株式会社RAKUDO

自社特徴

弊社は受託開発企業で、AR / VR、CG / モーション、AIの技術を使用した様々なプロダクトを開発しております。

例えば
・AR/ VR技術を使用した、システムやアプリの開発
・ホロレンズを使用したMR案件、ロボットアームとCGを融合させる。
・モーションキャプチャーデータを取得し、それを3Dキャラクターに統合し、スマホアプリで動作させる。
・AIを搭載した3Dキャラクター、AIコンシェルジュを作成する。

などが可能です。

また現在、自社開発のサービスを販売運用しております。
弊社のAI interfaceは、様々なAIサービス(IBM Watson, GCP, Amazon AI, その他独自開発AI)を簡単に組み合わせることができて、 マルチデバイスで簡単にアプリ化することができるサービスです。
音声認識、画像認識、音声合成などの技術を組み合わせ、そこに3DキャラクターやテキストやボタンなどのUIを簡単に設定できます。

それにより
・対話式の3Dキャラクター (音声認識、音声合成、会話クライアント、3Dキャラクター、UIボタン)
・ターゲットに対し最適な広告を表示するシステム (顔認識、UI広告)
・ジャスチャーで反応しガイドを行うサイネージ (物体検出、UIアニメーション)
などです。

・AI interface HP
https://www.ai-interface.com/

・デモ映像
https://youtu.be/f2lLdXtK-Kg

基本的には、開発者の方が利用するサービスです。
ですので、AI開発企業や3D製作企業の方に受託開発で利用していただくことになりますが
弊社がすべて請け負うこともできます。
その際は従来に比べ、大幅な開発費用削減になります。
現在は多くの事例が進んでおり、AI interfaceベースで開発している案件が多数あります。

提供リソース

  • AR/ VR技術を使用した、システムやアプリの開発
    ・HMDを使用したVR開発。
    ・ホロレンズ等のARデバイスを使用したMR開発。
    ・モーションキャプチャーデータを元に3Dキャラクターを動作、活用する
    ・リアルタイムで3Dキャラクターを動かし、カスタマーサポートを行う。
  • AI関連の開発
    ・デジタルサイネージなどのデバイスで使用できるAI搭載の3Dキャラクターの開発。
    ・複数のAI(画像認識や音声合成など)を組み合わせて、デバイスでお客様に必要なUXを提供する。
    ・お客様の特性に合わせて表示を変える、広告サイネージシステム。
  • 3Dプリンターを使用した試作品造形。
    ・プロダクトデザイン、機械設計
    ・IoTデバイス筐体製作
    ・IoTデバイスとAIの連携

実績

MR CG モーション
・ロボットアームとCGを組み合わせたMR案件
・AR上でロボットが自己紹介をする、営業支援ツール
・リアルタイムで3Dキャラクターを動かし、遠隔でカスタマーサポートができるシステム
http://www.rakudo.io/blog/index.php/2019/09/24/post-2457/
・溶接VRデモ
https://www.youtube.com/watch?v=MtJhmFeNk5E&t=96s

AI
・自社サービス AI interface
https://www.youtube.com/watch?v=f2lLdXtK-Kg&t=7s
・スマート看板
 カスタマイズ広告
・3Dキャラクターの顧客対応
 商品案内
 店舗案内

IT
・スマホアプリ JUMPSTA
http://www.rakudo.io/blog/index.php/2018/07/17/post-1255/

ものづくり
・家電製品試作品開発
・健康グッズ製作
・スポーツ用品開発

  • 溶接VR デモ
  • AIインターフェイスの仕組み
  • AI店員開発

一緒に何をしたいか

パートナー様の課題をお伺いし、事前検討を行い、ソリューションを共創したいです。

AR / VRコンテンツを様々な技術と組み合わせて製作することが可能です。
アプリ化したり、CGやモーションデータ、アニメーションを作成したり、システムとの連携を行うことができます

