eiicon

京浜急行電鉄株式会社

大手企業
上場企業
事業提携
ジョイントベンチャー設立
ラボ設立
出資したい
資金調達したい
買収したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
ピッチイベント実施
ネットワーキング
IoT
AI
働き方改革
ディベロッパー
レジャー・テーマパーク・ホテル
交通インフラ
少子高齢化
働き方改革
課題解決No.11「住み続けられるまちづくりを」
更新日:2018/10/07

自社特徴

京急電鉄では、事業創出プログラム「KEIKYUアクセラレーター」プログラムを実施しています。
KEIKYUアクセラレーターは「次の120年に羽ばたくイノベーション」をキーワードに、京急沿線の暮らしと、その先にある未来を豊かにするための革新的な世界を創造する起業家・事業家を募集します。

スタートアップ企業の誰もがまだ気づいていないアイデア、スピード、実行力と、2018年に創立120周年を迎える京急グループのリソース、ブランド、専門のメンタ―陣を、日本のリーディング・コーポレートアクセラレーターである01Boosterのサポートによって組み合わせることで、革新的な事業を興し、その事業を急成長させることを目指します。

日本の玄関口である羽田空港国際線ターミナル駅を沿線に持つ京急電鉄の強みを活かし、国内のベンチャー企業を海外に、海外のベンチャー企業を国内に展開するためのサポートも行っていきます。

提供リソース

  • 【交通領域】
    都心と羽田空港、三浦半島を結ぶ
    鉄道を中心にバス、タクシーを運行。
    ・【不動産領域】
    マンション分譲、オフィス賃貸などを沿線を中心に展開。
  • 【レジャー・サービス領域】
    ビジネスホテルやリゾートホテル、水族館、温浴施設、マリーナなどを運営。
    ・【流通領域】
    百貨店、ショッピングセンター、スーパーマーケットを沿線を中心に展開。
  • 【その他】
    駅広告、保育園、空き家活用、リフォーム事業などを展開。
    ・【協力施設・団体】
    情報通信技術(ICT)の国内最大規模の研究開発拠点であるYRP(横須賀リサーチパーク)も本プログラムに協力しています。

実績

KEIKYUアクセラレーターを2017年10月より実施し、計7社との協業を推進。2018年度より数百万円から数千万円の投資枠も新設。

一緒に何をしたいか

モビリティ、都市開発、ライフスタイルサービス、インバウンドツーリズム、次世代テクノロジーはもとより、その他の領域も歓迎です。事業領域は広く捉えてください。京急グループのリソース、ネットワークの活用を視野に入れることも歓迎しますが、必須ではありません。
事業領域は広く捉えてください。交通事業(鉄道、バス、タクシー)、不動産事業、レジャー・サービス事業、流通事業など、京急グループの既存事業分野に限らず、京急グループとともに沿線のイノベーションに挑戦するようなアイデアも歓迎します。AR/VR、AI、ロボティクス、ドローン、IoTなどの新たなテクノロジーを用いたアプローチも歓迎致します。
京急グループのリソース、ネットワークの活用を視野に入れることは、必須ではありません。
対象とする市場は国内に限らず、グローバル展開を想定するビジネスも歓迎します。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

当社との事業共創によって新しい価値を提供したいという志をお持ちの方。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

新規事業企画室 主査

橋本雄太

日本の社会構造の変化に立ち向かい、持続的発展を担っていくことが鉄道会社の使命です。当社の持つ様々なリソースを活用し、京急沿線から日本を変えていきましょう。

所属部署

新規事業企画室

沿線地域の持続的発展に資する新規事業の企画・立案を担当。スタートアップや大企業等との事業共創を目指し「KEIKYUアクセラレーター」を実施するなどオープンイノベーションを推進。

ミッション

鉄道会社のビジネスモデルのアップデート。京急沿線から日本を変える事業創造。

経歴

新聞社、外資系コンサルティングファームを経て、現職。オープンイノベーションによる新規事業創出を目指し、アクセラレータープログラムを企画・運営し、スタートアップ企業との事業共創を進めている。

企業情報

企業名
京浜急行電鉄株式会社
事業内容
交通事業、不動産事業、レジャー・サービス事業、流通事業、その他事業
所在地
東京都港区高輪2-20-20
設立年月日
1898
外資区分
非外資
代表者名
原田一之
企業URL
http://www.keikyu.co.jp/
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上
上場区分
上場
主要顧客
沿線を中心とする地域住民、企業、訪日外国人など。鉄道は毎日250万人以上が利用しています。