京浜急行電鉄株式会社

自社特徴

「リアルとテクノロジーの融合による新しい顧客体験」をテーマとし、「①沿線地域にこれまでにない新しい体験を付加するもの」と「②既存事業領域をデジタルテクノロジーでアップデートするもの」の2つの方向性で、スタートアップとの事業共創を進めます。テーマ領域は「Mobility」「Living」「Working」「Retail」「Entertainment」「Connectivity」の6つを設定します。本プログラムの採択企業は、京急グループの事業基盤を活用したテストマーケティングを行いながら事業共創を図ります。

オープンイノベーション拠点「AND ON SHINAGAWA」のオフィススペースの提供や、大企業などで構成される「AND ONパートナー」との連携を図り、採択企業の成長や製品・サービスの社会実装のさらなる加速を目指します。

テストマーケティング等の検討結果を踏まえ、京急電鉄との資本業務提携を視野に入れた事業共創を図ってまいります。

提供リソース

  • 【交通領域】
    都心と羽田空港、三浦半島を結ぶ
    鉄道を中心にバス、タクシーを運行。
    ・【不動産領域】
    マンション分譲、オフィス賃貸などを沿線を中心に展開。
  • 【レジャー・サービス領域】
    ビジネスホテルやリゾートホテル、水族館、温浴施設、マリーナなどを運営。
    ・【流通領域】
    百貨店、ショッピングセンター、スーパーマーケットを沿線を中心に展開。
  • 【その他】
    駅広告、保育園、空き家活用、リフォーム事業などを展開。
    ・【協力・サポーター】
    横浜市、横須賀市、三浦市

実績

2017年からスタートした「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」は今期で3回目となり、2期目から京急電鉄とサムライインキュベートがタッグを組んで実施しています。これまで12社を採択し、京急グループと8件のテストマーケティング(実証実験)を実行しています。

一緒に何をしたいか

Mobility(移動)
例:
①パーソナルモビリティ、デマンド型交通、水上交通、エアモビリティなど
②配車、案内、チケッティング、点検業務などにおけるテクノロジーの活用

Living(暮らし)
例:
①地域情報の統合、防犯・防災、住宅向けモビリティ、シェアリングサービスなど
②賃貸仲介、新規物件の販売・分譲、タウンマネジメントなどにおけるテクノロジーの活用

Working(働く)
例:
①オフィスとモビリティの連動、出張の手配、オフィス向けの飲食サービスなど
②リーシング、点検業務、警備、清掃などにおけるテクノロジーの活用

Retail(買い物)
例:
①体験型店舗、パーソナル・リコメンド、デジタル広告、無人店舗など
②リーシング、需要予測・分析、仕入れ、配達、物流などにおけるテクノロジーの活用

Entertainment(遊び)
例:
①観光資源の発掘・活用、パーソナル・リコメンド、位置情報やVRを活用したゲームなど
②宿泊・娯楽施設の需要予測、分析、ガイド、警備、清掃などにおけるテクノロジーの活用

Connectivity(つなぐ)
例:
①複数領域をまたぐ検索・予約・事前決済、リコメンド、送客など
②各事業領域におけるデータの統合、分析、予測などにおけるテクノロジーの活用

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

「京急電鉄の目指すビジョン」に共感していただけること

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

新規事業企画室 主査

橋本雄太

テクノロジーを活用し、移動を起点とした豊かなライフスタイルを生み出し、日本社会の持続的発展に寄与することが鉄道会社の使命です。当社の持つ様々な経営基盤を活用し、京急沿線からイノベーションの社会実装を図っていきましょう。

所属部署

新規事業企画室

沿線地域の持続的発展に資する新規事業の企画・立案を担当。「京急アクセラレータープログラム」を通じた協業、スタートアップへの投資などを実行

ミッション

「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出」

経歴

新聞社、外資系コンサルティングファームを経て、現職。オープンイノベーションによる新規事業創出を目指し、アクセラレータープログラムを企画・運営、オープンイノベーション拠点「AND ON SHINAGAWA」の立ち上げなど、主にスタートアップとの事業共創を進めている。

企業情報

企業名
京浜急行電鉄株式会社
事業内容
交通事業、不動産事業、レジャー・サービス事業、流通事業、その他事業
所在地
東京都港区高輪2-20-20
設立年月日
1898
外資区分
非外資
代表者名
原田一之
企業URL
http://www.keikyu.co.jp/
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上
上場区分
上場
主要顧客
沿線を中心とする地域住民、企業、訪日外国人など。鉄道は毎日250万人以上が利用しています。

メンバー