株式会社IDOM(旧ガリバーインターナショナル)

プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
ラボ設立
出資したい
買収したい
大手企業
上場企業
IoT
AI
シェアリング
シェアリングエコノミー
交通インフラ
中古車
高返信率 更新日:2018/06/28

自社特徴

【CaaSプラットフォームからMaaS領域へ、移動を通じ豊かな未来を創造する】


1994年に創業した株式会社IDOM(旧:ガリバーインターナショナル)は中古車買取・販売の「ガリバー」を全国及び海外に展開。約500の直営店舗を有し、約12万5000台という業界No.1の販売台数を誇っています。さらに2015年には中古車の個人間売買プラットフォーム「Gulliverフリマ」をスタートし、翌2016年には月額1万9800円から、最短3カ月で新たな車種に乗り換えられる日本初の月額定額クルマ乗り換えサービス「NOREL(ノレル)」を展開するなど、多様化する自動車の所有・利用方法に合わせた様々な新規サービスを立ち上げています。私たちはこれらのサービス群をCaaS(Car as a Service)と呼んでおり、プラットフォーム化を推進することで、さらなる付加価値をユーザーに提供していく方針です。

さらには自動車も含めた多様な移動サービスがつながることで人々のライフスタイルそのものを大きく変えていくと言われるMaaS(Mobility as a Service)の時代を見据え、モビリティの最適化とモビリティの価値そのものを再考したうえで豊かな未来を創造していきます。業界、業種、規模の大小を問わず、あらゆる方々と共創できる可能性があると考えており、具体的なイシュー(課題・問題)を軸に人や企業、社会の継続的な成長を見据えた取り組みを共に推進していきましょう。

【今年5月にPoCを回す専門部署を設立】


今年5月、経営戦略室にPoCを回す専門部署を設立しました。同部門のメンバーがプロジェクトを推進し、収支計画・市場感などが見えてきた適切なタイミングで既存事業部への連携や、提携・合弁・出資なども含めて共創していく方針です。

提供リソース

  • バリューチェーンの仕組み・ノウハウ
    ー業界No.1の中古車買い取り台数、販売台数
    ー徹底した在庫リスク管理を強みとした流通フロー
    ー車両価値の算定の仕方・高度な予測精度

  • 全国での販路・小売力
    ー全国約500の直営店舗におよぶリアル店舗での販売網
    ー全国各地×対面でのアプローチが可能

  • 様々なユーザー情報
    ー利用者のドライバーIDおよびお客様の声
    ー店舗に加え、個人間売買プラットフォーム「Gulliverフリマ」、月額定額クルマ乗り換えサービス「NOREL(ノレル)」などでのお客様との接点

    ・資金提供
    ー出資
    ー合弁会社

実績

◆株式会社ディー・エヌ・エー、akippa株式会社との事業連携
・ガリバーを中心としたIDOMの店舗でクルマを売買するユーザーに株式会社ディー・エヌ・エーが展開する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」、akippa株式会社が展開する駐車場予約サービス「akippa(あきっぱ)」を提案
・ガリバーを通して2つのサービスに登録した際に、ポイントクーポンの付与や受取額の増額といったキャンペーンも実施

◆タンザニアでライドシェア大手のウーバー社と提携
・ウーバー社と現地のドライバーがローンで日本の中古車を購入できる販売スキームを構築
・ウーバー社が現地のニーズに合致した車種を選定し、IDOMの抱える常時約1万台の在庫から購買可能な車両をドライバーに案内
・現地の金融機関と連携し、これまでローン・ファイナンスが利用できなかった現地ユーザーに良質な日本の中古車をローンで購入できるオプションを提供

  • 多様な移動手段・サービスとの連携により新たなライフスタイルの目指す
  • クルマの“所有”だけに捉われない、利用方法を自由に選択できる新規サービスも展開
  • 個人のドライバーIDを活用したプラットフォームの構築により多様なサービスとの連携を目指す

