eiicon

有限会社尼子商店

ニーズ:
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
買収
売却
新市場の模索
更新日:2017/03/30

自社特徴

創業1642年、茶商より始まり、醤油醸造業を得て、広島の原爆を折り目に、醸造用品・食品資材卸売へ転向。
地元に根付き、地元を愛し愛され、地元の下支えとなるべく日々を商っている。温故知新。

特徴は、「無い」。敢えて言えば、商社なので「何でも屋」。
連綿と培った「御縁」を利活用するのが仕事。

提供リソース

  • ・醸造業に対して
    ・原料(原料加工品が主体。1次産業品については各協同組合の絡みもあるので自粛)
    ・原料処理、製造設備(精米機、洗米機、蒸米機、放冷機、麹室設計・建築(委託)他・温度制御装置、付帯設備・道具機材)
    ・資材(瓶・PETボトル・パウチ他容器類、キャップ類、ラベル(委託)、梱包資材(段ボール、パレット他)
    ・製品化設備(洗浄、加熱殺菌、充填、キャッピング、ラベラー、梱包)

    他、現場で使う物は「何でも」。
  • ・広島県東広島市西条町上三永229、及び、上三永3609-7
    両地共に自社所有地。現状、未使用にて雑木林化しており、持ち腐れ状態。
    東広島呉自動車道 上三永IC(国道2号、県道330号上三永竹原線、接続)付近。
  • ・・・・代表取締役が元声優志望で、「声だけ」は良い。

実績

・佐々木商店(お多福グループの前身)に対し、オタフクソース開発に先駆け進言・アドバイス(尼子三郎氏)、以降原料供給等、陰ながら下支えの一部。

・取引のある蔵元・企業に対してプランニング事業・アドバイス

一緒に何をしたいか

まずは400年企業。その次は1000年企業を目指している。その次は10000年企業。
規模はどうあれ、人類有史に「在り続けたい」。

メッセージ

どんなことであれ、デカいことは、求められない限りはしない。小さなことの積み重ねをしたい。
それが長年継続している秘訣と心得ている。
そのための自社の役割、立ち位置を認識した上で、和をもって為す。
それに付き合ってくれる人・企業を大切にしたい。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役社長

尼子 康介

写真は2013年8月1日~8月25日、広島→稚内(宗谷岬)2200kmを自転車で走破した時のもの。

いきなり商売の話をするのもアリですが、「こんな会社で、こんな人が居る」というのをお互いに知った上で、
ユーモアが点在する真面目な、末永い御縁繋ぎが出来れば幸いです。
「変人」大歓迎。

ミッション

当たり前のことを当たり前に行う、事業改善相談。
「人無くして、企業無し」

経歴

高卒。接客アルバイト等歴5年(並行して声優養成所3年)営業3年。社長業7年。

企業情報

企業名
有限会社尼子商店
事業内容
主要顧客を対象とした、醸造物製造原料、資材・薬品・設備 卸売
6次産業化推進事業(広島県より機械設備プランナーを任命)
HACCPに関するアドバイザー(JHTC公認 HACCPコーディネーター)
所在地
広島県 広島市中区鉄砲町8-11
設立年月日
1642
外資区分
非外資
代表者名
尼子康介
企業URL
http://amakoshouten.com/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
49
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
14 百万円
上場区分
非上場
主要顧客
お多福グループ 各社 広島・山口・島根 3県の清酒製造業を中心とした、各醸造物製造業