NTTコミュニケーションズ株式会社

プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
事業提携
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
新市場の模索
大手企業
IoT
AI
スポーツ・フィットネス
通信インフラ・回線
ソフトウェア・システム開発
ソフトウェア
ネットワーク
IoT無線技術
デジタルトランスフォーメーション
高返信率 更新日:2019/07/05

自社特徴

私たち、NTTコミュニケーションズはNTTグループの国際通信事業者として、1999年に発足しました。
全世界190カ国以上でサービスを提供し、190万社以上のお客様・パートナーと共に世界中でビジネスをしています。
これまでICT (情報通信技術) の力で世界中の暮らしや産業、社会が求めるつながりを生み出し、支え続けてきました。

あらゆるモノがインターネットで繋がり、データを活用することで社会がより豊かになる今の時代、進歩し続けるビジネスや暮らしを支えるために、次世代を見据えたネットワーク・インフラ自体の在り方から、未来のコミュニケーションを変えていきたいと考えています。

そのためには、外部との共創は不可欠です。そこで、今回オープンイノベーションプログラムを実施することとなりました。

様々なアイデアや技術をかけあわせ、世界をつなぐ新たな価値を共に生み出していきましょう。

提供リソース

  • ※全テーマ、約190万社以上のお客様・パートナー、全世界190カ国以上でのサービス提供網等を活用したマーケティング支援・実証フィールド提供可能性有。

    (1)インターネット上でロボットとP2P通信するためのモジュール

    ・インターネット上でのリアルタイムP2Pコミュニケーションを手軽に実現する技術・サービス (WebRTCプラットフォーム「SkyWay」)のロボット向けモジュールの利用およびサポート
    ・本モジュールへのプラグイン追加、独自カスタマイズを行うための発展的APIの提供、追加開発

  • (2)全世界139拠点に及ぶデータセンター

    ・データセンターの屋内、屋外(敷地内)空間の利用
    ・サーバラック管理等、物理鍵にてセキュリティが担保された空間の利用

    (3)ラグビーチームおよび練習場・クラブハウス

    ・「シャイニングアークス」選手のバイタルデータ、試合データ等
    ・練習場やクラブハウス(アークス浦和パーク)
    ・最新のIT設備(超高速回線、センシング機器等)の充実
  • (4)山中の無線中継所や都心部の鉄塔・通信ビル

    ・物理的な空間を提供可能
    ・北海道から九州まで、活用可能な拠点が存在

実績

●産学連携での共同研究
東京大学、慶應大学と、WebRTCを使ったテレイグジスタンスロボットに関する共同研究を実施。

●データセンターにて実験環境を提供
海外拠点のデータセンターにおいてベンチャー企業も含めた多くの企業と最新技術の実証実験の場を提供。

●通信事業ビルに保育所をオープン
待機児童解消に向け、藤沢市と共に通信ビルの未利用フロアに保育所を設立。子育て事業に貢献。

●Startup Challenge powered by NTT Communications
アジア各国でピッチコンテストを開催中。2年目の2018年は、インドネシア、マレーシア、ベトナムの3拠点で実施し、いずれも大きな反響を得ています。

  • 『NTT Communications OPEN INNOVATION PROGRAM 』事務局
  • ピッチコンテスト『Startup Challenge』の様子
  • ジャパンラグビートップリーグ所属チーム『シャイニングアークス』

一緒に何をしたいか

【世界のインフラから未来のコミュニケーションを共に創り出すパートナーを求めます】

具体的には以下の領域で共創したいと考えています。

(1)離れた場所でも自由自在に、身体を動かす体験の拡張

遠隔地からでも実際にその場にいるかのように、没入感を持って自由自在な行動が可能になるテレイグジスタンス・テレプレゼンス(遠隔存在感)を低遅延・無線で実現し、様々な体験価値を創る
・バーチャル旅行などの新たなエンターテイメント体験
・危険な作業現場の遠隔操作や、ビジネスシーンでの遠隔参加などによる働き方の変革
・遠隔医療や高齢者の身体的なサポート、保育  等

