21共創パートナーズ!@JR東日本スタートアッププログラム2019

こんにちは。JR東日本スタートアップの柴田です。

JR東日本グループがベンチャーとの共創に取り組む「JR東日本スタートアッププログラム」

今年度は、21の事業共創、やります。

駅などリアルなインフラで実証実験、やります。大宮でスタートアップステーションも、やります。

21の共創パートナーと取り組む21の実証実験の内容を、ブログにまとめましたので、ご覧ください。

その一部を紹介すると…

「JR東日本スタートアッププログラム」とは、スタートアップ企業の皆さんからJR東日本のインフラを活用した事業やサービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て事業共創を進めていくプログラムです。

第3回となる今回も多数のご提案をいただき、その応募総数は262件にもなりました。
その中から、今回は21社の共創パートナーと、21の事業共創にチャレンジすることとしました。
ご応募いただいたスタートアップ企業の皆さん、多数の興味深いご提案をいただき、本当にありがとうございました!
また、今回新たに共創パートナーとなった21社の皆さん、いよいよです。実証実験(PoC)のステージに突撃しましょう!

そうなんです。私たちの最大の特徴は、JR東日本の駅や鉄道、商業施設などのリアルなインフラをフィールドにした実証実験(PoC)をコミットしていること。
しかも、年度内に必ずやります。そのために、採択21社の皆さんとは、すでに酷暑の夏から、共創プランを練り上げてきました。

今日は、その21件を全部、ざくっと一気に紹介しますね。


くわしくは、ブログ「鉄道員(ぽっぽや)社長の冒険」をご訪問ください。→記事はこちら

それぞれの事業共創を一件一葉にまとめた「事業共創チャレンジ One By One」もぜひご覧ください。