応援されています!
株式会社エムティーアイ
「健康・医療」「家族」「生活」領域での共創で「暮らしを、一歩先へ」
資本提携・共同開発・M&Aなど新事業創出ノウハウを活かし、ベンチャー共創を本格加速。
大手企業
上場企業
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
リソース探索(技術・アイディアなどを探したい)
既存プロダクト改善(生産プロセス・製品性能・システム)
販売パートナー募集(チャネル拡大・エンゲージメント向上)
事業提携
ジョイントベンチャー設立
出資したい
買収したい
新市場の模索
ヘルスケア
アグリテック
ヘルスケア
Fintech
インターネットメディア・アプリ
未病
高返信率 更新日:2019/05/09

自社特徴

【新事業創出ノウハウを活かし、ベンチャーとの共創を加速させる】


エムティーアイは、新サービス開発、投資・M&A、企業・自治体・医療機関などとの連携など、数多くの事業機会の創出に積極的に取り組んできました。新たなビジネス機会を捉え、スピーディーにスケールアップをしていくことが、当社の強みです。
ベンチャーとの共創においても、各事業部門とのプロジェクトチームや、全国での拡販を図るための営業チームをスピーディーに立ち上げることが可能です。
また、生活に密着したWebサービスを展開してきたからこそ、プロダクト開発・マーケティング面においても、強いバックアップ体制があります。

【健康にまつわるビッグデータ×自治体・学校、医療、金融機関などの社会システムを利活用し、暮らしを彩るエムティーアイ】


フィーチャーフォンの黎明期から『mujic.jp』『ルナルナ』など、さまざまなモバイルコンテンツ事業を手掛けてきたエムティーアイ。現在は、「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」「エンターテインメント」といった幅広い領域で、人々の暮らしを彩るサービスを展開しています。女性の生理周期や基礎体温のデータ、子どもの健康診断の結果、スポーツ選手のコンディションデータなど、様々な健康にまつわる個人の詳細なデータを保有していることに加え、地方自治体や教育機関、医療機関、金融機関といったさまざまな異なる社会システムとのコネクションを持つことは、幅広いサービスを提供してきたエムティーアイ独自の強みです。 それらを活かして、共創により新たな事業を創出したいと考えています。

※エムティーアイが展開する各サービスについて、出資をご検討していらっしゃる企業からのご連絡も同時に募集しております。

提供リソース

  • ●ビジネス実装支援
    ・北海道から沖縄まで、全国9拠点の営業網
    ・生活者、医療機関、地方自治体など、個々に存在していた健康情報をつなぐ社会システム
    (企業・自治体・学校・スポーツジム・病院・薬局など、さまざまな企業・自治体・団体との協業支援)
    ・ヘルスケア、フィンテック、ライフスタイル領域等toC向けWebサービスとの連携
    ・全都道府県の携帯ショップに来店されたユーザーへの販売チャネル
  • ●サービス・プロダクト開発におけるマーケティング支援
    ・-1歳から100歳までの、健康にまつわる詳細なデータ
     └20代〜30代女性を中心に1300万DLの実績(2018年11月時点)を持つ、女性の健康情報サービス『ルナルナ』から得られる、ユーザーの月経周期、基礎体温情報など
     └母子手帳アプリ『母子モ』から得られる、妊婦の体調・体重記録データ、乳児の予防接種データ、子どもの成長・発達に関するデータなど
     └企業向けに展開している健康管理アプリ『CARADA』から得られる、各種健康情報(歩数、食事記録、体組成、睡眠時間、血圧、血糖値等)に関するデータなど
    ・当社が契約している最新鋭の気象レーダーから得られる気象データ
    ・スマートフォン決済サービスなど、フィンテック領域で今後取得していく各種ユーザー情報
    ※各種データは、お客様に同意いただいている利用目的の範囲内、かつ個人を特定できない統計データでのご提供を想定しております
  • ●ファイナンス・スケールアップ支援
    ・出資
    ・アプリケーション開発・UI/UX設計によるプロダクト開発支援
    ・コンタクトセンターなど保守サポート体制面での支援
    ・東京オペラシティタワー(東京都新宿区)のオフィススペースおよび各種福利厚生施設

