株式会社A.L.I. Technologiesと、ヤンマー株式会社とコニカミノルタ株式会社が出資するファームアイ株式会社は全国規模での農業センシングに係るドローンソリューションに連携して取り組んでいくことを決定した。


■農業向けドローン市場は、2024年までに760億円まで拡大する成長市場

農業向けのドローンサービス市場は、2018年の175億円から2024年まで年率+28%で伸び、760億円まで拡大することが見込まれているなど、農業領域でのドローンの活用は社会実装が最も進んでいる領域となる。(出典:インプレス総合研究所 「ドローン調査報告書2019」)


■ファームアイの農業センシングソリューションにA.L.I.の操縦士ネットワークを活用

ファームアイは、ヤンマー株式会社とコニカミノルタ株式会社の出資により、農業リモートセンシング・サービスを推進する事業会社として設立され、これまで数多くの農業向けのセンシング及び画像解析サービスを提供している。

他方で、A.L.Iは、全国2,000人近くのドローン操縦士ネットワークと各種用途向けのオリジナルドローン機体を有しており、現場でのオペレーションのノウハウも有している。

今後、A.L.I.とファームアイは連携することで、ドローンを活用した農業センシング・サービスを一挙に全国展開し、効率的な農業ソリューションの普及に努めていくという。


<A.L.I.の概要>

A.L.I.は、AI搭載型ドローンをはじめ各種ソリューションビジネスを展開するドローン・AI事業、独自の自律分散処理システムにより、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業、世界初の実用型ホバーバイクの販売を2020年に目指すエアーモビリティ事業を展開している。

A.L.I.は、今後も、既存の発想に捉われず、ドローン、AI、ブロックチェーン等のテクノロジーを活用したプロダクトを開発し、イノベーションを起こし続けていくという。


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)