eiicon

エシカル・ペネロープ株式会社

地方発ベンチャー
中小企業
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
出資したい
資金調達したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
アパレル
小売
課題解決No.1「あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ。」
更新日:2018/04/26

自社特徴

2015年に名古屋市はフェアトレードタウンに認定されました。名古屋市でのフェアトレード推進運動は公式となり、名古屋市と市民とともに様々なフェアトレード活動が始まっています。エシカルペネロープは店舗と同時に、その市民団体NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)の本部でもあり、フェアトレード推進の中心となっています。「地球とのフェアトレード〜地域と世界を、今と未来をつなぐ」をテーマに、フェアトレードを街ぐるみで推進し、市民一人ひとりの買い物を通じて、世界の不平等がなくなり、地元の地域活性化になるよう目指しています。物事の背景や裏側に思いを巡らして、社会や環境に優しいか、関わる人みんなが喜んでいるのか、人も自然も、地球上すべての命がハッピーであるよう、思いやるエシカルの美意識を大事にしています。

提供リソース

  • “エシカル(倫理的な)とは“思いやり”。
    エシカルペネロープで大事にしていること。
    * 環境負荷の少ないオーガニック・天然・自然素材やリサイクル素材を使用していること
    * 正しい労働条件で公正な賃金のフェアトレードであること
    * 地域の伝統工芸・技術を継承する努力をしていること
    ・デザイン・品質が確かであること

実績

エシカルペネロープ主催のフェアトレード&エシカル・ファッションショーの様子
https://youtu.be/_jZgs0rCsT0

一緒に何をしたいか

フェアトレードタウン認定都市 名古屋としてフェアトレードの理念で名古屋土産を創りたい。
名古屋・中部地区の企業・事業者様の伝統工芸・技術、地元の売りを活かして、貧困問題などを抱える開発途上国にお仕事を作り、フェアトレードの理念で商品を開発し、日本で販売するというコラボレーションで、途上国の生産地に継続的にお仕事を生み出し、生活向上を目指したい。


メッセージ

2015年、市民の草の根の活動が実り、名古屋市議会にて「フェアトレードを支持する」議決が採択され、名古屋市長もフェアトレードに賛同し、世界に2000あるフェアトレードタウンの1つに名古屋市が加わりました。タウン認定からは、行政・企業・市民、オール名古屋でのフェアトレード活動が始まっています。フェアトレードは「身近なお買い物で世界の問題を解決します。途上国や弱い立場の人々にお仕事を生み出し、森林伐採や土壌汚染など環境破壊からも地球を守ります。さらにフェアトレードタウンとなると「世界とつながっている私たちの暮らしを見つめ直し、地域の絆を深め、国内外でのフェアトレード活動を通じて、交流の促進や、街のにぎわいの創出につながります」。私たち名古屋では、地域と世界をつなぎ、名古屋から思いやりのフェアトレード&エシカルな思いを未来へつなげたいと活動しています。

企業情報

企業名
エシカル・ペネロープ株式会社
事業内容
名古屋テレビ塔1階、フェアトレード&エシカル・ファッションのセレクトショップ。
途上国に公正な取引で、継続的にお仕事を創出する、フェアトレードの品々を世界各地から輸入し、販売している。
アフリカやアジアの途上国からのフェアトレード商品から、先進国のクリエイターが途上国の伝統工芸をデザインと心でつなぐ、エシカル商品まで。
オーガニックでエコロジー、そしてゆっくり優しいスローライフ、商品に秘められた物語性を大事にした商材を取り扱う。
所在地
名古屋市中区錦3丁目6−15 名古屋テレビ塔1階
設立年月日
2011
外資区分
非外資
代表者名
原田さとみ
企業URL
http://ethical-penelope.jp
従業員数
〜10人未満
資本金
〜5百万円未満
売上
0 百万円
上場区分
非上場
主要顧客
女性(エシカル・ファッションの専門店のため、主には婦人服を扱っている) 観光客(店舗は名古屋の観光名所でもある名古屋テレビ塔1階にあるので、テレビ塔グッズも扱っている)