九州旅客鉄道株式会社(以下「JR九州」)と株式会社A.L.I.Technologiesは、両者の共同により、無人航空機(ドローン)やAIを用いた鉄道施設の点検ソリューションを開発したことを発表した。

JR九州とA.L.I.は、将来的な労働力不足やインフラの老朽化、自然災害の対応といった社会的な課題の解決に向け、2017年より、ドローンやAIなどを活用し、より安全かつ効率的な鉄道施設の点検を可能とするソリューションの開発や実験に取り組んできた。

今回のソリューションは、A.L.I.が所有する、「空のインフラ」に関する特許群と技術をベースに、JR九州の鉄道施設における画像解析を活用した調査や点検、枯れ木の早期発見技術等を融合させることで、鉄道施設点検の効率化・高度化を実現することを目的としている。各々の技術をベースに、点検の効率化・高度化に加えて、安全管理等の各種オペレーションの改善へ向けた共同開発に取り組んでおり、今後数年内の運用開始を目指している。

JR九州とA.L.I.は、共同開発を通じて、より安全かつ効率的な鉄道運営を実現するとともに、今後もドローン、AIなどの先端技術を活用した新たなソリューションの開発について取り組んでいくという。


■ドローン機体


■鉄道施設点検状況


※関連リンク:プレスリリース

(eiicon編集部)