eiicon

アドウェル株式会社

3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
スタートアップ
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
事業提携
資金調達したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
ピッチイベント実施
新市場の模索
FoodTech
ヘルスケア
ヘルスケア
AdTech
ビックデータ
課題解決No.2「飢餓をゼロに」
課題解決No.3「すべての人に健康と福祉を」
課題解決No.11「住み続けられるまちづくりを」
更新日:2018/11/09

自社特徴

買い物から栄養管理
食のヘルスケアアプリ「SIRU+(シルタス)」を開発しています。(※特許出願中) 

ヘルスケア分野はウェアラブル端末やIoT技術の発達により、運動量や睡眠の質などの情報を容易に記録できるようになりました。しかし、食に関する情報は毎回の食事ごとに手動での記録(入力・撮影など)をしていくことでしか、栄養の偏りを知る術がなく、その作業は大きな負担になります。よって、多くの人が現状摂取できている栄養の過不足を把握できていません。

「SIRU+」は日常の食生活の偏りと、それらを改善するためのアクションを手間なく、誰もが知ることができるアプリです。シルタスは、食事の前段階である買い物に着目し、買い物の癖を分析することで、栄養偏向を見える化します。栄養偏向を改善するために食べたほうがいい食品やレシピをレコメンドし、普段買い物をしているお店で健康な食生活づくりに取り組んでもらえます。

提供リソース

  • 「SIRU + (シルタス)」は、スマートフォンで使える
    健康管理アプリ です。
    ●特徴
    ・食べたいものを食べて健康になる
    ●主な機能
    ・購買データからの栄養分析アルゴリズム
    ・食品リコメンド機能
    ・買い物補助機能

実績

●ヒストリー / 受賞歴等
2018年 「経産省主催電子レシートアプリコンテスト」最優秀賞
2018年 「第三回日本アントレプレナー大賞」ヘルスケア部門賞
2018年 「NEDO主催 電子レシート実証実験」参画
2018年 「クックパッド・アクセラレータープログラム」採択
2017年 「 KOBE GLOBAL STARTUP GATEWAY」採択
2017年 「神戸市主催 Urban Innovation KOBE」ファイナリスト

  • 買い物から栄養管理
  • 買物の癖を見える化
  • 食べたいものを食べて健康に

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

小原 一樹

ミッション

「不健康になるかも」という不安からの解放

経歴

ID-POSデータをヘルスケアに活用することをテーマとして、大手流通との概念検証をきっかけに2016年11月にアドウェルを設立。購買データから消費者の「食の嗜好性」と「健康志向性」を導き出す『嗜好学習性AI』を開発。健康行動を人のモチベーションに委ねるのではなく、意識せずに自然と健康行動が習慣化される仕組みづくりを目指す。また、購買データと医療データの紐付けをし、特徴量の抽出なども手掛ける。経済産業省所管のNEDOの「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」にも参加。

企業情報

企業名
アドウェル株式会社
事業内容
買物から栄養分析
食のヘルスケアアプリ「SIRU+(シルタス)」を開発。(※特許出願中)
ヘルスケア分野はウェアラブル端末やIoT技術の発達により、運動量や睡眠の質などの情報を容易に記録できるようになりました。しかし、食に関する情報は毎回の食事ごとに手動での記録(入力・撮影など)をしていくことでしか、栄養の偏りを知る術がなく、その作業は大きな負担になります。よって、多くの人が現状摂取できている栄養の過不足を把握できていません。

「SIRU+」は日常の食生活の偏りと、それらを改善するためのアクションを、誰もが手間なく知ることができるアプリです。「SIRU+」は、食事の前段階である買い物に着目し、買い物の癖を分析することで、栄養偏向を見える化します。栄養偏向を改善するために食べたほうがいい食品やレシピをレコメンドし、普段買い物をしているお店で健康な食生活づくりに取り組んでもらえます。
所在地
東京都渋谷区恵比寿4−20−3恵比寿ガーデンプレイス12F(Cookpad Inc.)
設立年月日
2016
外資区分
非外資
代表者名
小原 一樹
企業URL
http://adwell.co.jp/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
32
資本金
3千万円〜1億円未満
上場区分
非上場