東京電力ベンチャーズ株式会社

共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
事業提携
出資したい
新市場の模索
大手企業
3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
発電所・電力・ガス
エネルギー・資源
再生可能エネルギー
更新日:2018/07/04

自社特徴

【電力・エネルギー事業を軸に、次世代のエネルギー産業を創るチャレンジを続ける】


1883年(明治16年)に“明治時代のベンチャー”として誕生した東京電力ホールディングスは、日本で最初に電燈を灯した国内最大の電力会社であり、燃料・火力発電、一般送配電、小売電気事業を束ね、生活に不可欠な電気・エネルギーを安定的に提供してきました。「自由化」「分散化」「デジタル化」等、電力を取り巻く状況が大きく変わろうとしている現在では、次世代エネルギーやデジタル技術を活用したスマートインフラ、ドローンを活用したインフラ構築、EV関連事業など、新たなインフラ事業にも積極的に取り組むなど、非連続の改革に取り組み、持続可能な社会の実現を目指しています。

【新社会インフラの創造を目指すべく、共創・出資によるスピーディーな事業化を推進】


テクノロジーが発達し、電気やエネルギーのあり方が変化する今、私たちは従来の電気・エネルギーの発想にとらわれず、既存事業をディスラプト(破壊)するビジネスにも積極的に取り組みます。ベンチャーキャピタリスト、シリアルアントレプレナー、ブロックチェーンやマーケティングのエキスパートなど、社内外から各分野のスペシャリストを集めたイノベーション組織「新成長タスクフォース」を設置。3年で100億円規模の事業創出を目指し、スピーディーに意思決定・事業化検討を進めていきます。

私たちの強みであるマルチエネルギー事業と保有設備を活用し、パートナーが持つアイデアや先端技術と融合することで、新たな社会インフラサービスを共に創りたいと考えています。消費者に寄り添い、人々の暮らしを大きく変えるような価値を提供していきましょう。

提供リソース

  • グループ全体として提供できる可能性のあるリソース

    ●東京電力が保有するハードウェア設備&データアセット
    …570万本の電柱やそれをつなぐ配電線、鉄塔、関東全域2,000メッシュ分の停電情報データ、163箇所の水力発電所が保有する気象・発電関係・機器データ等のアセット。

    ●約2,700万件の顧客チャネル
    …顧客基盤を活用した実証実験支援や営業支援、ビッグデータの活用

    ●再生可能エネルギーをはじめとする分散型エネルギーリソース&制御技術の活用
    …大型・家庭用蓄電池の運用ノウハウ、分散電源のネットワーク(アグリゲート)化やコントロールノウハウ

    ●スマートホームデータ&デバイスの活用
    …東京電力が取り組む、スマートホームのデータ・インフラ・デバイス各種が利用可能
    (建物の電気利用情報や、スマートメーターデータ、センサー・スマートタグやそこから収集したデータ)

    ●PLC(Power Line Communication)
    …電力線を通信回線として利用する技術であるPLCに関する技術、ノウハウ、インフラの活用

実績

◆ドローン社会の実現に向けた安全飛行インフラの構築をゼンリン社と共同開発
・送電鉄塔・架空送電線といったドローンの飛行における障害物となるインフラ設備の3次元データベースを整備・提供。
・インフラ設備の3次元データベースを用い、設備点検場所までドローンを誘導する技術を共同開発。
・電力設備との衝突を避けつつも、地上に張り巡らされた電力ネットワークを「空から見える道しるべ」として活用することにより、目的地まで中長距離の安全・安心な自律飛行を支える空域「ドローンハイウェイ」の実証を開始を実現。

◆ビーコンを用いた位置情報サービスtepcottaをスタートアップottaと共同開発/実証事業開始
・2017年7月より渋谷区・10月より府中市で、自治体在住の高齢者、公立小学校に就学する児童を対象とした見守りサービスの実証サービスを開始。
・ビーコンを内蔵した発信機(キーホルダー型)を配布し、街中の基地局を通じて見守り対象者の位置情報を保護者のスマートフォンに表示する。

