株式会社CAMPFIRE

自社特徴

Mission
資金集めを民主化し、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる。
Democratize financing, and make it easier for anyone anywhere to make their voice heard.
インターネットが普及したからこそ出来るようになったこと、を私たちはよく考えます。 それは、誰しもが、例え小さくても、声をあげられるようになった、ということではないでしょうか。 今まで一部の人たちや組織が独占していたりして手が届かなかったものが、 インターネットによって一般の私たちにも気軽に使えたり参入できるようになりました。 クラウドファンディングは資金集めを民主化した仕組みだと私たちは考えます。 「小さな火を灯しつづける」を合言葉に、私たちは誰でも声をあげられる世界を創っていきます。

提供リソース

  • ・日本最大15000件以上のプロジェクト実行データ
    ・「クラウドファンディングに支援した経験」のある100万人以上の会員基盤
  • ・クラウドファンディングの実行ノウハウ
    ・クラウドファンディングを取り入れたテストマーケティングプログラムの企画運営
  • ・グループ会社、連携企業とのマッチング
    ・プラットフォームとのAPI連携

実績

▼JR東日本スタートアッププログラム「地域にチカラを!プロジェクト」
https://camp-fire.jp/channels/jreast

▼BEAMS創造研究所
日本の伝統産業支援プログラム「RISING of LOCAL YOUTH」
https://camp-fire.jp/channels/rising_of_local_youth

▼若年層のプロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)による挑戦を支援
https://campfire-youth.com/

一緒に何をしたいか

・グローバルチャレンジャーの創出、海外展開
日本発のプロジェクトの海外展開、海外発のプロジェクトの日本展開
・新商品開発、新規事業開発における最適なテストマーケティング手法の確立

メッセージ

クラウドファンディングも過渡期転換期を迎えています。
1つのプロジェクトの成否に過剰に囚われず、とにかくトライアルを重視した施策に取り組みたい企業様のお問い合わせをお待ちしています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・多種多様なチャレンジを創出する仕組みづくりに関心がある
・お金の概念をアップデートする
・だれもが声を上げられる社会づくりに共鳴できる

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

取締役COO

大東 洋克

Fintech(クラウドファンディング)のマーケティング的活用を模索する企業、アジャイル/テスト駆動開発にピンときた企業様のお問い合わせをお待ちしております。

経歴

2002年GMOインターネット株式会社入社。アクセス事業本部長、ドメイン事業本部長、IxP事業統括本部長を経て、2009年にGMOドメインレジストリ株式会社を設立、同社常務取締役に就任。2013年に独立し、Webコンテンツやニュースメディアのデータ分析、機械学習を活用したWebコンテンツ最適化などの事業に参画。2018年に株式会社CAMPFIREに入社し、クロスボーダー事業部長として海外事業推進とアライアンス事業推進を担当。2019年より株式会社キメラ取締役就任。2019年3月株式会社CAMPFIRE取締役COO就任、兼事業推進室長として海外事業戦略、CAMPFIRE事業、金融事業を管掌。

企業情報

企業名
株式会社CAMPFIRE
事業内容
購入型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営。
所在地
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 5F
設立年月日
2011
外資区分
非外資
代表者名
家入 一真
企業URL
https://camp-fire.jp
従業員数
101〜500人未満
資本金
10億円以上
上場区分
非上場
株主
非公開
主要顧客
非公開

メンバー