eiicon

株式会社グラフィシア

ニーズ:
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
事業提携
資金調達
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
更新日:2017/10/21

自社特徴

■自社特徴
スクリプトから動画を合成するエンジンPENCILを独自に開発。自社ブランドの動画編集ソフトでの10万人以上のユーザーが利用しているほか、多くのソフトベンダー、SI企業にライセンス提供実績がある。
技術的難易度が高い動画生成技術を気軽に使える仕組みを提供し、あらゆるコミュニケーションシーンで手軽に動画が活用できる基盤を提供する。
■ビジョン・特徴など
「誰でも動画でメッセージやストーリーを表現できる」をミッションに掲げ、元セイコーエプソンのPCソフトエンジニアが動画専門のソフトウェアベンダーを起業。
動画関連の技術開発に特化し、小規模ながら高品位なソフトウェアコンポーネントを提供。

提供リソース

  • ・映像合成エンジンPENCIL公式サイト http://grafficia.com/pencil/
    オンプレ/クラウドサーバーPC上でスクリプト通りの動画データを自動生成するシステムを構築できます。
  • ・Windows用動画/画像編集・加工アプリケーションの開発

実績

※サンプルムービーは公式サイトへ http://grafficia.com/pencil/
日立ソリューションズ東日本:スマホアプリ「たびろくムービーズ」
大手写真館用:スライドムービー作成システム

一緒に何をしたいか

・自分だけの動画でメッセージやストーリーを伝えるサービスを作りたい
・見る人ごとに違う内容の動画(パーソナライズド動画)を使ったPRシステムを作りたい
・イベントや店舗をオリジナル動画で演出したい

そんなニーズを形にする「オリジナル動画生成サービス」を展開されたい事業者様のパートナーとして弊社の持つ技術・人的リソースを提供いたします。
事業提携により、ゼロベースからの立ち上げに弊社が参画。技術的なリスクはもちろん、過去の成功・失敗事例を元にしたノウハウをフル活用して、「私だけの動画」を使った驚きをエンドユーザー様へ共にお届けしましょう。

メッセージ

下記のニーズを持つパートナー様に企画・設計段階から関わり、あらゆる角度から導入を支援いたします。
・オリジナル動画を自社事業に活かしたい企業様
・動画生成機能を新規事業の差別化ポイントにしたい企業様

動画活用は事前の効果予測が難しく社内の了解が得にくいジャンルです。
弊社の技術資産,過去実績を基に動画特性を最大限発揮した仕組みをパートナー様と共に創出いたします。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

二村 尚

動画コンテンツが注目を集める中、効果的に利用できている事業とただ動画を使っただけでユーザー価値につなげられなかった事業と大きな差が出ています。
動画は見る人の気持ちを動かす用途で大きな効果をもたらす反面、情報を整理して伝える用途には向いていません。
私は2003年より動画でメッセージやストーリーを表現する仕組み作りに従事して参りました。動画の尖った特性をしっかり把握し、ユーザーとパートナー様が動画を通じて繋がるシステム作りのお手伝いをいたします。

ミッション

画像・動画・音声・文字を自由に組み合わせて演出できる映像合成エンジン PENCIL を使った動画生成サービスの開発をサポートします

経歴

1997年~2009年 セイコーエプソングループのエー・アイ・ソフト株式会社でコンシューマー向けPCソフトの企画・開発に従事。
2003年より、フォトムービーソフト「デジカメde!!ムービーシアター」のプロジェクトリーダーとして立ち上げ・企画・設計・開発を担当。
2010年 個性的な動画生成ソリューションを開発する専門のソフトベンダーとして(株)グラフィシアを設立

企業情報

企業名
株式会社グラフィシア
事業内容
映像・画像編集アプリケーションの企画・開発・販売
自社開発のグラフィックエンジン PENCIL の開発およびライセンス提供
映像生成ソリューションのコンサルティング・プロトタイプ開発
所在地
長野県松本市渚2-9-11
設立年月日
2010
外資区分
非外資
代表者名
二村 尚
企業URL
http://grafficia.com
従業員数
〜10人未満
平均年齢
資本金
5百万円〜1千万円未満
上場区分
非上場
株主
取締役, (株)あきない総合研究所 KATANAファンド 1号
主要顧客
(株)クレオ,日立ソリューションズ東日本(株),(株)ペガシス,(株)管理工学研究所,(株)キャドセンター,(株)フェリカネットワークス(株),プラスユニット(株)