eiicon

㈱モリロボ

地方発ベンチャー
スタートアップ
中小企業
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
資金調達したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
食品生産
食品加工
更新日:2018/04/26

自社特徴

自社特徴
 生産性向上のため厨房の自動化の提案、構想、試作までをワンストップで行う。

特徴等
外食産業の生産性向上のためには、厨房の自動化が不可欠である。全てを自動化に対象とするのではなく、単純作業をロボットに任せ、付加価値の高い工程は人が行う「ロボットとの協働」を実現する必要となる。
 そこで、高い自動化による生産性向上が図られている自動車工場の技術を飲食店に応用し、「人がやる事が当たり前」であった作業の自動化を提案する。そして、少子高齢化が加速する社会において、対価を得るビジネスは大きく伸びていくと判断し、代表の森 啓史が起業。

提供リソース

  • ・・オリジナルロボット開発技術
    http://morirobo.wixsite.com/morirobo
  • ・クレープロボット「Q」
    https://youtu.be/iks6M9FRIG8
  • ・・クレープロボットの特許[特願2015-220154]

実績

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_127565/

  • クレープロボット「Q」

一緒に何をしたいか

ロボット開発にスピードをつけるため、出資を募りたい
市場での調査、営業を共同して頂ける企業様との提携

メッセージ

「使える、稼げる」ロボットの開発を一緒にして頂ける企業様を求めます。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

森 啓史

加速する人手不足は、ロボット技術の躍進するビジネスチャンスとして活用して行きます。

ミッション

ロボット技術を活用した、外食産業の人手不足解決策の提案

経歴

2003年~2017年まで自動車会社工場にて、ロボット技術を中心とした製造ライン製作に従事。
最小限のコストで最大限の効果を発揮する工程設計を得意とします。
2017年7月に起業

企業情報

企業名
㈱モリロボ
事業内容
クレープロボット「Q」の設計・製造を行っております
所在地
静岡県浜松市中区和地山3丁目1−7 浜松イノベーションキューブ108号
外資区分
非外資
企業URL
http://morirobo.wixsite.com/morirobo
従業員数
〜10人未満
資本金
〜5百万円未満
上場区分
非上場