実績

例)
資本提携・共同開発により、イノベーションを加速。
●診療所向けクラウド電子カルテ『CLIPLA(クリプラ)』を提供する株式会社クリプラを連結子会社化
●電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモを連結子会社化
●女性の健康情報サービス『ルナルナ』ユーザー約1万人の遺伝子情報をもとに、女性特有の体質や、食物アレルギーなどに関連の強い遺伝子領域を新たに特定するなど、子会社である株式会社エバージーンと共同で女性に特化した遺伝子研究を推進。
●認可ソリューションを提供するスタートアップ、株式会社Authlete Japanと資本提携

  • -1歳から100歳まで。生活者の一生に寄り添うヘルスケアサービスを展開
  • 企業・自治体・団体等との協業を活かした社会システムも強み
  • 金融機関との取り組み実績を生かし、フィンテック領域でスマートフォン決済・送金サービスも展開

一緒に何をしたいか

以下の3領域での共創はもちろん、当社がこれまで進出していなかった領域での共創の可能性を探っていきたいと考えています。

●健康・医療を、一歩先へ

例)
・毎日の健康データから、個人に最適な栄養を届けるソリューション
・妊娠・出産・育児など、女性のライフステージや悩みに合わせた遠隔医療サービス など

●家族を、一歩先へ

例)
・家族での子育てを支えるシェアリングサービス
・IoTと連携した高齢者の見守り  など

●生活を、一歩先へ

例)
・地域・天候情報のデータと連携した農作物を栽培するアグリテック など

メッセージ

多様なITコンテンツの運営ナレッジ、全国にわたる営業体制と販路、マーケティングノウハウ、健康情報を中心とした貴重なユーザーデータは、エムティーアイならではの強みです。
こうしたアセットをフルに活用し、スタートアップの皆さんの技術やアイデアと掛け合わせることで、より良い未来社会の実現に貢献できるイノベーションを創出していきたいと考えています。
ヘルスケア領域やフィンテック領域など既存事業の領域に限定せず、AI、AR/VR、そして現在IT化が進んでいない領域まで、幅広い可能性を探っていく方針です。
2019年4月からはオープンイノベーション推進体制を強化し、さらに共創を積極推進していきます。ぜひ、「世の中を、一歩先へ」と進めるサービスを共に創造していきましょう。

求めている条件

下記条件に合致している企業様は是非コンタクトください

・「健康・医療」「家族」「生活」を一歩先へ進める、サービスやテクノロジーをお持ちの企業

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

部長

松縄貴重

暮らしを彩るサービスや技術、アイデアを幅広く模索したいと考えています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

所属部署

経営企画本部 経営企画部

ミッション

ベンチャーとの協業による新事業創出

経歴

2012年新卒でエムティーアイに入社。音楽・コミック・ゲームなどのエンタメ系総合サービス『entag!PARTY』などのプロダクト企画を手がけた後、2014年に経営企画部へ異動し、全社業績の予測、分析、予算策定などに携る。
2018年4月よりベンチャーやスタートアップとの共創、協業を推進するタスクフォースの責任者に就任。

企業情報

企業名
株式会社エムティーアイ
事業内容
コンテンツ配信事業
所在地
〒163-1435 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー35F
設立年月日
1996
外資区分
非外資
代表者名
前多俊宏
企業URL
http://www.mti.co.jp/
従業員数
501名以上
資本金
10億円以上
売上
30,933 百万円
上場区分
上場
主要顧客
(株)NTTドコモ、KDDI(株)、ソフトバンク(株)

“暮らし”を一歩先へ進める、エムティーアイが取り組む新しいオープンイノベーションの形とは



女性の健康情報サービス『ルナルナ』や、音楽・動画・電子書籍配信サイト『music.jp』をはじめ、「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」「エンターテインメント」など、暮らしを彩る様々なコンテンツを提供している株式会社エムティーアイ。