一緒に何をしたいか

~モビリティの価値を再考し、自分らしい生き方を選べる未来を、共に創るパートナーを求めます~

●個人のニーズにあわせたモビリティの自由化

クルマの“所有”だけに捉われず、カーシェアリングやライドシェアリング、定額乗り換えなど、個人のニーズ・ライフスタイルに合わせ、移動手段・利用方法を自由に選べる時代を実現します。 
・ライフスタイルに合わせた自由な移動手段の選択 など

●モビリティの最適化による新しいライフスタイルの実現

クルマだけではなく、多様な移動サービスが繋がることで、モビリティを最適化。またモビリティに、各個人のビックデータ(位置情報・走行情報・購買データなど)も掛け合わせ、様々なサービスと連動させることで、新しいライフスタイルの実現を目指します。
・モビリティと連動した豊かな暮らしの実現  など

●モビリティの充実により、すべての人・場所に豊かさを

地方やエリアによって移動手段の発達度合や、それによる課題も様々です。モビリティや、それに関連するサービスが各地方の課題に合わせて広がっていくことで、今まで行き届かなかった場所・人へも、同じように豊かな暮らしをおくれる未来を実現したいと考えています。
・2次交通の整備による地方創生
・過疎地への医療サービスの充実 など

メッセージ

クルマの所有・利用が多様化する時代となり、さらにクルマだけではなく多様な移動サービスがつながることで人々のライフスタイルそのものを大きく変えると言われています。移動の在り方が変わることで、限られた時間の使い方、つまりは生き方の選択肢が増えることに繋がります。IDOM(旧ガリバー)はモビリティの価値を再考したその先に、人それぞれが自分らしい生き方を選べる未来を創りたいと考えています。

イノベーションを生み出すためには、アセットやリソース、テクノロジーといった課題を解決するための手段も大切であることは間違いありませんが、手段と手段を組み合わせてもイノベーションは生まれません。私たちは企業として直面している課題、個人として直面している課題など、明確なイシューを持っている方々と共創したいという思いを持っています。そうした具体的なイシューを軸に互いの目指すスタンスを明らかにしたうえで、モビリティをトリガーにして、人の人生や生き方にアプローチできるような取り組み、社会の課題を解決できるようなビジネスを創造していきましょう。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

●モビリティに関する具体的なイシュー(課題・問題)をお持ちの企業
●移動の最適化を共に実現する交通サービス(鉄道・バス・タクシー・ライドシェアなど)
●パーソナルライズされた移動手段を提供するためのテクノロジーを検討中、お持ちの企業(IoTデバイス・位置情報等のビックデータ活用など)
●新たなライフスタイル・豊かな暮らしを実現するサービス・アプリケーションを検討中、お持ちの企業(予約や決済・旅行・エンターティメント・医療サービスなど)

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

執行役員

北島昇

CaaS領域の推進、MaaS領域への参入を考えた時に、自社のケイパビリティだけでは対応できないビジョンを実現するために多くのパートナーの方々と共創する必要があると考えています。一緒にこのビジョンを実現しましょう!

所属部署

経営戦略室・人事・カスタマーサクセス・広報担当

ミッション

CaaSカンパニーからMaaS領域に参入するために経営戦略の責任者を務める一方で、人事・カスタマーサクセス・広報の責任者として社内外の多様な人材を活用した企業文化改革の推進を行う。

経歴

2007年ガリバーインターナショナル入社(現:IDOM)。
人事、マーケティング、商業施設向け新型店舗開発、経営企画を担当。その後、新規事業開発室室長として、コネクティッドカー事業、C2C事業(ガリバーフリマ)、サブスクリプション事業(NOREL)の立ち上げ、アクセラレータープログラムの運営を行う。現在は、経営戦略室・人事・カスタマーサクセス・広報を統括。

企業情報

企業名
株式会社IDOM(旧ガリバーインターナショナル)
事業内容
自動車の買取事業
自動車の販売事業
その他自動車流通に関わる事業
所在地
東京都 千代田区丸の内
設立年月日
1994
外資区分
非外資
代表者名
羽鳥 由宇介
企業URL
http://221616.com/idom/
従業員数
501名以上
平均年齢
32
資本金
10億円以上
売上
276,157 百万円
上場区分
上場

メンバー