AIに関する技術とヴィジュアライゼーション(UI)に関する技術を統合することで、ユーザー様がAI技術をより簡単に安くご利用することができます。

パートナー様が抱える課題を、弊社の技術で解決することができます。課題をお伺いした上で、どんな方法でどんな技術を使って解決するべきかをご提案させていただきます。

メッセージ

弊社は技術の会社です。技術力には自信がありますが、大企業様のような販路やリソース(ヒトモノカネ)はありません。

課題に対する提案力と、技術力による課題解決能力は高いと自負しております。

IT(AI)と3D(UIUX)、両方の技術やノウハウを持った会社は多くありません。

弊社はコストパフォーマンスを高く、クオリティの高いプロダクトが作成できます。

ぜひ、一緒にお仕事させていただければ幸いです。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・拡販できるリソースをお持ちの企業様との協業
・資金力のある事業会社様からの投資

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

大瀧達生

開発したい自社サービスが多くあり、ベースの開発技術はあります。ぜひ、協業して世の中を変えるようなサービスを一緒に作ってください。よろしくお願いいたします。

所属部署

代表取締役

AI関連の開発
・AIを使ったチャットボットフレームワークの請負開発
・デジタルサイネージなどのデバイスで使用できる
 AI搭載の3Dキャラクターの開発
・複数AI(画像認識など)を組み合わせたプロダクトの開発

他開発業務
・Webアプリケーション開発
・スマホアプリ開発
・モーションキャプチャーを使った3Dキャラクターアニメーション作成
・リアルタイムで3Dキャラクターを遠隔で動かすサービス
・VRコンテンツ開発 (HMD使用)
・ARコンテンツ開発 (スマートフォン、HoloLens使用)
・MRコンテンツ開発(HoloLens使用)
・3Dプリンターを使った造形サービス
・3Dデータの作成、プロダクトデザイン、機械設計、CGI
・IoTデバイス筐体作成
・AI組み込みIoTデバイス
・自作カスタマイズドローン教室(コース:3Dモデリング、組み立て)
・議事録自動作成デバイス作成

ミッション

未来のインターフェイスを作る

経歴

株式会社RAKUDO
期間:2016年 1月 〜 現在まで
代表取締役 CEO
エンジニア マルコスが共同代表として加入 / NHK 凄ワザに開発リーダーとして出演 / NAGOYA BOOST 10000 の講師 / AI interfaceのリリース / AR VR事業の開始

rakudo
期間:2015年 5月 〜 2016年 1月
個人事業を開業
3DCADと3Dプリンターによる事業

株式会社タマディック
期間:2003年 4月 〜 2009年 1月
航空宇宙分野における生産技術設計 / 国産航空機の立ち上げチーム

中部大学
期間:1998年 1月 〜 2003年 4月

企業情報

企業名
株式会社RAKUDO
事業内容
MR事業
・VRコンテンツ開発 (HMD使用)
・ARコンテンツ開発 (スマートフォン、HoloLens、Google glass等使用)
・MRコンテンツ開発(HoloLens等使用)

CG / モーション事業
・CG作成
・モーションキャプチャーデータ作成
・CGやモーションデータを使ったシステムやアプリの開発
・モーションキャプチャーを使った3Dキャラクターアニメーション作成
・リアルタイムで3Dキャラクターを遠隔で動かすサービス

AI関連の開発
・AIを使ったチャットボットフレームワークの請負開発
・デジタルサイネージなどのデバイスで使用できるAI搭載の3Dキャラクターの開発
・複数AI(画像認識など)を組み合わせたプロダクトの開発

IT業務
・Webアプリケーション開発
・スマホアプリ開発

ものづくり業務
・3Dプリンターを使った造形サービス
・3Dデータの作成、プロダクトデザイン、機械設計
・IoTデバイス筐体作成
・AI組み込みIoTデバイス
・自作カスタマイズドローン教室(コース:3Dモデリング、組み立て)
所在地
愛知県 名古屋市東区東桜2-13-1 eastgather東桜3F
設立年月日
2016
外資区分
非外資
代表者名
大瀧 達生
企業URL
http://www.rakudo.io
従業員数
〜10人未満
平均年齢
31
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
40 百万円
上場区分
非上場
株主
大瀧 達生 クーパー マルコス 大久保 将広
主要顧客
東京大学 名古屋大学 名古屋市立大学 日本ガイシ株式会社 キャノンITソリューションズ株式会社 クリエイトベースカナヤマ Maker Lab Nagoya サイバネットシステム株式会社 株式会社K-プランニング 株式会社SPJ カナダ株式会社 株式会社DIC 株式会社オルツ 株式会社デジタルアテンダント プランドゥ株式会社 富士テクノロジー株式会社

メンバー