株式会社ピコラボ

大学発ベンチャー
中小企業
共同研究
事業提携
ジョイントベンチャー設立
ラボ設立
ネットワーキング
新市場の模索
クラウドソーシング
ソフトウェア・システム開発
更新日:2018/04/26

メッセージ

LSIのデザインルールはマイクロ(μm)単位からナノ(nm)単位に移りつつあり、かつては不可能だといわれていた100nmを既に突破しています。ムーアの法則を「3年で集積度4倍、即ちデザインルールが2分の1になる」と考えれば、約30年でデザインルールは1000分の1になります。ピコ(pm)はナノ(nm)の1000分の1。シリコン原子の半径(100pm)で電子を制御することは現在の半導体技術では不可能ですが、技術のブレークスルーがあれば、今から30年後に到達するかもしれない世界です。ピコラボは、イノベーションにチャレンジします。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役社長

青木 保一

経歴

博士(理学)
大学院生で起業した会社を2004年にマザーズに上場し、同年に研究開発支援を目的として株式会社ピコラボを設立。

企業情報

企業名
株式会社ピコラボ
事業内容
情報通信分野の先進的研究開発支援
所在地
港区赤坂4-1-30 3F
設立年月日
2004
外資区分
非外資
代表者名
青木 保一
企業URL
http://picolab.jp
従業員数
10人〜100人未満
資本金
3千万円〜1億円未満
上場区分
非上場