株式会社アジラ

自社特徴

AI-OCR「ジジラ」事業では、SaaS版のみならず、高精度な手書き・活字AI-OCRのAPI提供、非定型機能のAPI提供をご利用しやすいお値段でご提供し、既存システムとの統合を容易にしています。ぜひご活用ください。

当社のバックボーンは東証一部企業のデータサイエンスチームで、2015年の創業期からディープラーニングによる画像認識に特化し、2017年から自然言語処理を加え、後発ながら先端技術を駆使することによって短期開発に成功しました。短期開発によるコストインパクトを抑えて、お手頃なお値段に設定しております。ぜひご検討くださいませ、

提供リソース

  • ■ AI-OCRソリューション
    ・SaaS提供
    ・手書き/活字文字認識API
    ・請求書などの非定型帳票の構造化API
    ・辞書補正API
    ・カメラ画像からの文字読み取りAPI
    ・使い込まれた入力補正GUI
  • ■ エッジソリューション
    ・AI-OCRのFPGAへの搭載ノウハウ
  • ■ 行動認識ソリューション
    ・特許ライセンスのご提供
    ・行動認識ソリューションの共同開発

実績

・三菱総研DCS様へのBPOソリューション提供「BPOセンターにAIによる効率化とスケール化をもたらす」

・AI-OCR Jijilla ジジラが「町田市トライアル発注認定商品」に認定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000043312.html

・掲載頂きました。>【全128サービス】2019年度版のRPAカオスマップ公開!
https://rpahack.com/rpa-caosmap-2019

  • 2019年9月、Plug and Play Japan EXPO2019 で優勝!
  • 2019年8月、AI-OCRジジラ®をリリース!セミナーを開始
  • 2019年8月、『田村淳のビジネスベーシック』に出演!

一緒に何をしたいか

「AIテクノロジーによって人々が創造的で豊かな生活を送れるようにすること」という当社のミッションに従い、これまで積み上げてきたAI-OCR技術で人をサポートし、その事業活動を豊かにすること。

メッセージ

AI-OCRはただの文字読み取りに非ず、さまざまなポテンシャルを秘めたAIテクノロジーです。御社とクリエイティブに事業を共創していけたら幸いです!

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

AI-OCRの需要があること。
帳票の読み取りのみならず、ウェアラブル・デバイスとの融合で高齢者の視覚をサポートしたり、ロボティクスとの連携で商品の消費期限を把握させる、Maas連携で道路工事情報をシェアする、なども絶賛受付中です。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役社長兼CEO

木村 大介

最近、マスクドアナライズさんにお会いしました。SNSではとんがっていますが、ものすごく腰の低い穏やかで知的な方でびっくりしました。ちなみにわたしもマスクで応戦し、大手町ビルInspiredlabは一時騒然としました。

所属部署

経営企画

2022年のIPOを目標に、コーポレートガバナンスの醸成、コンプライアンスを遵守しつつ、オープンイノベーションやパテントを通じて事業の拡大を図っております。

ミッション

「AIテクノロジーによって人々が創造的で豊かな生活を送れるようにすること」

経歴

アジラ代表取締役社長 兼 CEO, PMP
1976年長野生まれ。Ex. NTTグループ、株式会社ぐるなび。
はじまりは親父のくれたPC-9801UV、N88-BASIC。少年相撲出身、柔道初段。趣味は読書、フライフィッシング、おもしろTシャツ。

企業情報

企業名
株式会社アジラ
事業内容
ビジネス向けAI-OCR「ジジラ」事業を展開。
所在地
東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル6階 Inspired.Lab内
設立年月日
2015
外資区分
非外資
代表者名
木村 大介
企業URL
https://www.asilla.jp
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
30
資本金
3千万円〜1億円未満
売上
78 百万円
上場区分
非上場
株主
・三菱UFJキャピタル株式会社 ・岡三キャピタルパートナーズ株式会社 ・木村大介 ・三村完 ・皆川芳輝 ・Nguyen Thai Hai ・Nguyen Viet Thai
主要顧客
・東急不動産株式会社 ・株式会社本田技術研究所 ・日本信号株式会社 ・富士通コミュニケーションサービス株式会社 ・KDDI株式会社 ・株式会社NTTデータ ・日産自動車株式会社 ・富士通株式会社 ・NTTエレクトロニクステクノ株式会社 ・京セラコミュニケーションシステム株式会社

メンバー