各サービスのユーザーから得られる健康情報など膨大なデータ、そして地方自治体や教育機関、医療機関、金融機関など 、様々なステークホルダーとのコネクションなど、多方面にサービスを展開しているからこその独自性を築いている。


同社はこれまで様々な企業との提携を積極的に進めており、2015年4月 には電子お薬手帳を展開するファルモを、そして2018年3月にはクラウド電子カルテを提供するクリニカル・プラットフォーム(現:クリプラ)を連結子会社化した。2018年からは、オープンイノベーションを一層積極化し、多数のスタートアップと会う機会を設けている。同時に、「事業の選択と集中」といった観点から、各事業に対する出資企業も募集しているという。


この4月からはオープンイノベーション推進体制をさらに強化し、“健康・医療”、“家族”、“生活”といった「暮らし」に身近な領域での共創を目指している同社経営企画部の松縄氏と田中氏に、これまでのオープンイノベーション取り組みの成果や、現段階で募集する領域、そして提供できるリソースについて話を伺った。


■株式会社エムティーアイ 執行役員 経営企画本部 本部長 兼 経営企画部 部長 松縄貴重氏

2012年新卒でエムティーアイに入社。音楽・コミック・ゲームなどのエンタメ系総合サービス『entag!PARTY』などのプロダクト企画を手がけた後、2014年11月に経営企画部へ異動し、全社業績の予測、分析、予算策定などに携る。2018年4月よりベンチャーやスタートアップとの共創、協業を推進するタスクフォースの責任者に就任。


■株式会社エムティーアイ 経営企画本部 経営企画部 田中大氏

2007年よりエムティーアイのサービス企画を担当。データ分析やプロモーションなどさまざまな業務に携った後、エンタメからヘルスケア領域まで幅広いサービスの企画を手がける。2017年に経営企画部へ異動し、松縄氏と共にタスクフォースに参画。

強みと弱みを相互補完し合える関係を築いていきたい

――貴社は昨年よりスタートアップ企業との共創を本格化させていらっしゃいますが、改めてオープンイノベーションによって、どのようなことを実現したいとお考えなのか、お話しいただけますでしょうか。


松縄氏 : ヘルスケアやフィンテック、AIといった分野については、昨年から引き続き共創の可能性を探っていきたい分野です。一方で、まだ当社が入りこむことができていない新領域や、または私たちが持ち合わせていない強みを持った企業と共創できたら、という想いもあります。強みと弱みを補完し合えるような関係性を、共創相手と築くことができたらと考えています。

――それは昨年からeiiconで共創相手を募集し、多くのスタートアップと会う中で考えるようになったことですか?


松縄氏 : それよりは、当社の事業環境の変化といった側面が大きいですね。この半年間で、ヘルスケア領域としては、ある程度事業を拡げることができました。それゆえ、今は事業の「選択と集中」が求められるフェーズに差し掛かってきたのです。事業フェーズが変化したということは、既存領域だけに限らず、新しい領域へのアプローチも検討すべき段階に来たと考えています。

――これまで共創相手を探していく中での感触について聞かせてください。


松縄氏 : 双方のリソースを補完できるような関係性を築けそうな会社との出会いがありました。具体的な共創の段階に至ってはいませんが、当社の事業とも相性が良いと考えられますので、今後も引き続きやり取りを継続して、チャンスを狙っていきたいと思っています。


田中氏 : そのスタートアップ企業は、当社が昨年eiiconに登録した時、一番に連絡が来た企業でした。実は、私は以前からその企業のプロダクトに個人的に興味を持っていたため、連絡を頂いた時は運命を感じましたね(笑)。他にも、昨年からeiiconなどを通じて様々なスタートアップとお話する機会があり、それまで全く知らなかった業界やテクノロジーについて学ぶことができました。新しい事業の芽を生み出すためにも、今後も積極的に多くのスタートアップと会っていきたいですね。

――貴社の体制についても伺いたいのですが、今は松縄さんと田中さんのお2人でオープンイノベーションの取り組みを進めていらっしゃるのでしょうか?


