Planetway Japan株式会社

6カ月以内の提携希望
スタートアップ
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ヘルスケア
FinTech
IoT
教育サービス
ソフトウェア・システム開発
ソフトウェア
ネットワーク
セキュリティ
更新日:2018/05/19

自社特徴

エストニア電子政府で活用されている情報連携基盤「X-Road」をカスタマイズし、日本およびグローバルの民間向けに情報連携基盤である「PlanetCross」とID認証基盤である「PlanetID」を展開しています。

これら2つの製品を共通基盤として、業界横断のデータ利活用を促進し、オープン・イノベーションにより新サービス開発を行うための「PlanetEco」事業と、ホワイトハッカーおよびサイバーセキュリティ人材育成事業である「PlanetGuardians」の2つの事業を推進しています。

本社を米国に、開発拠点をエストニアにおき、優れた技術陣が開発したプロダクトをまずは日本で実証し、その後世界へ展開するグローバルカンパニーです。

提供リソース

  • 2つのコアプロダクト:
    ①インターネットを利用し、セキュアかつ証明性をもった法人間のデータ連携を実現する情報連携基盤「PlanetCross」
    ②なりすましが困難かつ個人が自身の情報をコントロールするための個人認証基盤「PlanetID」
  • 上記を共通基盤とした、特定テーマのもと、複数企業が参加し、オープン・イノベーションにより新サービス開発を行うためのプラットフォームである「PlanetEco」
  • ホワイトハッカーおよ びセキュリティ人材育成プログラム「PlanetGuardians」(NATOサイバーテロ防衛センター、国際諜報機関、国際警察機関に対する世界的なサイバーセキュリティエ ンジニア/トレイナー/アドバイザー経験人材を軸とした、グローバルスタンダードなプログラム。オンライン講座、サイバー演習空間、認定証の提供を含む。)

実績

2017年、福岡エリアにおける東京海上日動様との取り組みにおいて、「PlanetCross」とブロックチェーン技術とを組み合わせた医療情報連携に関する実証実験を実施。医療情報に対するセキュリティを確保しつつ、保険金支払業務の簡略化・迅速化の実現が可能であることを実証した。
http://planetway.com/pressreleases/medical-information-linkage-fukuoka

  • 2018/5/9、PlanetEcoとPlanetGuardiansの新事業発表会を開催
  • エストニア電子政府の技術を応用した情報連携基盤
  • 企業が持つ個人情報の権利を ”個人に帰属させる” ためのID

一緒に何をしたいか

情報連携基盤「PlanetCross」およびID認証基盤である「PlanetID」を活用し新たなサービス開発を行いたいユーザー企業や、これらを共通基盤として共に展開していくパートナー企業を幅広く募集します。

メッセージ

データの主権が個人に帰属する社会の実現のためには、個人が自らのデータをセキュアに公開していくことで、こんなにメリットがあると実感させ、早期に成功体験を味わっていただくことが必要と考えます。

「PlanetCross」と「PlanetID」は、それを実現可能とする他にはないプロダクトです。

当社はそれらをもとに、人々の生活に関わる幅広い分野においてあらゆるデータを連携させる社会インフラとして確立し、よりよい社会を創造していくことを本気で考えています!

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

価値あるデータを保有しているが、外部クラウド等に出すことなくセキュアに保持したままデータ利活用したい企業、またはそれを支援したいパートナー企業の皆様

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

取締役 事業推進本部長

大山 健司

ユーザーのデータをセキュアに確保しながら、外部企業との連携によるデータ利活用を推進したい企業の皆様、またはそのような社会を共に創造していけるパートナー企業の皆様、ご連絡をお待ちしております!

所属部署

事業推進本部

情報連携基盤(PlanetCross)やID認証技術(PlanetID)を用いた新サービス開発のためのオープン・イノベーションPF事業(「PlanetEco」)を運営

ミッション

・当社製品のユーザー企業およびパートナー企業のネットワーク拡大
・テクノロジーを活用した新サービス開発のためのプロジェクトの企画/推進

経歴

アクセンチュア、投資銀行部門でのM&Aアドバイザリーを経て、IBMにおいてテクノロジー活用によるベンチャー企業の育成や大手企業とベンチャー企業とのオープン・イノベーションを促進する「IBM BlueHub」を運営。2018年2月より現職。

企業情報

企業名
Planetway Japan株式会社
事業内容
エストニアの電子政府で活用されている情報連携基盤(X-Road)をベースにカスタマイズ開発した「PlanetCross」と、共通認証基盤「PlanetID」をコア製品として提供しています。これらを共通基盤としたオープン・イノベーションPFである「PlanetEco」とサイバーセキュリティ人材育成事業「PlanetGuardians」の2つの事業を展開しています。
所在地
東京都千代田霞が関3-7-1 霞が関東急ビル4F
設立年月日
2015
外資区分
外資
代表者名
平尾 憲映
企業URL
http://planetway.com
従業員数
10人〜100人未満
平均年齢
37
資本金
1億円〜3億円未満
売上
100 百万円
上場区分
非上場
株主
Planetway Corporation (米国本社、100%)
主要顧客
東京海上日動火災保険株式会社、日本ユニシス株式会社、凸版印刷株式会社、ほか