(2)設備運営の自動化で次世代データセンターを創造

ロボティクスや画像認識のテクノロジーを活用した、データセンター運営・警備の自動化によって、次世代のスタンダードとなるデータセンターを創る
・ドローンやロボット、全天球カメラ等での点検・管理による省人化
・警備・施錠などのセキュリティを自動化  等

(3)ラグビーを革命するスポーツテック

ラグビーチーム「シャイニングアークス」の選手の強化や、テクノロジーを活用した「競技場」での新たな観戦の楽しみ方を創る
・データ分析による選手パフォーマンス強化やチーム運営効率化
・テクノロジーを活用したファンの新たな観戦体験
・キャッシュレスなどラグビー場での観客向け新サービスの提供  等

(4)山中の無線中継所や都心部の鉄塔を活用した新たなサービス

NTTコミュニケーションズが保有する鉄塔や山の中の施設等の空間を再定義し、既存分野にとどまらない新たな価値を創る
・全国各地の拠点での実証実験
・点在する拠点を活かした鳥獣被害対策やドローン充電等の基地
・地方創生を目的としたハイカー向けのサービス等、エンターテイメント活用  等

メッセージ

本プログラムは、一発の花火で終わらせず、しっかり事業化させることまでをスコープにしています。
選定されたテーマは、各事業部の想いや課題に根差したものであり、1テーマにつき最低1名の社員が専属でつき、実現に向けて動いていきます。
テーマ担当者も、当該領域で研究を実施していたり、スポーツチームの運営をしていたりと、ユニークで熱量の高い人材です。
また、PoC期間も事務局を含めた並走体制を構築し、事業化に向けた確かなサポートを行っていきます。
さらに、事業化にあたってネックになりがちなヒト・モノ・カネの問題をスピーディーに解決すべく、経営陣を巻き込んだ仕組みづくりを実施しています。

全社をあげたオープンイノベーションプログラムは、当社にとって初めての試みです。
しかし、これまで社内で実施してきた外部共創で得られた経験や学び、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンテストなどでの知見を結集し、体制を構築しています。
テーマに共感していただけた方々からのご応募をお待ちしております。ぜひ一緒にイノベーティブな事業をつくっていきましょう!

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・法人登記がなされていること。企業規模は問わない。
・プロダクトや技術をお持ちであること。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

ビジネスデザイナー / HCD-Net認定 人間中心設計専門家

岩田 裕平

ベンチャー企業から大手企業まで、皆さまとの議論を通じて本気でNTTからイノベーティブな事業を生み出したいと思っています!まずは私にご連絡ください!

所属部署

経営企画部 デジタル・カイゼン・デザイン室

デザインアプローチに基づく経営変革および新規事業創出にまつわるあらゆることを担当。オープンイノベーションプログラムの統括。

ミッション

人間中心アプローチに基づく既存ビジネスの革新と、新規事業の創出。 デザインコンサルティング等。

経歴

1988年神奈川県横浜市生まれ。2013年NTTコミュニケーションズへ入社後、約3年半の間グループ会社でR&Dや新サービス開発、デザイン・ブランド戦略に従事。2015年に東京工業大学 チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラムを修了後、2017年より経営戦略としてデザイン思考を推進するプロジェクトにジョイン。2018年より社内ベンチャー制度を利用し、新事業のプロダクトオーナーとして事業創出中。HCDプロセスを用いた新事業創出を得意とする。経済産業省主催「始動Next Innovator」3期生選抜メンバー。HCD-Net認定 人間中心設計専門家。

企業情報

企業名
NTTコミュニケーションズ株式会社
所在地
東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
設立年月日
1999
外資区分
非外資
代表者名
庄司 哲也
企業URL
http://www.ntt.com/index.html
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上

メンバー