eiicon

inaho株式会社

3カ月以内の提携希望
スタートアップ
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
資金調達したい
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
新市場の模索
アグリテック
ロボット
省力化・効率化技術
更新日:2018/04/26

自社特徴

選択収穫と呼んでいる人が目視で確認している農作物をロボットで収穫できることを目指しています。

現在、ロボットアームについては東京工業大学の只野研究室と開発を進めています。
只野研究室は、医療用のロボットアームを開発しており、細いアームを作るのがとても得意な会社です。
農業の生産現場において、細いアームであることが非常に重要であり、ここの技術を握っているのは大きいです。

ソフトウェア部分については内製で独自のアルゴリズムで収穫対象物のXYZの座標を取得しています。

提供リソース

  • −収穫ロボットによる収穫実験
    −収穫ロボットが自律走行することによって、センシングできることによる実験

実績

第一弾のプロトタイプの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=ULK9z_ET1bw&t=12s

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

現在、資金調達中になるので、資本提携を含んだパートナーシップ。もしくは純投資をお願いしたいと考えております。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

菱木 豊

農業の未来を一緒に作りましょう!

経歴

東京調理師専門学校卒業
不動産投資コンサルタント会社に入社し、4年後に独立。
2014年に株式会社omoroを大山他1名と設立し、不動産系Webサービスを開発運営後に売却。2017年1月に解散。
同2017年1月にinaho株式会社を設立。AI導入のコンサルティングや、InstagramのマーケティングWebサービスを開発運営。
震災復興のフェスの主催や、地域活動のカマコンの運営。最新テクノロジーに関するThe Wave塾の事務局等、幅広い分野で活動。

企業情報

企業名
inaho株式会社
事業内容
農業現場における収穫作業のロボット化
所在地
鎌倉市由比ヶ浜2-13―1―507
設立年月日
2017
外資区分
非外資
代表者名
菱木 豊
企業URL
http://inaho.co/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
33
資本金
5百万円〜1千万円未満
売上
3 百万円
上場区分
非上場
株主
創業者93% エンジェル投資家数名7%