eiicon

中央大学 理工学部 田中 秀樹 教授

更新日:2017/08/31
  • 硝酸銅を保護材とともに溶液中に入れ、光で還元させることにより、耐酸化性に優れる銅ナノ粒子を生成する技術を研究しています。光還元法であるため環境にやさしく、耐酸化性に優れるため金・白金などの貴金属ナノ粒子への代替可能性があります。
    保護材はPVPを用いた場合には再生利用が可能であり、カーボンナノチューブを用いた場合は耐酸化性を高めることができることを確認しています。本技術の製品化・活用に意欲がある企業を歓迎します。

    【簡略図】
    20150810101452.png【背景】
    銅は貴金属である金・銀と同じ第11族元素であるため同様の触媒作用が期待されていますが、極端に酸化しやすい特性から調整および利用が困難でした。
     また、従来の調整法では強力ではあるが有害な還元剤(ヒドラジン等)を用いる必要があったため、人体への有害性や廃液処理の必要があるなど、実用状で大きな課題がありました。
     そこで、硝酸銅を保護材とともに溶液中に入れ、光で還元させることにより、耐酸化性に優れる銅ナノ粒子を合成する技術を研究しています。光還元法のため環境に優しく、耐酸化性に優れるため触媒としての利用可能性があります。
    本技術の製品化・活用に意欲がある企業を歓迎します。


    【技術内容】
    下記は光還元前(a)、光還元途中(b)、光還元後(c)の写真です。
     20150810101657.png光還元前の光学スペクトルは下記の通りです。700nm付近にブロードなピークが観測されており、硝酸銅であることを示しています。
    20150810101717.png光還元後の光学スペクトルは下記の通りです。570nm付近にブロードなピークが観測され、銅ナノ粒子の表面プラズモン共鳴に特有の波長域に表れていることから、銅ナノ粒子が生成されていることが分かります。粒径は5nm程度です。
    20150810101745.png下記は光還元をはじめて18時間後のXDRの解析画像です。カーボンナノチューブ(CNT)、銅(Cu)のピークが出ており、酸化銅(Cu2O)のピークはほとんど出ていません。
    20150810101835.png
    下記はカーボンナノチューブを保護材にしたケースであり、(a)は光還元前、(b)は光還元後です。カーボンナノチューブに銅ナノ粒子が担持していることが分かります。20150810101805.png【技術・ノウハウの強み(新規性、優位性、有用性)】
    光還元法であり溶液も市販のもので良いため、安価で環境に優しい手法です。
    従来法として銅を還元させるためにヒドラジンを用いるケースがありますが、有毒性でありかつ廃液処理を行う必要があります。また、酸化が非常にしやすい特性があります。

    本技術では耐酸化性が高く、ナノ粒子触媒としての利用可能性があります。
    保護材にPVPを用いた場合は大気中に暴露しておくと硝酸銅の状態に戻る特性があり、触媒失活後の再生に活用できる可能性があります。
    カーボンナノチューブを保護材にした場合は、再生はできませんが耐酸化性を高めることができます。
    また、分散液ではなく粉末状にしたままでも耐酸化性を保つことを確認しています。

    【連携企業のイメージ】
    例えば下記の企業と連携可能です。
    1)触媒の製造・開発・販売等を行っている企業。
    2)ナノ粒子の製造・開発・販売等を行っている企業。
    3)化学品の合成を事業としている企業。
    4)他、本技術の活用・実用化に意欲がある企業。

    【技術・ノウハウの活用シーン(イメージ)】
    耐酸化性に優れ、かつ材料・製造プロセスが安価であるため、金触媒・白金触媒への代替可能性があります。
    銅は貴金属である金・銀と同じ第11族元素であるため同様の触媒作用が期待されていますが、極端に酸化しやすい特性から触媒での利用が難しいとされていました。
    また、銅ナノインクなどへの応用可能性があります。

    【技術・ノウハウの活用の流れ】
    本技術の活用や製品開発に興味がある方はお気軽にお問合せください。
    技術詳細をご紹介させていただきます。

    【専門用語の解説】
    (光還元法)
    光によって誘起される還元反応です。本研究では市販のUV光源を用いています。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

オープンイノベーション推進ポータル

厳しい国際競争に勝ち抜くため、企業の研究開発戦略の手法として、産学連携・産産連携など外部の技術/ノウハウを有効に活用する「オープンイノベーション」が注目されています。 斬新な製品開発、付加価値の高い要素技術の確立、技術課題の効率的な解決、研究開発コスト削減など、オープンイノベーションは大きなメリットをもたらします。

ミッション

企業が外部機関を有効に活用する「オープンイノベーション戦略」を推進するための情報プラットフォームとなるべく立ち上げました。以下の指針に基づき、大学・企業の技術/ノウハウ/開放特許を結集

企業情報

企業名
株式会社キャンパスクリエイト
事業内容
「お客様の課題解決をオープンイノベーションで実践する広域TLO」をスローガンに様々なサービスを提供しています。
・産学官連携
・国際連携
・包括コンサルティング
・人材ソリューション
・シニア技術者の技術支援サービス
・ビジネスパートナー募集

他にも産業振興・地域振興のプロジェクト運営、自社での研究開発・製造・販売など様々な業務を行っています。
事業スキーム
当社のサービスは大きく2つの事業スキームから成り立っています。
・技術移転マネジメント事業
企業様のニーズに応じた産学連携のコーディネートを行っています。また、大学の技術を知的財産化し企業様へライセンスする活動や、大学発ベンチャーの立上げ支援などを行っています。

・ソリューション事業
企業様のニーズに応じて、マーケティング支援や公的支援事業の活用支援、人材支援など様々なソリューションを提供しています。

・広域的な連携体制
国立大学法人電気通信大学を活動拠点としつつ、様々な大学・企業と提携しています。
当社は国立大学法人電気通信大学から技術移転に関する業務委託を受け、発明の権利化を共同で行いながら、技術移転活動を行っています。

・オープンイノベーション推進ポータル
「オープンイノベーション推進ポータル」を運営し、様々な大学のシーズ、大学発ベンチャーの製品、産学連携による研究開発成果など、先端技術をご紹介しています。
 マッチングイベントなどの企画運営
 産学連携や地域の振興に繋がるイベントを企画しています。
 産業振興・地域振興
所在地
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 国立大学法人電気通信大学産学官連携センター内
設立年月日
1999
外資区分
非外資
代表者名
企業URL
http://www.campuscreate.com/
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
上場区分
非上場
株主
主要顧客