高砂熱学工業株式会社

自社特徴

【環境クリエイターとして、豊かに暮らせる未来の地球を創る】


私たち高砂熱学工業は、大型オフィスビルや商業施設、工場、病院など、様々な用途の施設に対して空調を軸とした総合的なシステムエンジニアリングを提供しています。空調設備の設計・施工で国内トップシェア。グローバルにも事業を展開しています。

1923年の創業以来、快適な室内環境を創造しつづけてきた私たちだからこそ、働く人にも、社会にも、もっと心地よい環境を届けたいと考えます。そこで、「現場での働き方をよりスマートに」、「オフィス環境に新たな体験価値を」、「持続可能な未来の社会へ」といった3つのテーマを設定し、アクセラレータプログラムを実施します。

過去2回のプログラムでは、現場業務の効率化に向けたサービスを共同開発し、グループ会社の設備管理現場への本格導入を開始。

3回目となる今回のプログラムでは、経営企画、開発、事業統括の各部門、およびグループ事業会社のコミットのもと、さらにスピーディーに実現可能性を高めるインキュベーション体制を構築。また、普段は立ち入ることができないような建設現場や、ビルの電気室や機械室など、貴重な「現場」というリソースを提供することも可能です。その他にも、技術や顧客基盤など豊富なリソース・アセットも用意。

建設業界から周辺の業界へ、さらには世界の様々な国・業界に広げていけるような新しいサービスを生み出したいと考えています。豊かに暮らせる未来の地球を共に創るパートナー企業をお待ちしております。

▼詳細はこちら
https://eiicon.net/about/takasago-accelerator2020/

提供リソース

  • ■本格的な事業化を目指すインキュベーション体制
    プログラム採択企業は、事業化検討に向けたインキュベーションを進めていきます。(1社あたり上限約500万円の事業検証費用をご用意)

    ■開発部門によるサポート
    事業部の課題に基づいたテーマに対して、課題を熟知した開発部門のプロジェクトオーナーがフルコミットでサポート。現場に精通した社員との共創で、実現可能性を高めます。

    ■実証実験フィールドの提供
    建設現場・設備管理現場、当社オフィスなどの実証実験フィールドを提供します。今春新設されたR&D施設「高砂熱学イノベーションセンター(茨城県つくばみらい市)」をご活用いたくことも可能です

実績

<共創実績事例>
■LiLz社との、IoTカメラと機械学習を活用したメータ自動読み取りサービスの共同開発。
設備管理の現場業務の効率化と品質向上を目的として、IoTカメラと機械学習でメーターの読み取りを自動化するクラウドサービス「LiLz Gauge(リルズゲージ)」をLiLz株式会社と共同開発。現場での実証実験を経て、サービス開始に向け2020年2月よりカメラ量産開始。(※第1回高砂熱学工業アクセラレータ採択事例)

■NAIN社との、ヒアラブルIoTデバイスを活用した音声点検サービスの共同開発。
建設・設備管理の現場の作業効率の大幅な向上・作業員の負担軽減を目的として、ヒアラブルIoTデバイスを活用した音声点検サービスを株式会社ネインと共同開発。現場での実証実験を経て、2020年春にサービス開始予定。(※第2回高砂熱学工業アクセラレータ採択事例)

■HAKUTO-Rプログラムにおける月面での水電解ミッションへの挑戦。
月面でのエネルギー生成の実現を目的として、株式会社ispaceが進める月面探査計画HAKUTO-Rに参画。高砂熱学工業が培った水電解技術を用い、2023年に月面にて水を水素と酸素に電気分解する実証実験を実施予定。

  • 2020年春に新設されたR&D拠点「高砂熱学イノベーションセンター(茨城県つくばみらい市)」
  • 本格事業化に向けた万全体制でお待ちしています!
  • 業界のリーディングカンパニーとしての確かな実績

一緒に何をしたいか

以下の3つのテーマに基づいた共創を目指します。

【1】建設/設備管理 現場の効率化・自動化

<求める技術など>
AI、IoT、ロボット、ドローン、3D計測、画像認識、XR、スマートデバイス、遠隔コミュニケーション etc.
<具体例>
◎IoT活用による、現場資機材管理の効率化
◎VR・AR活用による、プレゼンテーションの効率化
◎遠隔操作ロボットやスマートデバイス活用による、現場監視・作業指示の効率化
◎ドローンと3D計測技術による、現場進捗管理の効率化・自動化
◎画像認識・センシング技術による、巡回・巡視点検の効率化・自動化 etc.
<提供できるリソース>
◎日本国内で稼働中の、約600件の大規模施設の建設現場
◎日本国内の約120施設における設備管理現場

