eiicon

株式会社パシフィックボイス

ニーズ:
プロダクト(製品)共同開発
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
ラボ設立
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
ネットワーキング
新市場の模索
更新日:2017/03/13

自社特徴

25分間以内のショートフィルムを対象とする「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の運営をしています。1999年に原宿・表参道でスタートして以来、アジア最大級、日本で唯一の米国アカデミー賞公認短編映画祭へと成長し、のべ34万人以上を動員して参りました。

またビデオンデマンドサービスでのショートフィルム配信や、映画監督を起用した企業のブランデッドムービー製作・自治体の観光映像製作なども行っております。

提供リソース

  • ・国際短編映画祭の開催により、毎年100ヶ国以上から集まる約9,000作品のショートフィルムの活用。
  • ・通算5万人を超える映画祭参加監督のネットワークの活用。
  • ・毎年大勢のメディアが集まる国際短編映画祭の場の活用(SSFF & ASIA 2016実績:掲載数3,454媒体、広告換算額56億7,519万円)。

実績

最近のアライアンス事例ですと、下記のような実績がございます。

①オプト様
株式会社オプトと共に、動画マーケティングの課題解決に特化した新規事業『Branded Movie Lab.』を設立。
http://www.shortshorts.org/_files/press/5757c6a188bd1.pdf

Branded Movie Lab.の製作実績として、2016年10月にはNiftyが提供する"Nifmo"のブランデッドムービーを共同製作。
https://www.youtube.com/watch?v=o8i4Hje75To

②讀賣テレビ様
企業が製作するブランデッドムービーを、地上波とオンラインの両方で配信していくことを目的に業務提携。第一弾の展開として、2016年12月にショートフィルムとブランデッドムービーの新潮流を紹介する特別番組を製作。
http://www.ytv.co.jp/shorttheater/

③テイクアンドギヴ・ニーズ様
全国のハウスウェディング会場の非稼動日を利用し、ゲストハウスでのお酒やお食事と、ショートフィルム上映を組み合わせたサービスを実証実験中。
http://peatix.com/event/237879

④JTB様
全国の自治体に対して、観光映像を活用したマーケティングソリューションを共同開発中。

一緒に何をしたいか

例えば下記のような弊社のリソースを活用し、ショートフィルムの普及を一緒に推進していただける、アライアンスパートナーを募集しております。

-映画祭に集まる年間約9,000作品のショートフィルムの活用
-映画祭に参加する、国内外で累計5万人以上の映画監督ネットワークの活用
-毎年多数のメディアが集まる国際短編映画祭の場の活用

メッセージ

ショートフィルムは今まで、長編映画製作を目指す監督のプロトタイプや名刺代わりとして製作されてきました。
しかしインターネットで動画がスムーズに視聴できるようになるのに伴い、ショートフィルムをビデオオンデマンドサービスで配信したり、クリエイターが企業から出資を受けてショートフィルム(ブランデッドムービー)を製作するなど、ショートフィルム自体でのマネタイズが徐々に進んでいます。
ショートフィルムの上映機会や商業利用が増えることにより、これまで陽の当たることが少なかった新進の映像作家にも活躍のチャンスが増え、映像文化への貢献を果たすことが可能となります。
ぜひ一緒に、ショートフィルムの普及を推進していただける、アライアンスパートナーとなって頂けると幸いです。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

ビジネスプランニング & セールス マネジャー

大橋 哲也

「動画」「インバウンド」「エンターテイメント」「コンテンツ」「マーケティング」「地方創生」などを切り口に提携先を探している企業の皆様、ぜひご連絡ください。

所属部署

映像事業部

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の運営、およびショートフィルムの製作、調達、配給事業を行っています。

ミッション

ショートフィルムの活用による、映像文化への貢献

経歴

2012年2月に電動バイクを開発・製造・販売するテラモーターズ株式会社に入社し、日本・海外での販売代理店開設や広報活動に携わっておりました。

3年間勤めた後、以前より好きだった文化・芸術産業のビジネスに挑戦したいと考え、2015年2月に株式会社パシフィックボイスに転職いたしました。

現在はビジネスプランニング&セールスマネジャーとして、企業とのアライアンスを主に担当しております。

企業情報

企業名
株式会社パシフィックボイス
事業内容
・映画祭の企画・運営
・映像コンテンツの企画制作および販売
・映像および音響の記録媒体の製作・販売
・映像・映画上映の企画および運営 など
所在地
〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル4F
設立年月日
1994
外資区分
非外資
代表者名
別所哲也
企業URL
http://www.shortshorts.org/
従業員数
10人〜100人未満
資本金
1千万円〜3千万円未満
上場区分
非上場
主要顧客
(五十音順) 株式会社J-WAVE、MHDモエヘネシーディアジオ株式会社、株式会社TBSテレビ、エイベックス・エンタテイメント株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、デジタルハリウッド株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ東京、株式会社電通、東映株式会社、東武タワースカイツリー株式会社、東宝株式会社、トヨタ自動車株式会社、日本テレビ放送網株式会社、日本放送協会(NHK)、ネスレ日本株式会社、株式会社博報堂、株式会社フジテレビジョン、株式会社ホリプロ、株式会社毎日新聞社 ほか