パナソニック株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、寺田倉庫は、パナソニックが保有する築26年の老朽化したビルを3社共創でリノベーションし、コワーキングスペースや次世代オフィスラボ、リハーサルスタジオなどで構成する複合施設「TENNOZ Rim」を2019年6月19日オープンした。同施設から新しい技術や先端の文化を発信し、天王洲運河エリア(以下、同地域)を活性化し、エリア全体の価値向上を目指すという。

自社遊休地を活用したまちづくり、イノベーション創出に取り組むパナソニックは、既存ビルの先進リノベーション事業を展開している三菱地所レジデンスと、同地域で保有する倉庫群をリノベーションしながらまちづくりと文化発信を通して、エリアの価値向上に取り組んできた寺田倉庫をパートナーに迎え、3社の強みを掛け合わせリノベーションの企画から施工、運営まで行う「共創リノベーション」により、「TENNOZ Rim」を構築した。

TENNOZ Rimは多様な機能で構成される。三菱地所レジデンス運営の「コワーキングスペース」では、利用者が快適に過ごせるようにパナソニックの最新照明技術やナノイー発生装置内蔵の空調のほか、バイオフィリックデザイン「COMORE BIZ(以下、コモレビズ)」などを導入している。また共用部にはTSUTAYA監修のライブラリを設置する。パナソニックが運営する「次世代オフィスラボ」は、コワーキングスペース運営で得られたセンサー情報を蓄積・分析し、次世代オフィスソリューションの開発を行う。寺田倉庫運営の「リハーサルスタジオ」は、都内有数の広さ474平方メートルを有し、ミュージカルやドラマ、ダンスなど様々な用途の稽古場として活用される。工場排出物等を活用した「アップサイクルプロダクト」を配置したラウンジや、食とグローバルな交流を通じたオープンイノベーションを促進するためのマルチ・コミュニティ・スペースを併設。循環型社会の実現に向けた提案や地域に新たな刺激とコミュニケーションを創出する。

パナソニック、三菱地所レジデンス、寺田倉庫は、TENNOZ Rimの運営を通じ、先進的なソリューションや最先端の文化を広域に発信する。空港、新幹線からのアクセスが良く、クリエイティブな人々や企業が多く集まる同地域の価値を更に高めていく。また、ビルリノベーションによる地域活性化のモデルケースとしても認知を広げることで、社会的課題でもある老朽化ビル対策へのソリューションを示すという。


<関連情報>

・TENNOZ Rim

http://tennoz-rim.tokyo/

・ザ・パークレックス 天王洲[the DOCK]|三菱地所レジデンスのコワーキングスペース

https://www.mecsumai.com/thedock/


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)