松縄氏 : 昨年は2人体制だったのですが、役割分担も曖昧で人手が足りないという課題がありました。そこで、この4月から新たな仲間を加えて5人体制に強化し、リスタートしています。改めて、オープンイノベーションに総力を挙げて取り組んでいきます。


全国の営業網をはじめ、マーケティングやファイナンスなど“総合力”を提供できる

――貴社と共創するにあたり、提供できるリソースなど、共創相手に対してのメリットについて教えてください。


松縄氏 : 一言で表現すると、総合力ですね。営業は北海道から沖縄まで全国9か所の体制を敷いています。デザインチームや開発チームも社内にありますし、ベトナムにも開発部隊を擁しています。また、マーケティング専門の部署や、ファイナンス、品質管理、コンタクトセンターなどの部署もあります。事業化にあたり、どのような角度からでも支援ができることが、当社の大きな強みです。

――様々な企業や自治体、医療機関との連携なども積極的に進めていらっしゃいますね。


松縄氏 : そうですね。機動力は一番の強みです。当社がこれまで開拓してきた販路を活用することはもちろん、機動力を発揮して新規開拓も行うことで、事業をスピーディーにスケールできます。販路拡大には、足で稼ぐような泥臭さも求められますが、当社にはその武器があります。それは、当社の共創相手にとって、大きな魅力だと思います。

――貴社のリソースを活用する事により、共創がうまく行った事例はありますか?


田中氏 : 当社が2015年に子会社化した株式会社ファルモという電子お薬手帳の開発・運営を行う企業があります。ファルモが持つノウハウやプロダクトを提供してもらうことで、『CARADAお薬手帳』というアプリを開発し、当社の営業が薬局などの販路を開拓しました。現在はそこで開拓した販路に対して、新たなプロダクトやビジネススキームを提案している状況です。

――昨年のインタビューでも伺いましたが、共創するスタートアップは、オフィスや福利厚生施設の提供などのサポートも提供することができるのですよね。


松縄氏 : 今お話ししたファルモや、前回お話ししたクリプラは、当社と同じフロアにオフィスを構えています。物理的な距離はもちろん、心理的な距離も近い関係性を築くことができていると思います。予算組みなどコストコントロールに関しては私が各社の社長と日々話していますし、開発部隊に関しても当社の事業部長と子会社の社長や取締役が直接話をしながら進めています。登記簿上は違う会社ですが、意識としては、“同じ会社の隣の事業部”という感覚ですね。互いに出向するなど、社員の行き来も活発で、ノウハウやスキルを交換し合い、良い刺激を与え合う、そういう風土が醸成で来ていると感じます。


田中氏 : 社内研修の垣根も低く、互いの知識を共有し合う機会も積極的に設けられています。先日は、グループ会社の従業員と一緒になって業界理解を深めるための勉強会も開催されていました。

――意思疎通が非常にスムーズだということは、意思決定のスピードも早そうですね。


松縄氏 : そうですね。意思決定のスピードは非常に早く、風通しは間違いなく良いと思います。当社は社長との距離も近いですね。定例会議はもちろんですが、それ以外にも積極的に機会を設けて、相手の経営陣とコミュニケーションを図っています。


スタートアップはもちろん、大企業との共創の可能性も探る

――冒頭で、新領域での共創の可能性についても模索しているというお話しがありましたが、共創相手としてどのような領域・技術に強いスタートアップを求めていらっしゃるのでしょうか。


松縄氏 : 「医療・健康」、「家族」、「生活」と大きく3つの領域の技術・アイデアを求めています。もちろん、このような具体的な事業領域について、あった方がいいというのは百も承知ですが、正直なところ、あまり範囲を狭めず広く募集をしていきたいと考えています。新領域について、絞り込むのは難しいですから。そこはeiiconを介してお会いしながら互いにブラッシュアップしていけたらいいと感じています。

――ヘルスケア領域など、既存分野においても継続して共創の可能性はあるのでしょうか。


松縄氏 : 女性の健康情報サービス『ルナルナ』は、引き続きヘルスケア領域における代表的なサービスとして不可欠な存在です。しかし今後は、その『ルナルナ』を中心に、新たなビジネスを創出していくことに可能性を感じています。そういった既存サービスを活用した新事業の展開というところで、共創の可能性はあると思います。

――個人的に注目していらっしゃる分野や技術はありますか?


