株式会社IT工房Z

自社特徴

「農業でもデータを使って栽培管理が出来る。これを当たり前にしたい。」
その目標を達成すべく、私達はまず施設園芸(ビニールハウス・ガラスハウス)向けの環境測定・モニタリングができる「あぐりログ」を立ち上げました。
「あぐりログ」は、自社で開発した低コストの環境計測装置「ログBOX」を設置して電源を繋げるだけで、PC・スマホからビニールハウス内の温度、湿度、CO2濃度を管理できるサービス。
高品質で効率的な栽培管理ができるとして、弊社が拠点をおく愛知を中心に全国780台以上で導入して頂いています。
栽培に関わる全てのデータを見える化し、生産効率の飛躍的向上をサポートしていきたいと考えています。

提供リソース

  • 温室向け環境モニタリングシステム「あぐりログ」
    └温室内の環境を管理する専用のログBOXをPC・スマホと連携させることで、温度や湿度、CO2濃度を管理できるシステムです。
  • 「あぐりログ」から得られた植物栽培データ・ユーザーレポート
  • その他IoT開発・運用技術

実績

◆愛知県を中心に全国の1100の施設園芸ハウスで利用されています。
◆メディア掲載実績:週刊アスキー、東海テレビ「アス・ミル」、日本農業新聞、等メディアにも多数とりあげられています。
※詳細は自社WEBサイトをご覧ください。
http://itkobo-z.jp/business-results

一緒に何をしたいか

●「あぐりログ」を共に広めていただけるパートナー募集:
農業におけるICTの普及は数%足らずの状況の中、可視化しその先にあるデータの有効活用を共に推進していきたいと考えています。

●販売・サポートパートナー募集:
私たちは、手がける独自のハードウェアの売りである、「導入しやすさ」、「運用しやすさ」を推進していくため、手軽な購入方法や拠点、故障時の補償を実現できるサポートを共にご提供いただけるパートナーを求めています。

●生産者さんをサポートできるパートナー募集:
現在、生産現場の環境測定に特化していますが、出口まで生産者さんをサポートできるような付加価値を提供しているパートナーと、農業の全体最適化を共に考えていきたいと思っています。

●「あぐりログ」をはじめとする、スマート農業に向けたシステムのさらなる改良のため、資金面でご協力をいただけるパートナーを募集しています。

メッセージ

農業でのICT活用を広めるためにも、私たちIT工房Zは、生産者の方々が抱える問題や悩みに真摯に向き合い、そこに寄り添ったサービス開発に取り組んでいます。
その代表となる「あぐりログ」は、「試しやすい」価格、「運用しやすい」ログBOXの開発、「わかりやすい」データ表示を実現してきました。
栽培にかかわる全てのデータを見える化、栽培管理を効率化し、生産者さんの収穫量や収入アップ、また新規就農者の人口増加に貢献していきたいと考えています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・スマート農業システムの販売パートナー
・販売拠点をお持ちのパートナー、故障時などのサポート体制をお持ちのパートナー
・農業分野の生産者支援において連携できるパートナー

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

取締役

沖 光芳

経歴

2013.11 IT工房Z入社
あぐりログサービスの開発全体を統括
2017.7より取締役就任

企業情報

企業名
株式会社IT工房Z
事業内容
施設園芸向け環境モニタサービス「あぐりログ」の展開
所在地
名古屋市中区丸の内2-2-5
設立年月日
2011
外資区分
非外資
代表者名
座光寺 勇
企業URL
https://itkobo-z.jp
従業員数
〜10人未満
平均年齢
35
資本金
1千万円〜3千万円未満
売上
50 百万円
上場区分
非上場
主要顧客
・農研機構  ・中央農業総合研究センター ・各自治体  ・宮城県  ・山形県  ・富山県  ・福井県  ・愛知県農業総合試験場  ・伊勢志摩地域農業改良普及センター ・学校法人  ・名古屋大学(ICT活用農業 事業化・普及プロジェクト)  ・大分県農業大学校 ・JA  ・JAあいち経済連営農支援センター  ・JA西三河、JA愛知西、JA蒲郡市等愛知県下各JA  ・JA全農みやぎ  ・JA全農ふくれん  ・JA鹿児島県経済連  ・JA鶴岡 ・その他

メンバー