【2】オフィスで働く人のウェルネスを向上させる環境づくり

<求める技術など>
AI、IoT、バイタルセンシング、スマートデバイス、感情解析、空間可視化 etc.
<具体例>
◎個々の執務者の感覚/動作のセンシング結果に基づく、パーソナライズされたオフィス環境づくり
◎オフィスで働く個人やチームの生産性を高めるIoTサービス開発
◎無線センサ/スマートデバイス等を活用した、室内温熱環境の可視化 etc.
<リソース>
◎年間約100件の大型オフィスビル施工を手掛ける、高砂熱学の顧客ネットワーク
◎当社R&D施設の試験環境提供
◎空調のスペシャリストによる技術支援

【3】循環型社会の実現に向けた環境ビジネス創造

<求める技術など>
資源リサイクル、再生可能エネルギー、水と熱の再利用、休耕地・遊休施設活用 etc.
<具体例>
◎バイオマスや廃棄物等の有価物(材料、製品、燃料)への変換
◎休耕地や遊休施設のリノベーションによる循環型社会の実現
◎AIやIoTを活用した上記取組の効率化や自治体連携によるサービス提供 etc.
<リソース>
◎自治体とのネットワークを通じたまちへの実装の推進
◎当社R&D施設の試験環境提供
◎熱とエネルギー、水処理技術等のスペシャリストによる技術支援
(取り組み事例)
・資源作物(エリアンサス)を利用した休耕地のリノベーション
・吸着蓄熱による廃熱の有効利用

メッセージ

私たちは過去にも2回のアクセラレータプログラムを実施してきましたが、3回目となる今回のプログラムではさらに運営体制を強化。本プログラムを全社的な取り組みとして位置づけ、グループ全体の経営戦略や新事業企画を統括する経営企画部がプログラム全体をリードし、そこに開発部門やグループ事業会社が参画する体制としました。これにより、プロジェクトに必要な人材等の社内リソースをこれまで以上に柔軟かつスピーディーにアサインし、より強力に採択企業の取り組みをサポートできるようになりました。さらに、この春に新設された「高砂熱学イノベーションセンター」を共創の場として活用いただくことも可能になりました。

本プログラムでは、高砂熱学工業が100年近い歴史の中で蓄積してきたアセットやリソースをパートナー企業の皆様とシェアし、世の中にインパクトを与える革新的なサービスを創造したいと考えています。
建設業界から周辺の業界へ、さらには世界の様々な国・業界に広げていけるような新たなサービスを共に生み出しましょう!

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・法人登記がなされていること。企業規模は問わない。
・プロダクトや技術をお持ちであること。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

室長

秋山貴洋

建設業界から周辺の業界へ、さらには世界の様々な国・業界に広げていけるような新しいサービスを一緒に創っていきましょう!

所属部署

経営企画本部 経営企画部 フロンティアビジネス開発室

ミッション

高砂熱学工業の社是・経営理念を体現する新たな事業を、中長期の視点で検討し、立案する。

経歴

2000年入社。大学病院、オフィスビルの空調設備の施工管理に携わった後、R&D部門にてクリーンルーム等の産業空調の技術開発に15年間従事。2017年からは新規事業開発部門にてオープンイノベーションの推進役となり、アクセラレータプログラムの立上げを担当。2020年4月に経営企画本部経営企画部に異動し、現在、全社的な取り組みとしてアクセラレータプログラムを牽引する役割を担っている。

企業情報

企業名
高砂熱学工業株式会社
事業内容
高砂熱学グループは、「技術の高砂」としての技術力・開発力をはじめとする強みを常に磨き続けながら、
あらゆる用途のビル、工場、施設に対し、建築設備のライフサイクル全体にわたるソリューションを提供しています。
私たちは、脱炭素社会への貢献を目指して、人にやさしい快適空間の創出、高品質な製品の製造環境づくり、最新の省エネルギー運用などの社会的価値を創出しています。
所在地
東京都新宿区新宿6-27-30新宿イーストサイドスクエア12階
設立年月日
1923
外資区分
非外資
代表者名
小島和人
企業URL
https://www.tte-net.com/
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上
上場区分
上場

メンバー