田中氏 : 社内でまだ取り組みは少ないのですが、AR・VR領域には注目しています。特にARはインパクトがかなり大きいはずです。そういった領域に強みを持つスタートアップ企業とは、ぜひお会いしてみたいですね。また、これまで様々なスタートアップにお会いして可能性を感じた分野としては、ITの導入が比較的遅れている業界に対するサービスです。たとえば、「葬儀」や「相続」といったシニア領域では、何か新しいことができるのではないかと感じています。


松縄氏 : そこは大きな手応えを感じる領域として、可能性があると考えています。きっと、当社の総合力が活かせるのではないかと思っています。

――なるほど。IT化がまだ進んでいない領域だからこそ、チャンスがありそうですね。


田中氏 : もともと当社が展開してきたモバイルコンテンツは、音楽やデコメなど若者向けのサービスでした。しかし、現在はスマートフォンがあらゆる世代に普及しています。シニア層もかなりスマホアプリを使いこなしている今、シニア向けのサービスには大きな可能性を感じています。



松縄氏 : また、これまでは当社が出資する立場としてお話しをしてきましたが、逆でもいいと思っています。

――「逆」というと、貴社が出資を受ける側にもなるということですね。


松縄氏 : エムティーアイという企業全体でみると分かりにくいかもしれませんが、当社は「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」「エンターテインメント」といった多種多様な領域で事業を展開していますので、その中のいずれかの事業に興味をお持ちで、出資をお考えの企業があれば、ぜひお話ししたいと考えています。冒頭で「選択と集中」というお話をしましたが、1つの企業として保有する事業の数としては、かなり増えているからです。

――直近に出資を受けた事例もあるのでしょうか。


松縄氏 : 当社グループに、株式会社カラダメディカというヘルスケアコンテンツの配信サービスを行う子会社があります。昨年、そのカラダメディカに対して、医療用医薬品・日用品等の卸売大手である株式会社メディパルホールディングスが出資し、合弁会社化しました。メディパルホールディングスが保有する日本全国の医療機関等への営業力と、カラダメディカが提供してきたヘルスケアサービスのノウハウをベースに、今後はオンライン診療の普及促進を目指しています。

――なるほど。貴社は多様な事業・サービスを展開しており総合力も高いからこそ、出資をする側としてスタートアップと共創もできますし、逆に出資を受ける側として大企業との共創もできるということですね。


松縄氏 : そうですね。スタートアップ企業に対しては、各事業で築いた開発力や総合的な営業力、マーケティング力、ファイナンス力で包括的な支援と共創が可能です。逆に、出資をお考えの大企業に対しては、当社の1つ1つの事業において特化したノウハウを提供できると考えています。


取材後記


「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」「エンターテインメント」といった領域でサービスを展開してきたエムティーアイ。多種多様な事業を保有する今、同社の既存事業領域におけるフェーズは選択と集中の段階に差し掛かっているという。だからこそ、今後は既存領域のみならず、新たな分野における可能性も領域を狭めずに探っていく。地方自治体や教育機関、医療機関、金融機関など、幅広いコネクションを開拓してきた機動力を備えた同社であれば、新領域でのサービス展開においても頼もしい存在となるはずだ。


また、選択と集中といった観点から、同社は出資者も募集している。将来的には、エムティーアイと大企業が設立した合弁会社と、エムティーアイが出資したスタートアップが連携し、さらなる共創シナジーを生み出せるかもしれない。同社の多様な事業、豊富なデータやアセットは、それほど大きな可能性を秘めている。

メンバー