株式会社大和農園

自社特徴

弊社は野菜種苗の育種技術を用いてオリジナル品を研究開発する技術を持っております。

その中でもスイカ、キャベツの育種に自信を持って事業展開をしており、現在は国内産地(営利農家様)特化型の商品(品種)を研究開発、生産、供給を行っております。

卸販売、通信販売(小売販売)では全国のお客様よりご愛顧いただいております。。

様々な販売チャンネルを持ちつつ、育種ノウハウを持っていることこそが我々の強みです。

提供リソース

  • 野菜種苗の品種改良技術(+育種資源)
    種子生産技術
    種子品質管理技術
    野菜全般の種苗販売

  • OEMとしての種苗供給(種子、栽培キット等)
    農業関連イベントのコンサルティング

実績

1960年に発売したスイカ品種「縞王(しまおう)」シリーズ商品は現在に至るまでたくさんの方に愛して頂き、大和農園=スイカの種苗メーカーとして業界内での地位を築かせて頂いております。
当時はシェアの6割程度を持たせて頂いておりました。
今もなお時代に合ったスイカをはじめとする野菜種子の新品種を日々開発し、常に求め続けて頂ける種苗メーカとして研究開発を行っております。

一緒に何をしたいか

種×〇〇で笑顔を増やしたい

農業は人の心を癒す力を持っていると思っています
農業を通じて笑顔を作り、心の豊かさを取り戻すような空間、経験、モノを提供したいと思っています。

メッセージ

『種、野菜、農業を通じて笑顔を増やしたい』

これが弊社の想いであります。
これまでは野菜種子の安定供給を行うことを使命として1920年創業当時より99年間事業を行ってきましたが、種苗業界として農業業界は今転機を迎えているように感じます。

種には無限の可能性が秘められています。
種×〇〇=∞だと感じています。
そして、その〇〇は異業種の方々の知恵や技術だと考えます。種苗業界だけでは成長にも限りがあります。

農業をかっこいい職業に
そして農業を通じて人が生まれてきた本来の姿に戻れるように

そんな想いを種、野菜、農業を通して創出していきたいと思います。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

「種」を通じて新しい価値を生み出して頂ける企業様を探しております。
業種、職種は問いません。
食の根源である種を通じて世の中に笑顔を増やす手法を共に考え、創出して頂ける方を求めております。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役社長

吉田睦

農業関連事業を新規事業としてお考えの企業様はまずはお気軽にご連絡を頂ければ幸いです。

弊社は種を取り扱うメーカーですが、99年の社歴で培ってきた業界内の繋がりも弊社の強みの一つでもありますので、農業関連のことで新規事業をお考えの企業様はまずはご相談頂ければと思います。

ミッション

種、野菜、農業を通じて笑顔を増やす
業界一働きがいのある企業になる

経歴

立教大学観光学部卒業後、東京でスタートアップ企業に勤めながら青山学院大学会計専門職大学院進学したが中退。農業や種苗についての知識ゼロのまま大和農園に入社し、試行錯誤しつつも早5年、本年7月より同社代表に就任。30歳、かつ女性で種苗業界の社長に就任することは異例であり、業界に新しい風を吹かせ業界を成長に導く企業として様々な挑戦をしていきたいと日々挑戦中。

企業情報

企業名
株式会社大和農園
事業内容
・オリジナルブランド野菜の育種研究開発
・種子生産及び国内外卸売販売
・花き球根、花木、宿根草、野菜・草花種子等、園芸農産種苗全般の国内通信販売(カタログ通販、EC通販)
所在地
奈良県天理市平等坊町110
設立年月日
1920
外資区分
非外資
代表者名
吉田睦
企業URL
https://www.yamatonoen.co.jp/
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
33
資本金
1億円〜3億円未満
売上
883 百万円
上場区分
非上場
株主
創業家100%保有
主要顧客
全農各県本部 種苗小売店 海外得意先 他

メンバー