eiicon

株式会社北海道PVGS

ニーズ:
共同研究
プロダクト(製品)共同開発
リソース提供(既存技術の提供・特許流用の検討など)
事業提携
資金調達
プロジェクト・イベント型(期間限定)での協業
新市場の模索
更新日:2017/03/15

自社特徴

両面発電太陽電池を中心とした太陽光発電関連製品の販売やシステムインテグレーションを行う企業です。
また、様々なパートナー企業と連携し、食ビジネスや農業、IT、建築といった事業にも挑戦を続ける企業です。
両面発電型太陽電池の北海道内導入実績No.1と、発電量1.2倍の実証結果を武器に、両面発電型太陽電池を中心とした販売・アフターサービス、太陽光発電システムに関するシステムインテグレーション、健康診断業務等、幅広く展開しております。

提供リソース

  • ・【環境エネルギー事業における製品・技術の強み】
    太陽電池における重要な差別化として発電量・発電効率が挙げられますが、商用量産品としてはトップクラスの発電性能を有しています。また、両面発電型であることから、積雪寒冷地において「雪に強く、雪を味方につける。」をキーワードに、従来の片面太陽電池では難しい、垂直設置による方位に依存しない設置や、急傾斜での設置でも、片面太陽電池より多くの発電量を実現しています。夜間に表面に積雪しても、夜明けとともに裏面から発電し、それによる温度上昇で表面の滑雪を促し、更に反射光を活用することで多くの発電量を実現しています。
  • ・【食事業における強み】
    当社は、北海道を拠点に各方面と密接なネットワークを構築しております。北海道ブランドの食を国内外に発信し、付加価値の向上から販路開拓、事業提携に至るまで、北海道の生産事業者の皆様と、それを必要として下さる北海道内外の皆様が相互にメリットのある橋渡しを行います。
  • ・【網羅的な強み】
    当社が行っている各事業をバックアップする機能として、ハンズオン型経営コンサルティング事業を行い、お客様の事業推進のお手伝いを行っております。

実績

【表彰実績】
2014年度、2015年度、2016年度、2017年度 札幌商工会議所 北のブランド 奨励賞 受賞
2015年度 北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞 新エネルギー部門 大賞 受賞
2016年度 北海道グリーン・ビス認定制度 「創意あふれる取組」部門 認定

一緒に何をしたいか

1)両面発電型太陽電池と隣接異業種とのコラボレーションを積極的に行い、様々な商品の付加価値向上や、お困り事解決のお手伝いに対応できます。
2)北海道産の食品生産事業者の皆さまへ、付加価値の提供と販路開拓のお手伝いをいたします。
3)北海道産の食品をお求めの皆さまへ、的確なアドバイザリーと物品提供を行います。

メッセージ

当社は両面発電太陽電池のパイオニアとして、お陰様で大きく販売実績を伸ばすことができましたが、現状に安住せず、更なる高みを目指して、日本国内はもとより海外へもより積極的な販売拡大をめざし、当社ノウハウを活用し様々な製商品とのコラボレーションに積極的に取り組んでまいります。

本掲載に関する責任者(オープンイノベーター)

代表取締役

垰本 泰隆

①積雪寒冷地における再生可能エネルギーの利活用をお考えの皆さま
②太陽光事業事業におけるO&Mサービスをお考えの皆さま
③北海道の食品を活用した事業展開をお考えの皆さま
是非、当社へご相談くださいませ。

ミッション

①両面発電太陽電池を活用した付加価値のある製品サービスの創出
②北海道産の食品を活用した付加価値のある製品サービスの創出

経歴

1972年生まれ 東京都出身 立教大学社会学部 卒
1995年4月  日本インベストメント・ファイナンス株式会社
(現:大和企業投資株式会社)入社
投資第4グループに所属し投資業務を遂行。在職中、未上場企業12社へ投資を実行、その内2社が株式 上場、1社がM&Aによるエグジットを果たす。投資事業組合の募集から案件デューディリジェンス、フォローアップまで幅広くベンチャーキャピタル(VC)業務を経験。
2000年11月 株式会社ビーマップ 入社
執行役員として株式公開準備、社内体制整備等の業務を遂行し、2002年1月にナスダック・ジャパン(現:JASDAQ)への上場を成し遂げる。(証券コード:4316)
2003年4月  パルク株式会社(現:パラカ株式会社) 入社
執行役員として株式公開準備、社内体制整備等の業務を遂行し、2004年12月に東証マザーズへの上場を成し遂げる。(証券コード:4809)
2006年4月Independent Contractor(IC)(独立業務請負人)として独立
社外監査役2社、社外取締役1社、顧問1社に就任。IPO準備、内部統制、監査業務、IR、株主総会運営等に幅広く従事。顧問先の1社が2007年に株式上場を果たす。
2007年8月 テトラフォース・パートナーズL.L.P.設立 代表パートナー就任(現任)。
2016年8月 当社設立 代表取締役就任(現任)。

企業情報

企業名
株式会社北海道PVGS
事業内容
1)両面発電型太陽電池を中心とした太陽光発電関連製品及び再生可能エネルギー関連製品の販売・アフターサービス・システムインテグレーション・コンサルティング業務
2)農業関連ビジネス/農商工連携および6次産業化に関するコンサルティング業務
3)ITソリューション事業及び建築ソリューション事業
4)ハンズオン型、経営コンサルティング事業
所在地
北海道札幌市中央区大通東3丁目1番地 倉沢ビル3階
設立年月日
2016
外資区分
非外資
代表者名
垰本泰隆
企業URL
http://hokkaidopvgs.jp
従業員数
〜10人未満
資本金
5百万円〜1千万円未満
売上
10 百万円
上場区分
非上場
株主
垰本泰隆/松坂祐基/菊地春市朗
主要顧客
(株)アグリ・エナジャイズ/(株)馬渕工業所/(株)KITABA/国光施設工業(株)/日東電工(株)/大日本商事(株)