eiicon

株式会社バズヴィル

3カ月以内の提携希望
6カ月以内の提携希望
海外ベンチャー
スタートアップ
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
AdTech
インターネットメディア・アプリ
ソフトウェア・システム開発
ソフトウェア
デジタルトランスフォーメーション
更新日:2018/05/24

自社特徴

あなたは1日何回スマホを見ますか?もしその画面がメディアとして利用できたら?!「BuzzScreen」はスマホのロックスクリーンを強力なコミュニケーションチャネルとして利用できる新たなソリューションです。ユニークなインセンティブシステムとリッチなコンテンツ配信により非常に高い継続率・ロイヤリティーをパートナーに提供します。さらに広告によるマネタイズを原資とした「固定費なし+収益化」を提供しユーザーへのインセンティブも実現します。
2012年に韓国で生まれたスタートアップで既に多くの企業と提携しています。
世界最大のロック画面広告プラットフォームとして、現在世界で毎日約300万人に利用されております。

提供リソース

  • ・BuzzScreenソリューションを利用したアプリの開発(OEM提供)/カスタマイズ
    ・BuzzScreenによる広告収益の分配
    ・BuzzScreenによる高い継続率の提供
    ・BuzzScreenSDKの提供
    ・BuzzScreen管理画面の提供/コンテンツ配信管理画面の提供
    ・BuzzScreen広告配信管理画面の提供

実績

韓国では既に15社以上・アメリカで5社以上のパートナーと提携しており、BuzzScreenのソリューションをご利用頂いております。多くのパートナーが既存サービスのリテンション向上・エンゲージメント向上・インセンティブ付与・マネタイズを実現しています。

代表的な実績等は以下ブログより詳細ご覧頂けます
https://www.buzzvil.com/ja/blog-jp/

  • スマホの最初の画面(ロック画面)をメディア化
  • 15社以上の導入実績

一緒に何をしたいか

[BuzzScreen]
・スマホロック画面をメディアとして利用する事によりユーザーに新たなメディア・コミュニケーション体験とインセンティブを提供する
・ロック画面メディアを利用し大幅なエンゲージメント向上と長期的なコミュニケーションチャネルを構築する
・毎日60回も目にする(日常生活で一番接触回数の多い)スマホのロック画面という、まだほとんど利用されていない場所で新たなビジネス・価値を創造する

メッセージ

海外で盛り上がりつつあるロック画面をメディアとして利用しているサービスですが、まだ日本では本格的には立ち上がっていません。もちろん多くの日本独自の市場ハードルがあると思いますが、非常に大きなポテンシャル(スマホでは数少ないブルーオーシャン)があるジャンルでもあります。日常生活で最も触れる回数の多い場所であるにも関わらず価値化されていません。
一緒にこの市場を盛り上げてくれる影響力のある(そしてチャレンジングな)パートナーを探しています。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・サービス提供社(BtoC)
・(尚可)自社ポイントをもたれているサービス事業者
・ユーザー継続率に課題をもたれている事業者
・日常的なユーザーとのコミュニケーションに課題を持たれている事業者
・マネタイズに課題をもたれている事業者

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

吉澤新

現在強力なスマホカスタマーコミュニケーションツールはプッシュ通知とされていますが、ロック画面であればこれより上位のレイヤーで全画面を使ったリッチな表現でユーザーとコミュニケーションが可能です。さらにユニークなインセンティブシステムと供に30日後50%の継続率を提供します。「低い継続率を上げたい」「高いロイヤリティーを獲得したい」「日常的にカスタマーとのコミュニケーションが取れていない」などの課題をお持ちの事業者様にはユニークで斬新なタッチポイントをご提供可能です。日常生活で最も接触回数の多い場所(ロック画面)を新たな市場として一緒に育てていくパートナーを募集しています。

ミッション

ー 日本でまだ認知されていないスマホのロック画面市場を立ち上げる
ー より多くの企業にスマホロック画面の利用を促進し、ロック画面を媒体ネットワークとした新たなメディア・広告ネットワークを創出する

経歴

ソーシャルゲーム黎明期(mixiアプリプラットフォーム)である2010年からRekoo Japan(株) 事業開発部にてソーシャルゲーム事業開発・アライアンスを担当。ブランド企業タイアップ企画や新規マネタイズ開発を担う。その後(株)GameloftにてKey account managerとしてAPAC地域含むGoogl playを担当。
2015年から(株)バズヴィル にて日本オフィス代表取締役。

企業情報

企業名
株式会社バズヴィル
事業内容
スマートフォンの最初の画面(立ち上げ後暗証番号を入力、解除する画面)であるロック画面をメディアとして利用できるサービスを展開。
BtoBプロダクトのBuzzScreen導入によりパートナーはスマホの最初の画面(ロック画面)をパートナーの独自メディアとしてジャックする事ができます。

・サービスの詳細
ー スマホのロック画面をパートナー独自メディアとして利用可能。
ー ロック画面にコンテンツ・広告を表示。リンク先ページも表示可能。
ー ロック画面利用により1日60回以上の接触回数を確保
ー ユーザーはロック画面上でコンテンツ閲覧、スマホロック解除するだけでポイントを取得。
ー BuzzScreen技術をOEM提供可能。短期・ローコストで導入可。
所在地
東京都渋谷区渋谷1−17−1
設立年月日
2014
外資区分
外資
代表者名
吉澤 新
企業URL
https://www.buzzvil.com/ja/home-jp/
従業員数
〜10人未満
平均年齢
29
資本金
1千万円〜3千万円未満
上場区分
非上場
株主
Buzzvil Co., Ltd.(韓国本社) 100%
主要顧客
GMOアドマーケティング株式会社/Applovin/株式会社アイモバイル など