eiicon

ソフトバンク株式会社
【2018.1.16応募締切】革新的なソリューションや技術を持つ企業×ソフトバンクのリソースで、新たな価値の創出を目指す「SoftBank Innovation Program」を実施しています!
ニーズ:
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
出資
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
更新日:2017/11/27

自社特徴

インターネットを事業基盤に、インフラやコンテンツなど幅広いレイヤーの事業を展開


通信インフラを中心に事業展開を行うソフトバンクグループは、インターネットを事業基盤とし、さまざまな事業を展開し、成長しています。

・国内通信事業:移動通信サービスの提供や、携帯端末の販売、ブロードバンドサービスの提供など
・スプリント事業:米国最大規模の移動通信サービスや、携帯端末の販売など
・ヤフー事業:インターネット広告、イーコマース、会員サービスなど
・流通事業:世界50カ国以上の拠点と100カ国以上の流通網を活かした携帯端末やPC周辺機器の販売など
・アーム事業:マイクロプロセッサーに係るIPおよび関連テクノロジーのデザインやソフトウェアツールの販売
・SVF事業:SoftBank Vision Fundによる投資事業
・その他ロボティクス、エネルギー、球団運営など

また、イノベーションカンパニーとして、社内での新規事業創出の取り組みや(コンテスト、起業家育成)、ファンドによる投資など、次世代のイノベーションへの取り組みを積極的に行っています。

ベンチャーから大企業まで、あらゆる規模の法人から募集。「情報革命で人々を幸せに」を実現すべく、商用化まで進める「SoftBank Innovation Program」


今回で第3回目となった「SoftBank Innovation Program」。
「AI as a Service」「Disrupt」「EdTech」「Home」「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)」の5つのテーマ領域で、ベンチャーから大企業まで、あらゆる規模の法人から募集し、ソフトバンクのリソースを組み合わせることで、新たな価値の創出を目指すプログラムです。
プロトタイプの開発費やテストマーケティングの実施環境などをソフトバンクが提供し、商用化を目指していきます。また、応募企業への出資も検討します。
https://www.softbank.jp/biz/innovation/

提供リソース

  • ・ソフトバンクグループが保有する通信インフラ技術、ポータルメディア(Yahoo! JAPAN)、世界100カ国・地域以上の流通網、先端技術(ロボティクスやAI)等を活用した事業化支援
  • ・プロトタイプ開発費用の提供
  • ・テストマーケティング実施の環境等の提供
    ・出資検討
    ※本プログラム資料に関する所有権は知的財産権を含め、全て応募企業が保有するものとします。

実績

リノベーションのプラットフォームを運営するリノベる株式会社と共同開発したスマートハウス専用アプリ「Connectly App(コネクトリーアップ)」。

第1回「SoftBank Innovation Program」で選考。
「Connectly App」は、世界中のIoTデバイスやウェブサービスと連携して、スマートフォンひとつでさまざまな住宅向けのIoTデバイスやウェブサービスを誰でも簡単に操作することができるアプリ。リノベるが提供する中古住宅のリノベーション事業のお客様を対象に、「Connectly App」のテストマーケティングをソフトバンクと共同で実施。

  •               プログラムの流れ
  •           ソフトバンクのリソース
  •                 タイムスケジュール

一緒に何をしたいか

以下、5つのテーマ領域で新たな価値の創出を目指しています。

●AI as a Service:人工知能技術を活用したサービス


└キーワード:画像認識 / データ解析 / 知識発見 / 音声認識 / データ分類 / コンテンツ生成 / 文書理解 / 環境認識 / 言語認識 / 動作認識 / 翻訳 / 行動計画 等

●Disrupt:先端技術を活用したサービスや、既存の概念を覆すサービス


└キーワード:シェアリングエコノミー / CtoC / PtoP / ブロックチェーン / トークンサービス / パーソナライズ / サブスクリプション / オンデマンド / 自販機、ATMの活用 / 地方創生 / アグリテック / シビックテック / SpaceTech 等

●EdTech:幼児からシニアまで幅広い世代に新たな学習機会を提供するサービス


└キーワード:プログラミング / ゲーミフィケーション / 教育ロボット / 生涯学習 / 知育 / 個別学習支援 / スマホ学習 等

●Home:家やオフィス等の室内空間を快適にするためのサービス


└キーワード:パーソナライズ / ホームオートメーション / 家事代行 / エネルギー / コミュニケーション / インテリア / 見守り / ペット / 家電 / 防犯 / 空間演出 / モビリティ連携 等

●AR / VR:ARやVRの普及に必要なサービス


└キーワード:エンターテインメント / 不動産 / リテール / 旅行 / 建築 / 社員教育 / テレプレゼンス / 教育 等

メッセージ

ソフトバンクといえば、携帯電話や通信インフラで、新規事業への取り組みは海外企業への大型投資といったイメージがあるかもしれませんが、さまざまなレイヤーの事業展開や、国内でも多くの企業との共創を進めています。
事業領域は通信インフラ技術にとどまらず、デバイスやコンテンツ、会員サービス、リアル店舗、先端技術の研究やエネルギー領域まで、幅広いレイヤーで展開しています。
産業の壁がなくなりつつある昨今、さまざまな技術やビジネス領域の「融合」を促進し、革新的なサービスを世の中に提供し続けたいと考えています。

今回は第3回となる「SoftBank Innovation Program」を通して、ソフトバンクが有するリソースを提供し、商用化に向けた取り組みを強力に進めていきます。
グローバル規模で人々に必要とされるサービスを提供したいと考えるパートナーの皆様の応募をお待ちしています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

下記条件に合致している企業様は、ぜひ応募してください。
・下記5つの領域のいずれかで、プロダクトやサービス・それらを実現できる体制を有する法人(ベンチャーから大企業まで)
「AI as a Service」「Disrupt」「EdTech」「Home」「AR/VR」
※アイデアのみの応募は受け付けておりません。
https://www.softbank.jp/biz/innovation/

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

部長

金子 雄喜

Win-Winの関係になれるパートナーを探しています。
日本だけでなく海外のソフトバンクグループの販売網を活用したいという企業の皆さま、
ぜひ、今回の「SoftBank Innovation Program」へのご応募をお待ちしています。

所属部署

プロダクト&マーケティング統括 新規事業開発室 事業開発部

移動通信や固定通信といった既存事業のアセットを活かした新規事業の検討/提案、ステークホルダーとの調整などを行う。
また、グループのヤフーとの連携を強めており、ヤフーのアセットの活用を含めた新規事業開発も検討、推進中。
主にコンシューマ領域で、オープンイノベーションの取り組みや、AR/VR領域の事業検討、ヘルスケアビジネス、担当領域の中長期計画を策定。

ミッション

ソフトバンクの移動・固定通信事業のアセットを活かした、新規事業開発、事業開発推進。
関連会社、社内関連部門への新規案件のブリッジなど。

経歴

・2003年株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア)に入社
法人営業を経て、中途採用支援サービス(DODA)の事業計画立案、予算設計業務をはじめとする事業企画・事業管理業務を担当する。
・2008年にソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)に入社、経営企画部門でモバイル事業全般の事業計画の策定、中長期計画策定、プロジェクトに関わる財務観点での収益性分析を担当する。
・2017年から新規事業開発室で、各種プロジェクトをリードする。

企業情報

企業名
ソフトバンク株式会社
事業内容
移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供
所在地
東京都港区東新橋1-9-1
設立年月日
1986
外資区分
非外資
代表者名
宮内 謙
企業URL
https://www.softbank.jp/
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上
上場区分
非上場