eiicon

株式会社toor

ニーズ:
プロダクト(製品)共同開発
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
資金調達
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
アイディアソンの実施
ハッカソンの実施
ピッチイベント実施
ネットワーキング
新市場の模索
更新日:2017/03/24

自社特徴

ビッグデータを誰でも活用できる時代を創ります。
マーケットをよく知るパートナー企業と共同で、そのマーケットに向けたアプリケーションサービスをtoorPIAをベースに開発し、より多くの人々にビッグデータから得られる恩恵を提供します。

提供リソース

  • ・toorPIAパッケージのライセンス提供(2日間の講習を含めて)
    クラウドサービスは準備中
  • ・アプリケーションの開発のサポート・コンサルティング
  • ・会社紹介プレゼン
    https://www.dropbox.com/s/hjngybgyme691vv/toor%20Pitch.mp4?dl=0toorPIAデモ
    https://www.youtube.com/watch?v=LtV2clyd-dg&feature=youtu.be

実績

商用アプリ(サイバネットシステム):R&D Navi、R&D技術社向け特許解析サービス
開発中アプリ(2社):道路面劣化診断システム、人材マッチングシステム
社内データの分析(7社+3大学)

一緒に何をしたいか

ビッグデータを活用して新たなマーケットを開拓したい企業を求めています。

メッセージ

toorPIAはすでに開発済みで、既にライセンス提供をしています。
APIを介して、多様なアプリケーションを開発可能です。プロトタイプ開発はパートナーが中心に行い、通常6ヶ月で開発できます。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

取締役、Co-Founder

金田 哲也

ビッグデータをお持ちで活用したい、あるいは新たなサービス/事業を展開したいとお考えの方は、ぜひご連絡ください。

所属部署

本社

本社機能全般

ミッション

事業戦略、資金調達、サービス企画などを担当

経歴

1977年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
    電信電話公社(現NTT)入社、電気通信研究所配属
1984年 米国商務省NBS(現NIST)客員研究員
1998年 NTT理事、マルチメディア事業本部
2004年 三菱商事技術顧問
2012年 (株)toor起業

企業情報

企業名
株式会社toor
事業内容
データ分析の専門知識なしでビッグデータの分析を可能とする、非学習型ビッグデータ自動解析エンジンtoorPIAの販売を軸に、toorPIAを利用した多様なアプリケーションサービスを、そのマーケットを得意とするいろいろなパートナー事業者と共同で展開します。分析可能なビッグデータは、テキスト、各種ログデータ、センサーデータ、POSデータ、振動/音など、ほとんどの種類に対応でき、アプリケーションサービスとしては、劣化分析/故障予測、マーケティング、人材紹介などなどが開発中です。f
所在地
福島県 大沼郡三島町大字早戸字居平541
設立年月日
2012
外資区分
非外資
代表者名
高枝佳男
企業URL
http://www.toor.jpn.com
従業員数
〜10人未満
平均年齢
40
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
30 百万円
上場区分
非上場
株主
個人株主のみ
主要顧客
キヤノン、サイバーネットシステム、ほか大手企業8社 東北大学、山形大学、会津大学