eiicon

Omise Japan株式会社

ニーズ:
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
ハッカソンの実施
ネットワーキング
新市場の模索
更新日:2017/02/28

自社特徴

日本と東南アジアで展開する決済サービス。簡単なAPI、シンプルな料金、不正に強いセキュリティでオンラインショップ・デジタルコンテンツ・webサービス・IoTなど様々な場面で決済を導入できます。アジア進出もワンストップで可能。

提供リソース

  • ・決済システムや決済スキームに関するコンサルティング
  • ・事業会社が決済を行いたい場合の、仕組み/システム貸し。

一緒に何をしたいか

1) キャッシュレスの促進
現金払いの残る領域を効率化してキャッシュレスを進めていきたいと思います。

2) 販売拡大
メインプロダクトの「Omise payment」の販売チャネル拡大

3) 実証実験
新決済システム/スキームの開発など

メッセージ

弊社の強みは決済なので特定領域のソフトウェアや、サービスを展開されている企業様と新製品開発についてお話をしたいです。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

Manager

宇野 雅晴

キャッシュレスの実現、また現金払いの慣習が今だ大きく残る領域において技術を弊社の強みを活かして解決していきたいと思います。特定領域の管理システムや新規参入される企業様よろしくお願いします。

所属部署

Business Development

該当部署は営業、パートナーシップを主軸として弊社のプロダクト拡大を推進しています。社外とのイノベーションの取組もこの部署となります。

ミッション

日本と東南アジア領域において誰でも使用できる圧倒的に便利な決済の提供。

経歴

2015年10月〜現在
Omise Japanの立ち上げ、運営に関わりプロダクト拡大に尽力。

2014年4月〜2015年9月
前職で外資系BPOプロジェクトにてキャンペーンマネジメント。

企業情報

企業名
Omise Japan株式会社
事業内容
決済システム、サービスの開発・提供、およびコンサルティング
所在地
東京都 渋谷区千駄ヶ谷2-1-10
設立年月日
2015
外資区分
外資
代表者名
長谷川 潤
企業URL
https://www.omise.co/ja
従業員数
〜10人未満
平均年齢
33
資本金
3千万円〜1億円未満
上場区分
非上場
株主
SBIインベストメント、SMBCベンチャーキャピタル、Sinarmas、Ascend、East Ventures、Golden Gate Ventures、500 startups
主要顧客
オンライン事業者