eiicon

KAMIX株式会社

3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
中小企業
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
事業提携
新市場の模索
IoT
印刷
紙・パルプ
更新日:2018/03/06

自社特徴

・創業約70年の紙卸売業をメインとした印刷周辺事業を展開しながら、最先端の「極小二次元バーコード」や「セルロースナノファイバー」を使った次世代の事業にも挑戦しております。
・「極小二次元バーコード」に関しては、「音が出る語学教材(音声ペン)」「低コストの偽造防止印刷(真贋判定)」「IoTにおけるICチップの代替技術(トレーサビリティー)」などの用途がございます。
・「セルロースナノファイバー」に関しては、「各メーカーの多種多様なサンプル品の迅速な提供」が可能です。
・新たな可能性に一緒に挑戦したい企業様のお問い合せをお待ちしております。

提供リソース

  • 極小二次元バーコード(特許)
    ・音が出る語学教材(音声ペン)
    ・低コストの偽造防止印刷(真贋判定)
    ・IoTにおけるICチップの代替技術(トレーサビリティー)
  • セルロースナノファイバー
    ・各メーカーの多種多様なサンプル品提供
    ・製品化に向けた共同開発支援
  • 紙及び印刷の全国ネットワーク
    ・特殊機能紙
    ・特殊印刷技術

実績

参考URL:www.kamix.co.jp

一緒に何をしたいか

・偽造防止やトレーサビリティーにお悩みの企業様と、「極小二次元バーコード」を活用して一緒に問題解決に取り組みたい。
・「セルロースナノファイバー」という最先端の素材を活用して革新的な製品を開発したい企業様と、共同体制で新製品の開発に取り組みたい。

メッセージ

力不足の部分も多々あるかと思いますが、若いチャレンジ精神とフットワークの軽さを活かすことで、少なからずお役に立てると思っております。どうぞお気軽にお問い合せくださいませ。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

共同で用途開発に取り組むなど、新たな可能性に一緒に挑戦したい企業様のお問い合せをお待ちしております。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

宗次健太

「極小二次元バーコード」と「セルロースナノファイバー」の用途開発に挑戦しております。
「極小二次元バーコード」に関しては、「音が出る語学教材」「低コストの偽造防止印刷」「IoTにおけるICチップの代替技術」などの用途があります。
「セルロースナノファイバー」に関しては、「各メーカーの多種多様なサンプル品の迅速な提供」が可能です。
新たな可能性に一緒に挑戦したい企業様のお問い合せをお待ちしております。

所属部署

なし

なし

ミッション

①「極小二次元バーコード」による新規事業の創出
②「セルロースナノファイバー」による新規事業の創出

経歴

2000年 外資系コンサルティング会社にて主に大手企業のSCM系業務改革プロジェクトに従事
2003年 当社にて常務取締役兼営業統括に就任
2014年 当社にて代表取締役に就任

企業情報

企業名
KAMIX株式会社
事業内容
紙・印刷・極小二次元バーコード・セルロースナノファイバーを使った製品の開発・製造・販売
所在地
大阪府大阪市福島区6-6-3
設立年月日
1948
外資区分
非外資
代表者名
宗次健太
企業URL
http://www.kamix.co.jp
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
45
資本金
3千万円〜1億円未満
売上
1,350 百万円
上場区分
非上場
株主
宗次健太、宗次道子、宗次正晴
主要顧客
印刷会社、教育機関、官公庁、一般企業