株式会社JTB(以下、JTB)は、株式会社ポケット・クエリーズ(以下、ポケット・クエリーズ)の協力を得て、Mixed Reality(※1)を活用した実証実験を新千歳空港で実施すると発表した。Mixed Realityを活用した実証実験は、訪日外国人旅行者を新千歳空港から北海道むかわ町へと誘導するものだ。期間は5月25日から5月31日までを予定している。


実証実験の具体的な内容

新千歳空港のエリアスペースに設けられたコーナーへ訪れた旅行者は、Mixed Realityを実現するヘッドマウントディスプレイであるMicrosoft HoloLens(※2)を通じて、むかわ町で発見されたむかわ竜(むかわ町穂別産)の実物大を3Dアニメーションで体験することができる。

むかわ竜が実物大で動き回るインタラクティブなMixed Realityのコンテンツは、Mixed Reality Partnerプログラムに認定されたポケット・クエリーズが開発した。コンテンツ制作には、むかわ町の協力を得ており、この体験をきっかけに、むかわ町の認知向上を支援するとともに、外国人旅行者をむかわ町へと誘致することを目指している。

JTBでは、今回の実証実験を皮切りに、今後もMixed Realityのコンテンツを活用した訪日外国人旅行者の誘致プロジェクトを推進し、各自治体と共同で町おこし・地域誘客の支援を進めていくという。


日本マイクロソフト株式会社からのコメント

「日本マイクロソフトは、JTB様による、Mixed Realityを活用した訪日外国人旅行者向け実証実験の実施を心より歓迎いたします。国内初となります本実証実験を契機として、今後さらにMixed Realityの活用が広がるものと期待しております。」

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員

Microsoft 365 ビジネス本部

本部長 三上 智子


※1 Mixed Reality(複合現実):

3Dグラフィックなどで作られた映像や画像(ホログラム)を、現実世界に重ね合わせて表示することで、目の前に実物があるかのように見たり、動かしたりできる技術。ホログラムを拡大、縮小、回転、移動など操作できることから、模型を実物大で複数人の前に表示して議論を深めたり、手順を確認しながら作業できたり、製造、建築、教育、医療など様々な業種において、活用が期待されている。

※2 Microsoft HoloLens:

Windows10 を搭載し、携帯電話やパソコンなどの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使用できる、全く制約のない初めてのホログラフィックコンピューター。HoloLens を通して、リアル空間で物理的な環境においてホログラムなどのデジタルの映像や画像を配置でき、その世界を見たり、そこでデジタルコンテンツを操作したりすることが可能となる新しい方法を提供する。

詳細は下記 Web サイト参照

https://www.microsoft.com/microsoft-hololens/ja-jp


Microsoft、HoloLens は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)