eiicon

株式会社リーゾ

更新日:2017/11/29

自社特徴

「リーゾ」は植物ゲノム分野の研究経験を重ねた女性研究者を中心に運営される小さなバイオベンチャーです。
子育て中の主婦ばかりで運営するほんとうに小さな会社ですが、農学・生命科学分野のご研究のブレークスルーをお手伝いすることを喜びとしてがんばっています。
研究材料からの核酸抽出がうまくいかない、低コストでSNPタイピングを行いたい、
限られた研究予算を最大限に活用して成果を出したい、優秀な実験補助者を探したい・・・
研究者さんのそんなニーズに応えています。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

門奈 理佐

リーゾはエスペラント語で「米」を意味しています。
創業の原点がイネゲノム研究であるということもありますが、母なる大地の恵みである稲のように、
「人々と共に豊かに成長し、実りの秋を目指したい」という願いを込めています。

経歴

<学歴> 
東京大学大学院農学系研究科 農芸化学専攻修士課程修了
東京大学 博士(農学)
<職歴/研究(開発)歴>
・平成元年-4年、東京大学農学部農芸化学科、同大学院農学系研究科農芸化学専攻修士課程において、微生物による多環式芳香族化合物の代謝を研究。
・平成4年-12年、「イネゲノム解析研究」に携わり、イネのゲノム地図作成、有用遺伝子単離同定を行う。平成8年、「イネ染色体上特定領域の解析のための分子マーカーの作成」で東京大学より博士(農学)を授与。
・平成12年-20年11月、株式会社植物ゲノムセンターにおいて、遺伝子発現プロファイル解析、有用遺伝子単離同定、一塩基多型(SNPs)解析等のプロジェクトを指揮。イネSNPsの網羅的解析とデータベース構築、SNPsによる米のDNA鑑定法の確立・事業化、マイクロアレイを利用した多座位同時判定法を確立し「ゲノム育種」の高速化を実現。
・平成21年1月、株式会社リーゾ設立、代表取締役就任。

企業情報

企業名
株式会社リーゾ
事業内容
*アグリバイオ関連の
・研究開発、研究成果販売
・研究受託
・試薬等の開発および製造販売
*工業所有権、著作権等の産業財産権に関する事業など

具体的には、
- SNPsのPCRマーカー化サービス(「すにっぷすいすい/SNPs-ici!」)
- 核酸研究関連試薬の開発・販売(「DNAすいすい」「RNAすいすい」シリーズ)
- イグサDNA鑑定サービス
- カンキツグリーニング病検査サービス
- 各種DNA検査キットの開発
- 高付加価値米品種の開発および商品化
- 研究受託、研究企画コンサルティング
- 実験補助者育成
- 自社開発の水稲新品種「コシヒカリつくば黒1号」の事業化
ほか
所在地
茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
設立年月日
2009
外資区分
非外資
代表者名
門奈(石丸)理佐
企業URL
http://www.rizo.co.jp/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
資本金
5百万円〜1千万円未満
売上
12 百万円
上場区分
非上場
株主
主要顧客