中京テレビ放送株式会社

VR
AR
ビックデータ
メディア(News・動画等)
エンタメ
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
出資したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
大手企業
3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
更新日:2018/01/16

自社特徴

1100万人にリーチできる放送網と配信設備、数々のコンテンツ制作で培った企画力で、先進的な取り組みを次々に仕掛けていく。


1969年に開局した中京テレビは、愛知・岐阜・三重という3県をカバーし、450万世帯1100万人の視聴者に向けて多種多様なテレビ番組を届けています。視聴率も長年好調を維持しており、2017年度上期においても「視聴率三冠王」を達成しました。

2016年11月には再開発地区「ささしまライブ」に新社屋を設立。東海エリアでトップクラスの400㎡を超える広さと4Kに対応し、最新技術を有したスタジオも完備しています。リアルな場でのイベントや、新しい街づくりの取り組みの場があります。

また、動画配信プラットフォーム「Chuun」でのコンテンツ配信や、ハッカソン「HACK-CHU!」の開催など、テクノロジーを活用した取り組みも積極的に行っています。

「ユーザー体験に革命を起こすテレビの未来」を、スタートアップと共に創る。


テレビを取り巻く環境が変化する中、テレビの枠に留まらない人々の「体験」を創出するべく、『CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM』を始動しました。

このプログラムを通して、コンテンツ産業の未来を変える「インターネット時代の新しいテレビの形」をスタートアップと共に創出したいと考えています。2020年の未来を見据え、先端テクノロジーや新デバイス、データ活用を通じて、未来の体験を実現しましょう。

提供リソース

  • 東海エリア全域をカバーする450万世帯の顧客基盤へアプローチ
  • スタートアップのサービスと連動したテレビ番組の共同制作・配信・各種設備の提供
  • インターネットチャンネル「Chuun」での共同番組制作・配信
    ・中京テレビアナウンサーの利活用
    ・観劇型イベント、番組関連イベント、子供向けテーマパークとの連携
    ・中京テレビ・サムライインキュベートからの出資検討や、その他業界のトップランナーからの定期メンタリングと出資検討

実績

●地元ベンチャー企業㈱スタメン、ジャフコのベンチャーファンド、Hulu、JOCDNへの出資
●動画配信サービス「Chuun」のローンチ
●女性による女性のためのアカデミー「DEAR DEA」の開校
●ハッカソン「HACK-CHU!」の実施
●名古屋大学による起業家支援プロジェクト「トンガリ」への協賛
●ベンチャー関連トークイベントへの協賛・会場提供

  •           最新設備を備えた番組制作環境
  •          充実したエリア情報のデリバリー
  • 新しい街名駅地区ささしまライブから新しいものを生み出します。

一緒に何をしたいか

以下3つの募集テーマ実現を目指しています。

テーマ① 「コンテンツのリッチ化」

先端技術やデバイスを活用し、エンタメ、リアルコンテンツ、デジタルコンテンツを進化させるICTサービスの実現。具体的には、ユーザーに体験型・参加型のコンテンツのリッチ化をもたらすVR/AR等のサービスなどを想定。(観劇型イベントでのテストを実施)

テーマ② 「映像の利活用」

番組制作時の映像を利活用し、ネットやデジタルと連携/連動して新しい価値を生む Eコマースや動画メディアの実現。具体的には、TVドラマやバラエティ番組中にユーザーが「欲しい」と思った商品をAIが探し、その場で購入できる新型ECサービスなどを想定。(番組連携での実証実験を検討)

テーマ③ 「生放送2.0」

生放送の視聴価値を向上させる、リアルタイム性の高いスマホ等を活用した視聴者参加型の番組やサービス、新しい技術によるニュースギャザリング手法の開発、データ解析を駆使した新しい生放送の演出などの実現。具体的には、生放送とシナジーがあるクラウドファンディングやICO等の生放送連動型サービス開発などを想定。(番組連携での実証実験を検討)

メッセージ

テレビを取り巻く環境が大きく変化している中、自社のリソース・アセットとスタートアップのみなさんの力を掛け合わせることで、「テレビの未来」を創っていきたいと思っています。

ソフト面で言えば、エリアNO.1のタイムテーブル(番組ラインナップ)を提供してきたノウハウはもちろん、映像ライブラリーやアナウンサー人材の利活用、タレント・放送作家のブッキングといったアセットも提供可能。さらに、2017年10月に街びらきした名古屋駅地区ささしまライブに本社拠点があるため、新しい街づくりへ参加するチャンスもあります。

ハード面においては、新社屋建設による最新の放送インフラの提供が可能。4K素材の制作環境や4K対応スタジオも完備していることに加え、収録に関する制作技術や電波に関するノウハウ、固定情報カメラ、各種放送データなどの活用もできます。

社長を含め経営層も『CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM』にコミットしており、私たちと本気で「テレビの未来」を創ろうというスタートアップからのご応募をお待ちしております。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・コンテンツのリッチ化をもたらすVR/AR等のサービスや技術を持つ企業
・ネットやデジタルと連動し新たな価値創出ができるコマース・メディア
・生放送の視聴価値をあげることができるユーザー参加型のサービスを展開する企業(クラウドファンディングなど)
・データ活用に強みを持つ企業(AI、ディープラーニング)

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

副参事

鬼頭 尚也

中京テレビは今は成熟企業と言えると思いますが、エリアの中では最も後発のテレビ局として誕生し、アイデアや知恵を頼りに成長してきた、新しいものや変わったことが好きな会社です。
当社のクリエイターやエンジニアと一緒に新しいテレビの価値を考えてくださる企業様と是非ディスカッションさせてください。

所属部署

経営企画局経営企画部

経営計画の策定及び推進、新規事業開発、M&A関係業務 等

ミッション

既成の枠にとらわれないテレビの新しい価値の発見

経歴

2002年より大手会計事務所にてM&A時の財務デューデリジェンス、企業価値評価、上場企業の会計監査等に従事。2012年から中京テレビ放送にて経理、経営企画業務を担当し、現在は新規投資やエリアに根付いたオープンイノベーションの仕組みづくりに取り組む。愛知県出身。

企業情報

企業名
中京テレビ放送株式会社
事業内容
放送法によるテレビの放送事業、放送番組の制作・販売、出版物・グッズなどの販売、文化・スポーツ事業、その他放送に関する一切の事業。
エリアは愛知・岐阜・三重の3県。日本テレビネットワーク。
所在地
愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番地11
設立年月日
1968
外資区分
非外資
代表者名
小松伸生
企業URL
http://www.ctv.co.jp
従業員数
101〜500人未満
資本金
10億円以上
上場区分
非上場

メンバー