eiicon

KAMIX株式会社

ニーズ:
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
更新日:2017/08/29

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

宗次健太

「目に見えないほど小さな二次元バーコード」と「セルロースナノファイバー」の用途開発に挑戦しております。
「目に見えないほど小さな二次元バーコード」に関しては、現在のところ「音が出る語学教材」「低コストの偽造防止印刷」「IoTにおけるICチップの代替技術」などの用途があります。
「セルロースナノファイバー」に関しては、「各メーカーの多種多様なサンプル品の迅速な提供」が可能です。
新たな可能性に一緒に挑戦したい方のお問い合せをお待ちしております。

ミッション

①「目に見えないほど小さな二次元バーコード」による新規事業の創出
②「セルロースナノファイバー」による新規事業の創出

経歴

2000年 外資系コンサルティング会社にて主に大手企業のSCM系業務改革プロジェクトに従事
2003年 当社にて常務取締役兼営業統括に就任
2014年 当社にて代表取締役に就任

企業情報

企業名
KAMIX株式会社
事業内容
紙・印刷・セルロースナノファイバー・極小二次元バーコードを使った製品の開発・製造・販売
所在地
大阪府大阪市福島区6-6-3
設立年月日
1948
外資区分
非外資
代表者名
宗次健太
企業URL
http://www.kamix.co.jp
従業員数
10人〜100人未満
資本金
3千万円〜1億円未満
売上
1,400 百万円
上場区分
非上場