株式会社平泉洋行

自社特徴

平泉洋行は1920年(大正9年)創業の長い歴史のある会社であり、ゴム原料、ゴム薬品、ウレタン原料、エラストマー原料、ゴム試験機、成形加工機械、CAEソフトウェア、工芸、ホビー用のウレタン樹脂の販売などを行っています。
そして、主にゴム・樹脂製品を取り扱う『浩洋産業株式会社』、接着剤や注型剤などのポリウレタンを製造する『エッチ・アンド・ケー株式会社』という関連会社2社と共に、3社協業体制『平泉グループ』を確立。化学工業界に留まらず電機、機械、自動車、建設など幅広い分野に対し、平泉グループならではの新しい材料、そしてアイデアを提供しております。
現在、フランスから海洋プラスチックごみ回収装置を輸入して、日本の総代理店として、設置を促進することに尽力しています。

実績

海洋プラスチックごみを回収する装置(Seabin)をフランスから輸入して、海、湖、テーマパークに設置し、日本の海、湖をキレイにするために活動します。日本国内での導入は初めてです。2018年12月現在、世界15カ国に210台が設置されています。
USA / Dubai / Oman / Spain
Italy / Netherlands / Switzerland
Belgium / Ireland / England
Scotland / Singapore /Australia

  • 海洋プラスチックごみ回収装置
  • 海洋ごみ回収の様子
  • 海洋ごみの確認および撤去作業の様子

一緒に何をしたいか

オリンピック開始までに日本の海、湖に浮いている海洋ごみを減らすために、日本全国に海洋プラスチックごみ回収装置(フランスから輸入)を設置したい。

メッセージ

2018年11月にデモ機を輸入して、12月末までに動作確認を完了予定。来年2019年から本格的に全国への設置を展開していきたいので、各エリアで販売(必要に応じて設置)して頂けるパートナーを探しています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

全国の海、湖、テーマパークに設置するためには、場所によって許認可対象が異なりますので、許認可が問題ない(又は許可された)場所であれば、あとは日本の海、湖をキレイにしたいという気持ちがあれば問題ありません。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

執行役員

池田 隆

海洋汚染によるマイクロプラスチックの問題は、食の安全を脅かしています。一緒に、日本の海、湖をクリーンにしていきましょう。

所属部署

経営企画ユニット

新分野のビジネス発掘
ISO140001
給与、人事、労務
コンプライアンス
IT

ミッション

風通しの良い会社、魅力のある会社にする

経歴

TOSHIBA重電にて設計開発を経験した後、現在の商社に9年、その後、外資系診断薬メーカーの工場人事責任者として8年経験(業務改善、組織最適化など多くのプロジェクトをリード)し、再び、現職の商社に戻り、ルーチン業務の効率化、新分野のビジネス発掘を担当している。

企業情報

企業名
株式会社平泉洋行
事業内容

各種ファインケミカル製品及び工業薬品の輸出入販売
ゴム・ウレタン・プラスチック・その他各種機能性樹脂の輸出入販売
上記の素材加工及び加工製品の販売
ゴム・プラスチック等の製造加工機械及び測定・試験機器の輸出入販売
エラストマー舗装工事仲介
前各項に付帯する一切の事業
所在地
東京都台東区柳橋2-19-6
設立年月日
1950
外資区分
非外資
代表者名
戸張 傳二郎
企業URL
http://www.heisengp.co.jp/
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
42
資本金
3千万円〜1億円未満
売上
10,400 百万円
上場区分
非上場
株主
非上場のため非公開
主要顧客
(主要取引先)旭化成ワッカーシリコーン株式会社、伊藤製油株式会社、株式会社イノアックコーポレーション、大内新興化学工業株式会社、川口化学工業株式会社、共同薬品株式会社、三新化学工業株式会社、信越化学工業株式会社、住化コベストロウレタン株式会社、住友化学工業株式会社、ダイキン工業株式会社、T.M.インターナショナル株式会社、日信化学工業株式会社、東ソー株式会社、株式会社ネオス、BASFジャパン株式会社、ランクセス株式会社

メンバー