究成果のさらなる検証と実用化に取り組むことで、より働きやすい社会と安全な労働環境の実現を目指していく。

※1)本技術開発では、集中力を判断のスピードと判断の正確さとして定義。

※2)2018年3月19日(月曜)報道発表:スマートフォンを使ってストレスを推定する技術を開発

 

※関連リンク:プレスリリース 

(eiicon編集部)