eiicon

ジオマーケティング株式会社

ニーズ:
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
新市場の模索
更新日:2017/09/12

自社特徴

居住者特性によって全国21万の大字町丁目を10グループ74セグメントに分類したライフスタイルデータなど独自ビックデータをもとに、高精度な商業不動産の収益評価を実現。テナントミックス、業態ミックスの最適化、収益最大化をAI技術で支援します。
当社は、1980年代に英国のリーズ大学の地理学部の数理統計の研究者が設立したGMAP社を起源とし、小売流通業における収益予測・評価モデルを様々な業種・業態に提供してきたチームが創業した会社です。

提供リソース

  • ・【AI売上予測】
    既存施設の活性化、新規開発のための立地評価、収益予測をAI技術を基に高精度でかつ柔軟に予測。マネジメントから計画立案担当者までが納得、共有できる高精度予測と可視化技術を提供。「売上予測/需要推計 -小田急電鉄様-」事例
    https://geomarketing.co.jp/caselist/
  • ・【AI顧客分析】
    ポイントカード、IDPOS、アンケートデータをAI技術により購買行動、嗜好性、ペルソナを明らかにし、リアル店舗の集客・顧客単価アップを顧客体験の視点から定量化。「ポイントカード分析-イーアスつくば様-」事例
    https://geomarketing.co.jp/caselist/
  • ・【居住者ライフスタイルデータ Geodemo(ジオデモ)】
    住所データから、消費者のライフスタイル・ライフステージ、ペルソナを理解することができる居住者ライフスタイルデータ(Geodemo)。ダイレクトマーケティング、ネットショップの顧客セグメンテーションに実績多数。「Geodemo -エムアイカード様-」事例
    https://geomarketing.co.jp/caselist/

実績

商業不動産デベロッパー、鉄道会社、多店舗展開する小売業など「地域多様性」に注目しながら、選ばれる商業施設をデザインするためのインテリジェンスを提供した事例を紹介した書籍「ジオマーケティング戦略-ポスト「マス」時代の消費者分析-」をご参照ください。
https://geomarketing.co.jp/geomarketing_book_intro/

一緒に何をしたいか

商業不動産、ショッピングセンターのデベロッパーとテナントをつなぐAIプラットフォームの事業提携・ユーザ企業様を募集しています。
デベロッパー様は、どんなテナントが最も収益性が高くなるのか判断することができ、またテナント企業様にとっては自社の収益予測を定量的に評価することができます。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

酒井 嘉昭

ミッション

「需要の可視化」で未来の不動産事業を支援することをミッションとしています。「ジオマーケティング戦略」(幻冬舎)http://amzn.to/2rRD0dp

経歴

技術士(環境部門)・測量士。
都市・環境・防災計画のための基礎調査をする会社を設立し、キャリアをスタート。
その後大手ベンチャーキャピタルより出資を受け、携帯電話向けナビゲーションシステムを開発。
2004年に、英国のコンサルティングファームGMAP の上席コンサルタントとしてアジア太平洋地域の小売り立地分析、売り上げ予測業務に従事。2011年には日本GMAP代表取締役。2015年に日本GMAP の国内部門をMBOし、ジオマーケティング株式会社を設立。現在に至る。

企業情報

企業名
ジオマーケティング株式会社
事業内容
1.市場・顧客分析ソリューションおよびモデリング技術の提供
2.ビジネス戦略立案のためのソリューションならびに技術の提供
3.市場・顧客情報の収集、データベースの構築、インテグレーションおよび管理業務の提供
4.前各号にかかわるコンサルティングサービスならびに統合サービスの提供
5.インターネットにかかわるソリューションならびに技術の提供
所在地
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
外資区分
非外資
代表者名
酒井嘉昭
企業URL
https://geomarketing.co.jp
従業員数
〜10人未満
資本金
5百万円〜1千万円未満
上場区分
非上場
株主
酒井嘉昭