株式会社ビオロジックフィロソフィ

スタートアップ
プロダクト(製品)共同開発
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
事業提携
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
新市場の模索
地方創生
その他
住宅
再生可能エネルギー
課題解決No.7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
課題解決No.12「つくる責任つかう責任」
課題解決No.13「気候変動に具体的な対策を」
更新日:2018/06/06

自社特徴

持続可能なライフスタイルに、誰もがアクセスできる機会を提供し、「本質的に豊かな暮らし」と「社会課題の解決」を両立する”ライフスタイルイノベーション”を起こすことで、世界をより良い方向に変えていくことが当社事業のミッションです。

ヨーロッパのサステナビリティを徹底したホテルブランド「BIO HOTEL」との公式提携を中核とし、BIO HOTELを総合ライフスタイルブランドに置き換え、ブランドをプラットフォームにあらゆる分野にわたるエコシステムの構築により様々なソリューションを提供しています。

ライフスタイルを構成する製品・サービス・空間に対し、循環型経済「サーキュラーエコノミー」の実践を追求していくことに特徴があります。

提供リソース

  • ・宿泊施設、住宅等のサステナブルコンセプトプロデュース並びにBIO HOTEL認証付与
    ・各種製品・サービスのプロデュース並びにBIO HOTEL認証またはライセンス付与
  • 小規模・分散・自立型再生可能エネルギーシステム・設備の企画・運用
  • サステナビリティに関するエコシステム構築

実績

・サステナブルコンセプト宿泊施設のプロデュース、認証、マーケティング 3施設

・住む人の健康と環境・社会への配慮を徹底した住宅のプロデュース・認証

・石川県羽咋市グリーンツーリズム企画・実施

・ユニフォームメーカー 新ブランドプロデュース、販路開拓(サステナブルコンセプト)

・スニーカーブランドプロデュース(全て生分解性素材)

・小規模・自立・分散型再生可能エネルギーシステム・設備の導入(温泉排湯熱利用)

  • 2015年5月カミツレの宿 八寿恵荘 BIO HOTEL認定
  • 2016年4月おとぎの宿 米屋 BIO HOTEL認定
  • 2018年2月ギフトショー特別展示イベントプロデュース

一緒に何をしたいか

「より健康で豊かな暮らし」と「環境・経済・社会課題解決」を両立するライフスタイルに、あらゆる人がアクセスできる機会と選択肢をデザインし、サステナビリティをスタイルに、文化にすることが事業目的です。

そのために、BIO HOTELブランドをプラットフォームとして、持続可能な社会への移行を加速するエコシステムの構築を行なっています。

協業により、ブランド価値向上とエコシステムの拡大を図り、持続可能な社会市場での圧倒的アドバンテージを獲得できます。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

中石 和良

持続可能な社会の実現に向けてリーダーシップを取りたい企業とご一緒したいです。

所属部署

代表取締役

ミッション

「豊かな暮らし」と「社会課題解決」を両立する持続可能なライフスタイルに誰もがアクセスできる機会と選択肢を提供し、世界をより良い方向に変えていくこと。

経歴

松下電器産業(10年)、富士通(10年)での経理財務キャリアをベースに、ITベンチャー、食品商社、ブルーオーシャンサービス企業での経営企画、経営

企業情報

企業名
株式会社ビオロジックフィロソフィ
事業内容
「豊かな暮らし」と「環境・社会・経済的課題解決」を両立できる持続可能なライフスタイルに、誰もがアクセスできる機会と選択肢を生み出すことで、加速持続可能な社会への変革を加速するためのプラットフォーム事業。
今日本は、世界が経験したことのない急激な人口減少・高齢化を中心とした社会経済システムは様々な課題を抱え、大きな変革を求められている一方で、SDGsやパリ協定、サーキュラー・エコノミーなど持続可能な社会実現に向けた国際社会の潮流の中で、欧州、米国、中国から遥か後方に取り残されている。
環境・社会・経済の課題を統合した課題解決エコシステムの構築のプラットフォームとして、持続可能なライフスタイルを実現し、新たな文明社会への改革を加速する。
事業の起点として、世界で唯一ゲストの健康と環境配慮に関する厳しい規約を有するヨーロッパのホテルブランド「BIO HOTEL」と公式提携し、持続可能なライフスタイルを体験できる場所として設定。
さらに「BIO HOTEL」を単なるホテルブランドではなく総合ライフスタイルブランドに置き換え、ホテル(宿泊施設)を事業の象徴としながら、空間、製品、サービス、ツーリズム等持続可能なライフスタイルのための様々な機会と選択肢を生み出している。
尚、2028年4月17日に閣議決定された「第五次環境基本計画」における6つの重点戦略に密接に連動します。
所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-16-703
設立年月日
2013
外資区分
非外資
代表者名
中石和良
企業URL
http://biohotels.jp
従業員数
〜10人未満
平均年齢
50
資本金
〜5百万円未満
売上
30 百万円
上場区分
非上場
株主
本人
主要顧客
株式会社三越伊勢丹、株式会社全日空商事、JAはくい、株式会社ロフト、阪急阪神百貨店