中外炉工業株式会社

自社特徴

70年以上にわたって国内の工業炉をリードしてきた当社は、熱処理炉やバーナといった基幹商品によって確固たる地位を築くとともに、それら製品を基軸として常に新分野への参入に挑戦し続け、現在では自動車、鉄鋼業界だけではなく、半導体、ディスプレイ、化学、印刷といった多種多様な業界の企業へ「熱」に関わる設備を都度ご要望に応じた仕様でご提供し、豊富な実績と経験を積み重ねています。

提供リソース

  • 【熱処理技術】焼入、焼戻、焼鈍、焼ならし、浸炭、ホットプレス、焼結、焼成、容体化といった、バーナ・ヒータを熱源とする炉内温度コントロール(均一分布・一部昇温含む)、ガス・油などを利用した炉内冷却(急冷・徐冷含む)、熱処理工程用洗浄・乾燥、炉内雰囲気用ガス発生など
  • 【燃焼技術】水素/酸素/ガス/オイルバーナによる燃焼(省エネ化、クリーンエネルギー対応含む)、火炎への粉体投入による熱処理・材料製造など
  • 【コーティング関連技術】フィルム、金属など各種素材への精密/高粘度コーティング、塗布液乾燥・冷却、UV、洗浄、焼成など

実績

1945年の創業以来、工業炉トップとして国内大手自動車メーカーに各種熱処理炉を、また国内外の主要製鉄会社に加熱炉・プロセスラインを多数納入している他、排ガス処理用や有機EL/液晶パネル製造用の設備においても、各業界で欠かせない存在として評価頂いております。

  • 熱処理炉(部品・素材への表面処理、改質、焼結などに対応)
  • 機能性粉末の熱処理設備(火炎への微粒子材料投入による溶融、球状化、合成、反応、焼成処理などに対応)
  • コータシステム(コーティング、乾燥、焼成、搬送、不純物検査などに対応)

一緒に何をしたいか

あなたの技術と我々の熱技術を融合し、新しいプロセスを作り上げたいと考えています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・熱処理が必要な製品開発
・バーナーを用いたプロセス開発
    を目指されている企業・団体との協業
・各種材料熱処理炉
・塗工装置、乾燥装置、オーブン
    で量産化を目指している企業との設備開発

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

商品開発部 部長

友澤 健一

サーモテックで未来を開く!
熱エネルギーを操る新しい技術、市場を皆さまとともに創っていきたいと考えています。
ぜひお気軽にお問合せください。

所属部署

開発本部 商品開発部

商品開発部は2019年4月に発足した新しい部署です。これまでの中外炉の「熱エネルギー」をマネジメントする技術を生かし、新たな価値を創造し、新しい分野への事業領域の拡大を目指します。

ミッション

新事業創出、新商品開発のための
・自社コア技術の導出活動
・共同研究、外部連携による開発推進

企業情報

企業名
中外炉工業株式会社
事業内容
熱技術のリーディングカンパニーとして、エネルギー分野(主に鉄鋼、自動車、非鉄金属、電池の製造関連)、情報・通信分野(主にディスプレーパネルの製造関連)、環境保全分野(主に大気浄化、廃棄物処理・リサイクル関連)の3分野における製造設備・環境設備の設計・製作・施工・販売および燃焼機器・空調装置などの製作・販売を主な内容とし、各事業に付帯するエンジニアリング、研究開発ならびにその他のサービスなどの事業活動を展開しています。
所在地
大阪府堺市西区築港新町2-4
設立年月日
1945
外資区分
非外資
代表者名
西本 雄二
企業URL
https://chugai.co.jp/
従業員数
101〜500人未満
平均年齢
43
資本金
10億円以上
売上
37,000 百万円
上場区分
上場
株主
第一生命保険 りそな銀行 みずほ銀行 三菱商事 錢高組 日本生命保険 など
主要顧客
国内大手自動車メーカー(トヨタ自動車株式会社 他)、国内大手重工メーカー、国内外大手製鉄会社、国内外ディスプレイパネルメーカー、その他半導体、化学、印刷関連企業 など

メンバー