高砂熱学工業株式会社は、オープンイノベーションの取り組みとして、スタートアップ企業のアイデアや技術を活用して新たなビジネスやサービスを創出するアクセラレータプログラム「高砂熱学工業アクセラレータ“just move on!”」を2017年度から実施している。

このほど第1回プログラム(2017年度募集)にて採択したLiLz株式会社と、同社ならびにグループ会社である高砂丸誠エンジニアリングサービス株式会社の3社で、ビルメンテナンスの現場業務の効率化と品質向上に寄与するサービスとして、IoTカメラと機械学習でメーターの読み取りを自動化するクラウドサービス「LiLz Gauge(リルズゲージ)」を共同開発した。

大規模なビルや工場、病院施設には多くのメーター類(圧力計、温度計、電流計等)が取り付けられており、設備の異常を早期に発見するために、点検作業員が日々現場を巡回してメーターの指示値を目視で読み取って記録するなど、その点検には多大な労力を要している。

このほど共同開発した「LiLz Gauge」は、専用IoTカメラで撮影したメーターの画像から自動的に指示値を読み取って、正確なデータを表示・記録することができるクラウドサービスだ。

同サービスにより、点検作業員の負担を大幅に軽減する。また、メーター読み取り作業が自動化されることで多くのデータが取得でき、より精度の高い分析を可能とし、最適な設備保全を実現することができるという。


※関連リンク:プレスリリース 

(eiicon編集部)