  • 新成長タスクフォースが取り組むGreen & Innovation分野
  • アクセラレータープログラムを実施。スピーディーに意思決定・事業化を進める
  • 従来の発想にとらわれず、既存の枠組みを越えたビジネスにも挑戦

一緒に何をしたいか

<テーマ①:次世代エネルギーを活用したソリューションの創出>


蓄電池・太陽光発電・再生可能エネルギーなどの次世代エネルギーを活用した新しいビジネスモデルに挑戦したい。
(例)
・ブロックチェーンを用いた電源を保有する家庭などの供給者と消費者の接続
・一般家庭向け蓄電池ソリューション事業の導入

<テーマ②:新たな社会インフラ事業の創出>


EV事業・ドローン事業・通信事業など次世代を担う事業領域で、IoT・ビックデータ・デジタライゼーションなどのソリューションを持つパートナーと共に新たな社会インフラ事業を創出したい。
(例)
・自動運転支援サービス:EVなどに対し、目的地までの誘導を実施
・ドローン管制サービス:ドローンに対し、飛行ルートを指示、侵入可能区域などを提供・誘導
・通信ネットワークサービス:屋外機器(信号等)や屋内IoT機器(家電、センサ等)との通信サービス
・スマートホームサービス:室内・屋外おける暮らし向上のサービス
・PLC: 電力線を通信回線として利用するPLCに関連するサービス

メッセージ

電力全面自由化のようなビジネス環境の変化や、 IoT、ビッグデータといった新たな技術領域がインフラ業界へと進出していく潮流の中、既存の枠組みを越え、新たな価値を生み出さなければならないという意識を持ち、オープンイノベーションの導入を開始いたしました。
私たちの強みは、国内最大のエネルギー供給力や再生可能エネルギー・蓄電池などの次世代エネルギーへの取り組み、関東全域に電力を提供するために設置してきた数々のハードウェア設備、データアセット、そして何より約2,700万件というお客様さまの存在です。
今でこそ、私たちは連結で4万人以上の社員数規模を誇る企業となりましたが、明治時代、銀座に一本の電燈を立ち上げるところからスタートしたベンチャー企業の草分けであるという自負があります。創業当初の息吹を再び取り戻すつもりで、さまざまな技術・アイデアを持ったベンチャー、スタートアップのみなさんと共創し、新たな社会インフラ事業を創っていきたいと考えています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・新しい社会インフラというテーマでアイデアやソリューションをお持ちの企業
・蓄電池・太陽光発電・再生可能エネルギーなどの次世代エネルギー領域でアイデアやソリューションをお持ちの企業
・IoT・ビックデータ・デジタライゼーションなどの先端技術分野でアイデアやソリューションをお持ちの企業

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役社長

赤塚 新司

さまざまな技術・アイデアを持ったベンチャー、スタートアップのみなさんと共創し、新たな社会インフラ事業を創っていきたいと考えています。

ミッション

3年で100億円規模の事業創出を目指し、新規事業創出を担当。

経歴

1995年東京電力入社。揚水発電所(水力・ダム)建設に従事。
規制緩和以降、発足当初の新事業開発部門にて人財ビジネス会社を設立し、自ら事業に携わる。その後、太陽光や蓄電池等エネルギー・環境分野の新事業開発を推進するものの、2011年に原子力事故が発生し休止。
その後は、グループ会社にて国内を中心とした営業活動を経て、2018年より新事業開を担う新成長タスクフォース(TF)事務局へ。同年7月よりTFを東京電力ベンチャーズにスピンオフし、次世代ユーティリティの創出を図っている。

企業情報

企業名
東京電力ベンチャーズ株式会社
事業内容
新規事業創出及び投資、当該新規事業の運営サポート 

主要投資対象事業:
●デジタル電力小売事業(デジタルマーケティングを活用した電力小売)

●蓄電池ソリューション事業(欧米における周波数調整力提供等)

●IoTプラットフォーム事業(ビッグデータを活用した設備O&Mサービス
所在地
東京都千代田区神田須田町一丁目14番-1
設立年月日
2018
代表者名
赤塚新司
企業URL
https://www.tepcoventures.co.jp/
従業員数
10人〜100人未満
資本金
10億円以上
上場区分
上場
株主
東京電力ホールディングス株式会社100%出資

メンバー