株式会社スカイディスク

自社特徴

私たちスカイディスクは、製造業向けに特化したAIサービスを提供しています。
製造現場には熟練の技術者のみぞ知る知恵、つまり経験と勘で成立したものが多くあります。たとえば、良品率を上げるための細かな調整などです。そういった経験と勘のメカニズムを「熟練者が操作したデータ」から解き明かし、AIが再現します。

AIプロジェクトのパートナーとして、業務ヒアリングから課題抽出、必要なデータの収集支援、AI開発による課題解決までをワンステップでサポートします。生産計画の最適化、製造ラインの歩留まりチェック、不良品発生の要因分析、自動検品などにAIが活用されています。音の分析に特化したサービスも展開しています。

提供リソース

  • ◆AIによる音分析「SkyAI for Sound」
    聴覚による官能検査を効率化する、音に特化したAI分析ソリューションです。さまざまな特徴量抽出の手法を組み合わせることで、熟練の技術者にしか聞き分けられない音の違いを捉えます。人が音から正常・異常を判定する業務をAIに置き換えます。
  • ◆法人教育プログラム:製造業向けAI人材の育成サービス
    AIプロジェクトと並走して、自社に最適なAI人材の確保を実現します。お客様の現場状況に応じて、実際の取得データを題材にするなど教育プログラムをカスタマイズ。150以上の製造業のAI案件で培った解析知見をもとに、検定試験向けではなく、実務に紐づいたデータ分析を学べます。リモート研修にも対応します。
  • ◆外観検査AIパッケージ
    誰でも簡単操作、小型で省スペースの外観検査機とAI開発をパッケージでご提供します。外観検査機は卓上設置できるので、工事不要で画像データ収集をはじめられます。学習用の画像データ収集後、検品・検査のためのAIを開発。AI判定結果を製品に投影・可視化することで、目視に頼っている検品業務をAIがアシストします。

実績

2017年8月24日付の日経産業新聞・この会社この商品コーナーに掲載されました。
https://skydisc.jp/information/833/

週刊東洋経済「ベンチャー沸騰!日本を変える100社」に掲載されました。
https://skydisc.jp/information/467/

EY Innovative Startup 2017に選出されました。
http://thebridge.jp/membersinfo/ey2017-iot

日本経済新聞社のNEXTユニコーン調査で、2017年から3年連続で選出されました。
https://s.nikkei.com/2U2llLf
https://bit.ly/2WafdU0
https://bit.ly/2II0JCC

  • スカイディスクの強み
  • 2019年12月よりAI個別相談会を毎月開催
  • 2020年1月 IoT/M2M展に出展

一緒に何をしたいか

・AI共同開発のための提携

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・AI導入を検討している
・AI導入を検討するクライアント企業を持つ
・社内のAI人材教育を検討している
・社内のAI人材教育を検討するクライアント企業を持つ
・技術協業への意欲がある

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

部長

飯沼弘太郎

AI開発希望の企業様、ぜひ弊社と一緒にサービスをつくりあげましょう!

所属部署

セールス&マーケテンング部

企業情報

企業名
株式会社スカイディスク
事業内容
製造業向けAIサービスの提供
AIのサービス開発
AIの人材教育事業
所在地
東京都千代田区九段北4丁目3-32一口坂TSビル4階
設立年月日
2013
外資区分
非外資
代表者名
内村安里
企業URL
https://skydisc.jp/
従業員数
10人〜100人未満
資本金
1億円〜3億円未満
上場区分
非上場
主要顧客
製造業(自動車、プラント、化学、食品など)/建設業/運輸業/通信業/卸・小売業/飲食業/金融・保険/水産・農林業/食品・飲料

メンバー